腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスで腰痛対策を!選ぶときのポイントと注意点

      2017/09/08

低反発マットレス トゥルースリーパー プレミアム (ダブルサイズ)【正規品】

適切なマットレスを選ぶことは、腰痛の対策には欠かせません。

腰に負担がかかるようなマットレスを使っていては、寝ている間に腰を痛めてしまう可能性が高いです。

そうなれば、翌日からは動くたびに辛い思いをすることになります。

そのような事態を防ぐためにも、選ぶときのポイントや、腰によいマットレスと悪いマットレスについて、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

腰によいマットレスとは

腰痛によいマットレスを選ぶには、どのようなマットレスが効果的なのか、しっかり把握しておかなければなりません。

では、腰痛対策に最適なマットレスとは、どのような特徴をもっているのでしょうか。

硬めのマットレス

腰痛によいマットレスを選ぶなら、柔らかいものより、硬めのものがおすすめです。

なぜなら、硬めのマットレスというのは、寝返りがうちやすいためです。

柔らかいものだと、体が沈んでしまうため、身動きがとりづらい状態をつくってしまいますが、硬めのものを選べば、そのようなことはありません。

睡眠中の寝返りは、腰痛を防ぐために必要なことなので、この点はとても重要なポイントです。

ずっと同じ姿勢でいると体が痛くなることからもわかるように、寝返りが少ないと、体にかかる負荷が特定の部位にだけ集中することになります。

硬めのマットレスを使うと、体が動きやすくなるので、この偏りを解消することができるのです。

高反発のマットレス

高反発のマットレスは、硬めのマットレスと同様、寝返りをしやすくするには最適です。

反発が強いということは、一旦は体が沈んでも、それを跳ね返す働きがあるということなので、体が沈みすぎたり、固定されて動きにくくなったりする心配がないのです。

これには、寝返りのしやすさの他にも、正しい姿勢を維持しやすいというメリットがあります。

姿勢が悪いと体が歪み、腰には大きな負担がかかってしまうため、腰痛を防ぐには、なるべく自然な姿勢をとらなければなりません。

自然な姿勢というのは、立っているときのように背骨がS字になっている状態のことです。

適度な反発力があるマットレスは、体の沈み込みで背骨が歪むことがなく、この姿勢を保つサポートをしてくれるというわけです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

