腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスの結露を防ぐ方法は?やっておきたい5つの対策

   

マットレスは基本的にベッドで使うものですが、場合によっては、床に敷かなければならないときもあります。

そのときは、結露に注意しなければなりません。

マットレスを直接フローリングの床に敷くと、結露の影響でじっとり湿ってしまうことがあるのです。

ここでは、そうした結露のデメリットを防ぐための対策について、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

下に除湿シートを挟む

マットレスが結露で濡れてしまうときは、床との温度差が影響しています。

冷えたフローリングの床と、体温や汗などで温まったマットレスの間には、かなり大きな温度差があるものです。

その温度差が、多量の結露を発生させ、マットレスを湿らせてしまいます。

窓に結露が多くなるのは、外との温度差が激しいときですが、マットレスの場合も、同じようなことが起こってしまうわけです。

これを防ぐためには、マットレスを直接床に敷くのではなく、除湿シートを挟むようにしましょう。

直接敷いていると、発生した結露の影響をもろに受けてしまうため、ジメジメとした不快感がひどくなってしまいます。

しかし、マットレスと床の間に除湿シートがあれば、発生した結露の水分を吸い取ってくれるので、湿気が多量に蓄積されることはありません。

冬になると、床が冷えきって結露が発生しやすくなるので、そんなときはぜひ使ってみてください。

乾かして使う

除湿シートには、乾かせば何度でも使えるというメリットがあります。

吸い取った湿気がたまってくると、除湿シートもかなり湿ってきますが、乾燥させて、蓄積された湿気をとばしてしまえば、また何事もなく使えるようになるのです。

湿気が多くたまってきたときは、色の変化ですぐわかるようになっているので、ときどきチェックしながら使うようにしましょう。

ただし、使用する除湿シートを選ぶときは、値段に注意してください。

あまり安いものを使うと、すぐに湿気で満杯になってしまうことが多く、何度も頻繁に乾燥させなければなりません。

手間を省きたいときは、少し高くても、たくさん吸収できるものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

すのこを置く

マットレスの結露を防ぐのであれば、すのこを使うのも有効な方法になります。

直接敷くのではなく、すのこの上にマットレスを乗せる方法なら、床と密着することはありません。

そのため、結露による被害を防ぐことができるのです。

また、湿気の逃げ道を確保できることも、重要なポイントになります。

マットレスは、結露だけでなく、寝ているときの汗が染み込んで湿ってしまうことも多いですが、その湿気を逃がすことができないと、内側にどんどんこもることになってしまいます。

ただ床に敷いてしまったときは、マットレスの裏側がぴったりと密着するため、空気の通る隙間がなく、湿気を逃がすことができません。

そうなると、結露と寝汗のダブルパンチで、マットレスの湿気が大幅に増えることになってしまうのです。

これを防ぐためには、すのこが役立ちます。

すのこの上にマットレスを乗せることで、下の隙間から湿気が逃げていくため、蓄積を防ぐことができます。

結露を防ぐだけなく、通気性をよくするためにも、ぜひすのこを試してみてください。

換気をする

結露が発生してしまう原因としては、部屋の中の湿度の多さもあります。

確かに、マットレスと床の温度差による影響は大きいものですが、部屋の中の湿度が高く、必要以上にジメジメした空間の中では、結露がさらに発生しやすくなってしまいます。

少しでも結露による被害を軽減するためには、部屋の湿度を下げて、カラっと乾燥させておくことも、忘れてはいけない対策のひとつなのです。

そこでおすすめなのが、窓を開けて換気をすることになります。

窓を開けて、部屋の中の水蒸気を含んだ空気を、外へ逃がしてしまいましょう。

そして、代わりに乾いた新鮮な空気を入れ、部屋の中の湿度を低くするのです。

乾燥した部屋の中なら、結露の発生を助長させるようなことにはなりません。

短時間でもよいので、しっかり空気の入れ替えを行ってください。

換気扇を回す

結露を防ぐために部屋の湿度を下げるなら、換気扇を回す方法もおすすめです。

それなら、寒くて窓を開けたくないときでも、湿った空気を外へ逃がしてやることができます。

ただし、雨の日には注意してください。

雨の日に換気扇を回していると、部屋の中の空気を出すだけでなく、雨でじっとりと湿った外の空気を、新たに室内へ呼び込むことになってしまいます。

それでは、結露の発生を抑えることはできません。

換気扇を回すのであれば、天気をよく見て、確実に湿度を下げられるときを狙うようにしましょう。

床を冷やさない

冒頭でも説明したように、マットレスと床の間に結露が発生してしまうのは、極端な温度差があるためです。

冷たい床と温かくなったマットレスが密着していれば、どうしても結露ができてしまいます。

これを解決するためには、すのこで床と離す以外に、温度差を縮める方法もおすすめです。

温度差が大きくなりすぎなければ、結露の発生を抑えることができるため、マットレスの湿気を減らすことができます。

そのためには、コルクマットを使ってみましょう。

コルクマットをフローリングの床に敷くと、冷気をしっかり防いでくれるため、冬でも冷えすぎることはありません。

それなら、マットレスとの温度差が小さくなり、結露が発生しにくくなるのです。

また、床でマットレスを使うときの寒さも軽減してくれるので、温かくして気持ちよく眠るためにも、ぜひおすすめです。

窓からの冷気を防ぐ

フローリングの床がひどく冷えてしまうときは、窓から寒さが伝わっている可能性があります。

そのため、温度差を縮めるためには、窓にも気を配っておきましょう。

窓からの冷気を防ぐためには、断熱効果のある長いカーテンが最適です。

それを使えば、窓とカーテンの間に空気の層をつくることができるので、外の寒さが室内に伝わりにくくなります。

空気の層が断熱材の役割を果たし、冷気の影響を軽減してくれるというわけです。

この方法なら、床が冷えすぎる心配はなく、結露の発生も抑えることができます。

また、部屋の中も全体的に温かくなるので、暖をとるためにも役立ちます。

湿気がたまりにくいものを使う

結露の対策を考えるのであれば、湿気に弱いマットレスを避けることも、大切なポイントになります。

湿気がたまりやすく、いつも湿っているようなマットレスでは、結露も発生しやすくなってしまうのです。

低反発マットレスのような密度の高いものは、底に湿気がたまりやすいので、温度差の影響も加われば、結露でビショビショになる可能性があります。

結露を少なくするためには、高い吸湿性と速乾性を備えた、湿気のたまりにくいマットレスを使うようにしましょう。

その条件に当てはまるのは、高反発ファイバーを使ったものや、ボンネルコイルのマットレスになります。

湿気に強いものを使っていれば、結露の発生を抑えるだけでなく、カビの繁殖を防いだり、寝苦しさを解消したりする効果もあるので、普段の睡眠をよりよいものにしていくためには、マットレス選びも慎重に行いましょう。

まとめ

マットレスは、結露が多く発生してしまうと、ひどく湿った状態になり、快適な眠りを妨げてしまいます。

ジメジメと湿ったマットレスは、嫌な臭いがしてきたり、カビが生えたりするので、とてもぐっすり眠ることはできないのです。

そうしたデメリットを防いで、毎日気持ちよく眠るためにも、ここで紹介した結露の対策は、しっかり行うようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団