腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスに合わせることも大切!固いマットレスに合う枕とはどんな枕?

   

[KNGUVTH正規品]安眠 枕 ハイクラス 高級ホテルのような贅沢な眠り ソフトタイプ 快眠枕 高反発枕 横向き対応 肩こり対策  丸洗い可能 立体構造43x63cm CM 一年間保証付き (ホワイト)

枕を選ぶ際には、まず自分の体にその枕が合っているのかと言う観点で枕をえらぶことでしょう。

確かにそれも間違いではありません。

でも、自分の体に合っているだけではなくて、実は枕はマットレスともあっていないとならないと言えるのです。

では、たとえば固いマットレスに合う枕とはどのような枕になるのでしょうか?

ここではそれを見ていきます。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

固いマットレスには高いまくらが合っている

固いマットレスに合っている枕と言えるのは、気持ち高めの枕になるでしょう。

固いマットレスでは、必要以上に身体がしずみこむことがありません。

なので、ある程度高い枕が、逆効果になることはありません。

これが柔らかいマットレスだったら、枕を高くしてしまうと、身体の角度がきつくなってしまうことがあります。

身体も角度がきつくなるというのは、いうなれば腰のあたりが深く沈んでしまうという事です。

腰のあたりが深く沈んでしまうとなると、そのせいで腰のあたりにすごく体重の負荷が掛かるようになってしまいます。

そうして腰のあたりに体重の負荷が掛かるようになってしまうと、当然ながらその分だけ腰はいたくなってしまうでしょう。

それを避けるためには、やはりあまり高い枕は使わない方が良いです。

しかしこれが固いマットレスの場合はそうではありません。

固いマットレスの場合は、マットレスが固い分、枕の角度を上げても大丈夫なのです。

でも、枕を高くするメリットはどこにあるのでしょう?

枕を高くするメリット

枕を高くするメリットは、寝返りがしやすくなることです。

枕が高ければ、横を向いた時にも、肩が邪魔をして寝返りがしづらいということがなくなります。

そうして肩が邪魔をして寝返りがしづらいということがなくなると、寝返りは当然その分スムーズに出来るようになるでしょう。

寝返りがスムーズに出きるようになれば、それにより身体に痛みが起こりづらくなります。

寝返りが出来ないまま寝ていると、それによって身体の節々は痛くなります。

というのも、寝返りができないと、身体の筋肉はドンドンこりかたまっていくのです。

全然身体を動かさないわけなのですから、そうして筋肉が凝り固まっていくのは仕方ないと言えるでしょう。

でもそうして筋肉が凝り固まっていくと、血行がどんどん悪くなっていきます。

血行が悪くなると、それにより身体はドンドン痛くなります。

だから、寝返りが出来ないと身体は痛くなっていってしまうのです。

本来身体の疲れを取るためのもので身体が痛くなるのはやはりすごくよくないです。

なので、きちんと体の疲れがとれるように、寝返りはしやすくしておくべきなのです。

そして、高い枕であれば、それもかなうのです。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

固さもある程度あるべき

固いマットレスに合わせて使用する枕であれば、固さもある程度あるべきだと言えます。

というのも、やわらかい枕は、その柔らかさのせいで寝返りがしづらいのです。

せっかく高さのある枕で、寝返りがしやすいと言えるのに、その柔らかさのせいで寝返りがしづらくなってしまっていたら、せっかくの高さのメリットも台無しになります。

それはすごく勿体ないと言えるでしょう。

なのでそうならないようにするためにも、枕はある程度固いものを使用するべきなのです。

柔らかいとなぜ寝返りがしづらいのか

でも、やわらかい枕は何故寝返りがしづらいと言えるのでしょうか?

それは、やわらかい枕の場合は、寝返りをしようとしたその力を吸収されてしまうことがあるから、寝返りがしづらいと言えるのです。

寝返りをする際には、色々なところに力を入れて、その力の反動で寝返りをしていきます。

ということは、その力がそのまま力を込めたところに吸収されてしまっていたら、その分だけ寝返りがしづらくなってしまうと言えるのです。

高さが減るからということもある

柔らかい枕で寝返りがしづらくなってしまうという理由には、枕の高さが結果減ってしまうからということもあります。

枕の高さは、やはりある程度枕が固いからこそ、キープできるものです。

枕が柔らかければ、高い枕の上に頭を乗せた時、その頭の重さに耐えることができず、どんどん枕は沈んでいってしまうと言えるでしょう。

そうならない為には、やはり高い枕にはある程度の固さが必要になるのです。

固いマットレスを使用している時には、高い枕と言うだけではなく、固い枕を選んでいってください。

ただ固すぎると、頭が痛くなることがあるので、固すぎるのはそれはそれでNGになります。

それも覚えておくと良いでしょう。

ある程度縦に大きい枕

固いマットレスに合っているのは、ある程度縦に大きい枕になります。

横に大きい枕ならばまだその理由も分かるかもしれません。

寝返りをしても落ちない為とか、理由は思いつきやすいでしょう。

しかし、縦に長い枕が固いマットレスに合っているという理由は、なかなか分からない方も多いのではないでしょうか?

縦に長い枕がなぜ固いマットレスにあっているかというと、それは、首の下のブランクを支えることが出来るようになるからです。

固いマットレスでは首が浮きがちになる

固いマットレスを使用していると、首の下はマットレスに接地せず、浮きがちになってしまうことがあります。

でも、そうして首の下が浮いてしまうと、その首を方の筋肉や首の筋肉で支えないとならなくなります。

そうやって筋肉が首を支えるとなると、当然ながら首回りはすごく疲れるでしょう。

だから、肩こりになったり、首が痛くなってしまったりすることがあります。

でもそうして肩こりになったり首が痛くなったりしていたら、やはり良い睡眠とは言えません。

なので、その首の下のブランクスペースは埋めてしまうべきなのです。

そしてそれが出来るのが縦に長い枕になります。

縦に長い枕であれば、肩位まで届くので、問題なく首の下のスペースにも枕を入れることができて、肩こりや首の痛みが発生するリスクはかなり減ると言えるでしょう。

だから、固いマットレスで寝る際には、枕はある程度縦に長いものを選ぶのがおすすめです。

もちろん身体に合う枕である事も大切

固いマットレスに合う枕は、以上のような3つの条件を満たしている枕だと言えるでしょう。

しかし、それだけではなく、当然身体に合う枕であることも大切になります。

たとえば、高い枕を使用するのが固いマットレスには合っているということだけ考えて枕を選んでいくと、高すぎて、結果首がかなりきつくなってしまうことがあります。

そうなると呼吸もしづらくなりますし、首がきつすぎてもはや寝返りも出来なくなるでしょう。

なので全然意味がなくなってしまうのです。

まずは身体に合う枕の雰囲気を知る事も大切

そうならないようにするためには、まずは身体に合う枕の雰囲気を知る事も大切です。

そんな、身体に合う位のサイズ感の中から、なるべく高いもので、ある程度固いもので、そして縦に長いものを選んでいくというのが、固いマットレスに合っている正しい枕の選び方だと言えるでしょう。

きちんと正しい枕を選んで使用していきましょう。

まとめ

固いマットレスを使用している時には、身体に合う枕でありつつさらに、ある程度高くて、そしてきちんとした固さがあり、さらに縦に長い枕を選んでいってください。

なかなかそういう枕は簡単には見つからないかもしれません。

でもそういう枕が見つかればきっとグッと睡眠の質はあがるはずです。

是非参考にして、そういう枕を選んでいってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら