腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスに湿気がたまるのはなぜ?よくある5つの原因

   

マットレスは、毎日の睡眠のために欠かせない寝具のひとつですが、湿気に注意して使う必要があります。

湿気がたまりすぎると、カビやダニが繁殖したり、柔軟性がなくなって凹みやすくなったりするのです。

そんなマットレスでは、快適に眠ることはできません。

マットレスを気持ちよく使うためには、湿気がたまる原因を知っておきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

敷きっぱなしにしている

マットレスは、一度敷いて、そのまま動かさないでおくと、どんどん湿気が蓄積されていきます。

ここで問題になるのは、マットレスの裏面です。

マットレスの裏は、ベッドにぴったり密着しているため、隙間がほとんどありません。

つまり、まったく空気に触れる機会がないということであり、どうしても湿気がこもりやすくなってしまうのです。

そのため、長期間敷きっぱなしにしていると、ジメジメしたマットレスになり、カビやダニが発生してしまいます。

これを避けるためには、マットレスを敷いたままにするのではなく、ときどき動かすことが大切です。

空気の通り道を塞いで湿気をためこむのではなく、適度に動かして、空気に触れさせるようにしましょう。

それなら、湿気をとばしながら使うことができます。

定期的に干す

マットレスを空気に晒して湿気をとばすのであれば、やはり干すのが一番です。

日光に当てて乾燥させる方法なら、マットレスにこもった湿気を大幅に減らすことができるので、定期的に天日干しにしてください。

そのときのコツは、なるべく晴れた日を選んで、なおかつ日光が強く当たる時間帯に実行することです。

マットレスを干すといっても、くもりの日だったり、日光の量が少なかったりすると、それほどよい効果は期待できません。

敷きっぱなしにするよりはマシですが、湿気を確実にとばすためには、晴天の日の10時~14時頃がおすすめです。

そのタイミングで天日干しにすれば、しっかりと乾燥させることができます。

ただし、天日干しにするなら、説明書をよく見て、日光による悪影響がないことを確認しておきましょう。

マットレスの中には、日光で劣化してしまうものもあります。

その場合は、日の当たらない風通しのよい場所で、陰干しにしてください。

ローテーションも大切

マットレスの湿気をとばすなら、干すだけでなく、敷き方のローテーションもしっかり行ってください。

ただ敷きっぱなしにしていると、同じ面ばかりが裏になってしまい、湿気がこもりやすくなります。

しかし、裏表や上下を入れ替えて使えば、裏になっていた面も空気に晒すことができるので、湿気がたまりすぎる心配はないのです。

また、マットレスの凹みを防ぐためにも、このローテーションが効果を発揮してくれます。

体重をかける部分が入れ替わり、負荷が分散するため、そう簡単には凹まなくなるのです。

長持ちさせるためには、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

部屋がジメジメしている

マットレスに湿気がたまってしまうときは、マットレスを置いている部屋の湿度も影響しています。

敷きっぱなしにせず、天日干しやローテーションをきちんと行っていたとしても、それを置くのがジメジメした場所だったのでは、湿気を防ぐことができません。

特に、雨が降ったときなどは、部屋の中の湿度も上がりやすいので、要注意です。

湿気を確実に減らすのであれば、窓を開けて換気を行い、こもった湿気を逃がすようにしましょう。

また、ときどき換気をするだけでなく、普段から加湿器を使用するのも、おすすめの方法です。

梅雨の時期などは、どうしても湿度が上がりやすく、カビやダニの被害が多くなってしまうので、少しでも湿気を少なくしておきましょう。

ベッドの下に隙間を

部屋の換気をするときは、マットレスをそのままにするのではなく、下に隙間をつくってください。

いらなくなった本などを挟んで、マットレスを少し持ち上げるようにするのです。

空気の流れがある部屋の中でそれを行うと、マットレスの裏側も、しっかりと空気に晒すことができます。

さらに、効果を高めるためには、マットレスの下の空間に、扇風機で直接風を送り込む方法もおすすめです。

できるだけ空気の流れを多くして、蓄積された湿気を逃がしてやりましょう。

ベッドを壁にくっつけている

マットレスの湿気には、部屋の中のベッドの配置も影響しています。

避けておきたいのは、壁にぴったりとくっつけてしまうことです。

壁に密着した状態だと、空気の流れを妨げてしまうため、湿気の逃げ道が少なくなります。

その結果、マットレスに蓄積されやすくなってしまうのです。

できるだけ湿気を減らすためには、壁からなるべく離して設置することをおすすめします。

壁際に寄せるとしても、ぴったりと密着させるのではなく、少しだけ距離をとるようにしましょう。

10cmくらいの隙間をつくっておくと、空気の通り道ができるため、湿気を防ぐことができます。

床に敷いている

マットレスは、ベッドではなく、フローリングの床に直接敷いて使ってしまう人もいますが、それはNGな方法です。

床に敷いた場合は、ベッドよりも湿気がたまりやすくなってしまいます。

マットレスが床に密着しているため、湿気の逃げ道が完全に塞がり、どうしてもジメジメしてしまうのです。

特に、冬の寒い時期は注意してください。

冬になると、フローリングの床はとても冷たくなりますが、人の体が乗っているマットレスは、温度が上昇することになります。

すると、マットレスと床の間に結露ができてしまい、余計に湿気が多くなってしまうのです。

とはいえ、部屋の中の環境は人それぞれなので、必ずしもベッドを使用できるとは限りません。

どうしても床に敷くしか方法がないときは、すのこを利用しましょう。

マットレスの下にすのこを置けば、下に隙間が空くことになるので、湿気の逃げ道を確保することができます。

また、使わないときは常に立てておくことも忘れないでください。

床と密着する時間を極力減らすことで、湿気の蓄積は抑えることができます。

除湿シートも便利

マットレスを床に敷くことが避けられないときは、除湿シートを下に入れるという方法もあります。

そうすると、湿気を吸い取ってくれるので、蓄積がひどくなることはありません。

ちなみに、除湿シートは使い捨てではなく、乾かして何度も使うことができます。

床に敷くしかないときは、ひとつ購入して、ぜひ試してみてください。

直接寝ている

マットレスに湿気が多くたまってしまうとすれば、マットレスに寝るときの方法についても注目すべきです。

基本的に、マットレスは単体で使うものであり、他の布団を重ねてはいけません。

マットレスの上に何かを重ねた場合、体圧分散の効果が弱まってしまいます。

そのため、マットレスには直接寝ることが大切ですが、そこでシーツやベッドパッドまで省くのは間違いです。

むき出しのままだと、寝ている間にかいた汗を防ぐことができないため、湿気がどんどんたまっていきます。

布団を重ねて使うのはNGですが、汗の対策になるものは外さないようにしましょう。

まとめ

マットレスの劣化を防ぎ、できるだけ長く使っていくためには、湿気の対策を怠らないことが大切です。

とはいえ、湿気が蓄積されてしまう原因はさまざまであり、なんとなく対策をしていたのでは、あまり効果が得られないこともあります。

確実に湿気を減らすためには、原因をしっかり把握して、適切な対策を行うようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団