腰に悪いマットレスとは

マットレス選びでは、腰に悪い影響を与えるマットレスに注意しましょう。

腰によいマットレスと同時に、これについても知っておけば、選択を誤ることはありません。

基本的には、腰によいマットレスとは逆の性質をもつものが、避けるべきマットレスとなります。

柔らかいマットレス

柔らかいマットレスは、体が深く沈み込むので、まるで包み込まれているような心地よさが魅力です。

腰への負担を考えたとき、これは一見メリットのように思えますが、実は逆効果となります。

柔らかいマットレスというのは、体が沈み込むことで、寝返りがしづらくなってしまうのです。

まったく動けなくなるわけではありませんが、寝返りというのは、寝ている間に無意識にやっているものです。

意識して体を動かそうとする場合とは違い、そうした無意識の行動は、障害があると自然に少なくなってしまいます。

そうなると、同じ姿勢が長く続き、腰への負担が増大してしまうので、腰痛の対策には柔らかいマットレスは不向きと言えるのです。

低反発のマットレス

低反発というのは、体が沈み込んでも、反発する力が弱いために、体の押し返しがほとんどありません。

つまり、沈み込んだまま体が固定されることになるので、柔らかいマットレスと同様に、寝返りが少なくなってしまうのです。

固定される分、ただ柔らかいよりも、さらに動きにくくなることもあります。

また、体が沈むときは、腰の部分が主に沈むため、背骨が曲がったような不自然な姿勢になるのも問題です。

そのまま長時間に渡って固定されてしまえば、腰への負担が大きくなるのはほぼ確実です。

低反発のマットレスも、寝心地はとてもよいのですが、腰痛対策を考えるなら、避けた方がよいでしょう。

フローリングや畳に敷く時の注意点

マットレスを使うのがベッドだけとは限りません。

場合によっては、フローリングや畳に敷くこともあるでしょう。

ただし、そのときには、ベッドとはまた違った点に注目しなければなりません。

ベッド以外の場所では、それに適した使い方をしなければ、腰痛のリスクを高める可能性があるのです。

圧力の跳ね返りに注意

硬い床にマットレスを敷いた場合、最も問題になるのが、この「跳ね返り」です。

マットレスの下が硬いと、体重による圧力の逃げ場がなく、そのほとんどが自分の体に跳ね返ってしまうのです。

それでは、腰にも大きな負担がかかってしまいます。

畳であれば、フローリングよりは跳ね返りが少ないですが、やはり腰の負担は無視できないものです。

これを防ぐためには、厚みのあるマットレスを使うのがおすすめです。

数あるマットレスの中には、5~10cmの厚さがあるフローリング用のマットレスもあるので、床に敷くなら、これを探してみましょう。

それならば、跳ね返りによる腰へのダメージは、かなり軽減することができます。

冷えに注意

床にマットスを敷く場合、体が冷えやすくなってしまいます。

これは、床からダイレクトに冷気が伝わってくるためです。

フローリングは特に冷えやすいため、冬場は十分に注意しなければなりません。

というのも、腰の痛みは、冷えることでさらに増してしまうからです。

これを防ぐには、やはり厚さのあるフローリング用マットレスが最適です。

厚さがあれば、体に伝わる冷気を少しでも減らすことができます。

また、マットレスを直に敷くのではなく、タオルケットを先に敷いておくと、冷たさが緩和されます。

他にも、マットレスの上に毛布を被せるのも、有効な手段となります。

つまり、なるべく床からの距離をとり、冷気を防ぐものを利用すれば、腰を守ることができるのです。

マットレス選びのポイント

腰によいマットレスを選ぶには、負担が少ないマットレスの特徴を知っておく必要がありますが、それ以外にも、大切なポイントがあります。

これを押さえておかなければ、よいマットレスを選んでも、その機能を活かすことができません。

では、どんなことに注意すれば、より確実な対策ができるのでしょうか。

耐久性があるか

腰痛対策には、「長持ちする」という点も重要です。

腰によいものを選んだとしても、すぐに劣化してしまうようでは、あまりよいマットレスとは言えません。

最初はよかったとしても、劣化すれば、当然その機能は失われていきます。

長く使っているうちに、いつの間にか、腰によくないマットレスになっていることも考えられるのです。

といっても、まったく劣化しないマットレスはないので、大切なのは、なるべく劣化しにくいマットレスを選ぶことになります。

それならば、頻繁に買い替える必要もなく、費用を抑えることにもつながります。

耐久性の高いマットレスの特徴は、通気性がよいことと、密度が30以上あることです。

それに加えて、耐久テストの結果もチェックしておけば、長持ちするマットレスを選ぶことができるでしょう。

自分に合っているか

自分に合ったマットレスを使うことは、腰痛対策では最も重要なポイントとなります。

どんなに腰によいマットレスを選んでも、それが自分に合っていなければ、効果が得られないどころか、逆に腰を痛める危険すらあります。

例えば、硬めのマットレスがよいといっても、あまりに硬すぎるものは、体がまったくフィットしないため、腰が浮くことになります。

つまり、硬さばかりを優先するのではなく、自分に合った適度な硬さを見極める必要があるわけです。

また、高反発のマットレスは、体重の軽い人には、反発が強すぎる場合もあります。

そのため、高反発なら何でもよいわけではありません。

反発力は商品によって異なるので、自分の体重を考慮した上で、反発が強すぎないものを選びましょう。

このように、腰によい機能だけに注目するのではなく、自分に合っているかどうかを併せて考えることで、本当によいマットレスを選ぶことができるのです。

まとめ

腰によいマットレスを選ぶときに大切なのは、自分に合った、適度な機能を備えていることです。

優れた機能があっても、それが合わなければ、腰痛の原因になってしまいます。

そのため、選ぶときは、その機能に加えて、「自分にとって使いやすいか」「心地よく寝られるか」という点も重視すべきです。

そうした適切なマットレスであれば、ストレスもなく、長く使うことができるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団