腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスのへたりが早くなるのはなぜ?劣化を促進させる4つのNGポイント

   

マットレスは、日々の睡眠のために欠かせない寝具であり、なるべく長持ちさせたいものです。

しかし、使い方を間違えていると、へたりが早くなってしまうこともあります。

へたってしまったマットレスは、寝ているときの姿勢を崩し、腰痛を引き起こす可能性があるため、そのまま使い続けることはできません。

そのような事態を防ぐために、劣化を早めてしまうNGポイントについて、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

同じ面ばかり使う

マットレスがへたってしまう原因を考えるとき、最も注意しておきたいのが、「同じ部分だけに負荷を集中させる」ということです。

一点に負荷が集まるような使い方をしていると、その部分がどんどん劣化することになるため、どうしてもへたりが早くなってしまいます。

これは、マットレスに限ったことではありません。

例えば、硬くて大きな石であっても、同じ部分だけを何度も繰り返し叩いていれば、ダメージを大きくすることができます。

あちこちバラバラに叩いていたのでは、いくら続けても砕くことはできませんが、一点に打撃を集中させるようにすると、割れやすくなるのです。

そのことからもわかるように、負荷の集中は、劣化に大きな影響を与えます。

へたりを防ぐのであれば、集中を避け、できるだけ分散させるべきです。

そのためには、同じ面だけを使わないようにしましょう。

裏表を逆に

マットレスは、毎晩同じ面だけを使っていると、どうしてもへたりが早くなります。

人間の体の中では腰が最も重くなっているので、ちょうど真ん中のあたりから、どんどん劣化していくことになるのです。

それを防ぐためにおすすめなのが、裏表の入れ替えになります。

いつも体を預けている面が裏になるように、マットレスをひっくり返してください。

そうすると、あまり負荷をかけていない面も使うことになるため、片面だけを使ったときのような極端な偏りは起こらなくなります。

これを定期的に行うようにして、裏と表をどちらも均等に使う方法なら、へたりを遅らせることができるのです。

腰の位置をずらす

マットレスのへたりを防ぐなら、裏表の入れ替えだけでなく、上下の入れ替えも行うことをおすすめします。

これは、腰の位置を変えるためには重要なことです。

マットレスの上下を逆にしたときは、腰を乗せる位置が微妙にずれることになります。

そのため、負荷の集中を避けることができるのです。

最も重い腰の負荷を分散させることは、へたりを防ぐにはかなり効果的です。

確実な対策をするなら、裏表の入れ替えと合わせて、マットレスの敷き方を定期的にローテーションさせるようにしましょう。

ときどき敷き方を変えて負荷を散らしていれば、劣化を遅らせ、長く使うことができます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスの上に乗ることが多い

マットレスがへたってしまう原因としては、負荷をかける頻度もあります。

頻繁に使うマットレスは、あまり使わないマットレスに比べて劣化が早くなるため、へたりやすくなるものです。

ホテルなどで使用されているマットレスは、一般家庭で使われているものより寿命が短いことも多いのです。

そのため、マットレスのへたりを防ぐのであれば、無駄に多く使うことは避けるべきです。

睡眠を削るわけにはいかないので、寝るときは必ず使うことになるとしても、それ以外の目的で使うのはやめてください。

例えば、高いところにあるものを取りたいとき、近くにあるマットレスをずらして、踏み台にするような行為はNGです。

寝るときに加えて、普段から踏み台としても使われているマットレスは、負荷が多くかかることで劣化しやすくなります。

また、子供の遊び場になってしまうのもよくありません。

子供がマットレスの上で飛び跳ねたりすると、それだけダメージの蓄積が増え、へたりを早めてしまいます。

マットレスを長持ちさせるなら、そうした雑な使い方は極力避けて、寝るときだけ使うようにしてください。

本来の用途だけに絞って使えば、無駄にダメージを大きくすることはありません。

負荷の集中を防ぐ

マットレスの上に立つような使い方を避け、寝るためだけに使うことは、単に使用頻度が減るだけでなく、負荷の極端な偏りを防ぐことにもつながります。

踏み台として使うために立ったときは、足を乗せた部分に負荷が集中するため、大きなダメージを与えていまいます。

寝るときと違い、足の裏の狭い範囲だけに負荷をかけるため、より深刻なダメージになってしまうのです。

そうなれば、へたりを防ぐことは難しくなってしまいます。

劣化を遅らせるためには、あまり強い負荷を与えないようにすることが大切なので、上に立ったりせず、常に正しい使い方をしていきましょう。

湿気が多い

マットレスが早くへたってしまうときは、蓄積された湿気が原因になっていることもあります。

ジメジメと湿った状態のままでマットレスを使い続けていると、中の素材を傷めてしまう可能性が高いのです。

そうなれば耐久性も低下するため、へたりも早くなってしまいます。

したがって、マットレスを長持ちさせるためには、湿気の対策を行うべきです。

蓄積された湿気を定期的にとばし、乾燥した状態で使うようにすると、マットレスの劣化を抑えることができます。

天日干しと陰干し

マットレスを乾燥させるためには、やはり干すことが一番効果的な方法になります。

日光に当てて乾燥させながら使っていれば、中身を傷めるような湿気の蓄積は起こらなくなり、耐久性を維持できるようになるのです。

太陽が高く昇る午前10時~午後3時頃を狙って干せば、しっかり乾燥させることができます。

ただし、日光に弱いマットレスもあるので、干すときは必ず説明書見ておくべきです。

高反発マットレスなどは、日光に当てることで中のウレタンが劣化するため、余計にへたりを早めることになってしまいます。

日光がNGなマットレスは、直射日光が当たる場所を避け、陰干しで乾燥させるようにしましょう。

風通しをよくしておけば、日の当たらない場所でも湿気がとぶので、日光に弱いマットレスでも安心です。

マットレスに適した干し方で湿気を軽減し、へたりの原因を取り除いてください。

ローテーションも対策になる

先述した敷き方のローテーションは、湿気を減らすためにもおすすめです。

マットレスの裏側がずっと同じ面になっていると、まったく空気に触れることがないため、どうしても湿気がこもりやすくなります。

しかし、裏表を入れ替えながら使っていると、どちらの面も同じくらい空気に晒すことができるため、片面だけひどく湿るようなことにはなりません。

荷重の分散と湿気の軽減を同時に行うためにも、積極的に入れ替えを行うようにしましょう。

強く叩いている

マットレスを干すことは、湿気を減らして劣化を抑えるためには効果的な方法ですが、そのときに強く叩くのはNGになります。

バンバンと大きな音が出るような強い叩き方は、マットレスのへたりを早める原因のひとつなのです。

あまり強い衝撃を与え続けると、マットレスの傷みはひどくなっていきます。

そのため、へたりを防ぐために干しているつもりでも、毎回強く叩きすぎていた場合は、へたりを悪化させることになるのです。

マットレスの劣化を無駄に早めないためには、やたらと叩くようなことはしないでください。

干すときに叩くのであれば、少しホコリを落とす程度にしておきましょう。

まとめ

マットレスは、長く使っているうちにどうしても劣化してくるものであり、いくら使ってもへたらないマットレスはありません。

しかし、ここで紹介したような劣化の原因を避けていれば、へたりを遅らせることはできます。

負荷の集中や湿気の蓄積を無視するような使い方をせず、しっかり対策を行い、ダメージを軽減していきましょう。

大切に使っていれば、長持ちさせることができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団