腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスの劣化にはどんなものがある?注意したい4つの変化

   

マットレスは、毎日ぐっすり眠るための重要な寝具ですが、劣化には注意しなければなりません。

あまり適当な使い方をしていると、劣化のスピードが早まり、寿命も短くなってしまいます。

長持ちさせるためには、劣化を遅らせることが大切なのです。

では、ありがちな4つの症状について、対策も含めて詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

凹む

マットレスが劣化するときに最もよくある変化といえば、やはり凹んでしまうことです。

長く使っているマットレスは、体重による負荷が大きい部分から徐々に凹んでいきます。

人間の体の中では腰が最も重いため、凹むのは真ん中あたりが多くなりがちです。

また、出っ張っている部分も要注意であり、横に寝たときは、肩やお尻の当たる部分が早く凹んだりします。

マットレスは、一晩中人間の体重を支えなければならないため、どうしても負荷による劣化は避けられません。

しかし、そのスピードを遅らせることはできます。

同じ部分だけを使わない

マットレスが凹みやすくなってしまうのは、いつも同じところだけに負荷をかけているからです。

同じところを何度も刺激していれば、硬いものが少しずつ削れることからもわかるように、負荷の集中は劣化を早めてしまいます。

一回寝ただけで激しく劣化することはなくても、毎日同じところに体重をかけ続けていれば、劣化は確実に進行するのです。

それを防ぐためには、敷き方のローテーションをおすすめします。

最初に敷いたときのまま使い続けていた場合、体重による負荷は、どうしても同じ部分に集中することになります。

しかし、裏表や上下をときどき入れ替えるようにすると、そのような偏りが起こることはありません。

マットレスの一部分だけでなく、全体をまんべんなく使い、劣化のスピードをしっかり抑えるようにしましょう。

体の痛みを防ぐためにも

凹んで形が変わったマットレスは、体に余計なダメージを与えてしまいます。

特に注意しなければならないのは、腰痛です。

マットレスの中央が凹んでくると、寝たときに姿勢が崩れてしまいます。

体が少しくの字に曲がってしまうため、普通に寝ているときよりも、腰にかかる負担が大きくなるのです。

そのため、腰痛を防ぎたいときも、凹みの対策は重要になります。

また、姿勢が悪くなることで痛みを感じるようになるのは、首や肩も同じです。

マットレスが凹んでいると、首の痛みや肩こりが起こりやすく、日常生活でもストレスがたまります。

健康的な生活を送るためにも、なるべく凹みにくい使い方をしていきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

カビやダニの繁殖

マットレスの劣化としては、形の変化だけでなく、余計なものが付着するタイプのものもあります。

その余計なものというのが、湿気を好むカビやダニです。

湿気が多くジメジメした状態は、カビやダニにとって住みやすい環境になります。

その中だと、繁殖も活発になり、放っておくとどんどん増えてしまうのです。

したがって、長く使っているマットレスに湿気が蓄積されているときは、カビやダニのデメリットに注意しなければなりません。

カビやダニにまみれたマットレスは、アレルギーを引き起こすことがあるため、健康維持のためには、しっかり防いでおく必要があります。

マットレスの湿気を少なくして、カビやダニが住みにくい環境をつくりましょう。

干して乾燥させる

マットレスの湿気をとばすなら、最も効果的な方法は、天日干しにすることです。

日光に当てて乾かしておけば、マットレスの中の水分が蒸発し、カラっとした状態にすることができます。

この方法なら、カビやダニの繁殖を抑えることができるのです。

そのため、マットレスを使うときは、敷きっぱなしにしないでください。

定期的に干していれば、湿気が増えすぎる心配はないため、劣化を遅らせ、長く使うことができます。

ただし、マットレスの中には、日光で逆に劣化するものもあるため、干す前の確認を怠らないようにしましょう。

もし日光に弱いものだった場合は、風通しのよい日陰で陰干しにすることをおすすめします。

立てかけるだけでも

マットレスを干すといっても、あまり大きいものだったりすると、移動させるのが難しくなることもあります。

簡単に動かせないようなものだと、干すことが面倒になってしまいますが、湿気による劣化を防ぐなら、乾燥させる機会を減らすのはよくありません。

そんなときは、大きく移動させるのではなく、その場に立てかけるだけでも構わないので、とにかく敷きっぱなしにならないようにしていきましょう。

日当たりのよい場所まで運ばなくても、起こしてすべての面を空気に晒しておけば、湿気を軽減させることはできます。

敷いたままただ放置していると、どうしても裏面には湿気がこもりやすくなりますが、起床するたびに立てるようにすれば、その心配はなくなるのです。

また、窓を開けて少し部屋の換気を行い、室内の湿気を逃がしておくと、より効果的です。

黄ばみ

マットレスの劣化には、色の変化もあります。

寝ているときにかいた汗などが染みこむと、時間の経過とともに色が変わり、黄色くなってしまうのです。

これを防ぐためには、汚れを染みこませないような工夫が必要になります。

人間が寝ているときの汗は意外と多いもので、コップ1杯くらいの汗を一晩でかいていることもあります。

それを染みこませないようにするなら、シーツを見直してみましょう。

おすすめは、速乾性が高く、湿ってもすぐに乾くタイプのシーツです。

汗で湿った状態が長く続けば、それだけマットレスに染みこむ量も多くなります。

しかし、すぐ乾いてしまうシーツなら、染みこむ前に蒸発させることができるのです。

染みこむ汗が少なくなれば、黄ばみを抑えることもできるので、しっかり対策をしていきましょう。

防水シーツ

普段から発汗が多い人や、夏の汗が多い時期などは、防水シーツを敷く方法もおすすめです。

子供のおねしょ対策としても重宝される防水シーツは、水分を防ぐ効果が高いため、黄ばみを抑えるには最適なアイテムになります。

汗が多いと、乾きやすいシーツでもあまり効果がなかったりするので、うまくいかないときはぜひ使ってみてください。

湿気対策も

黄ばみを防ぐためには、立てかけたり干したりする湿気の対策も忘れずに行ってください。

マットレスを乾燥させれば、中に染みこんだ汗も蒸発させることができるため、黄ばみの原因を取り除くにはおすすめの方法なのです。

水分の少ない状態を維持して、劣化を防ぎましょう。

嫌な臭いがする

湿気がこもったマットレスを長く使っていると、だんだん嫌な臭いを放つようになります。

そうなると、臭いが気になってぐっすり眠れなくなる可能性があるため、湿気の対策とはとても重要です。

特に、汗には注意してください。

黄ばみと同じく、マットレスの嫌な臭いも、汗がたくさん染みこんでいるときは強くなりがちです。

汗をたっぷり含んだ湿気は、干すことでしっかり蒸発させるようにしてください。

もちろん、乾きやすいシーツや防水シーツをうまく使い、そもそも染みこませないようにすることも忘れてはいけません。

汗や湿気を極力減らし、劣化のスピードを遅らせていきましょう。

まとめ

マットレスの劣化といっても、その変化はひとつではありません。

ここで紹介したように、劣化の症状はさまざまであり、複数の変化が同時に起こることもあります。

劣化を防ぐためには、負荷の偏りや湿気など、原因となるものをしっかりと取り除いておくようにしましょう。

普段から注意しながら使っていれば、劣化を遅らせることができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団