腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスの解体でNGなことはある?注意したい5つのポイント

   

マットレスを安く処分するためには、自分で解体を行い、家庭ゴミとして出す方法がおすすめです。

それなら、処分料などはかかりません。

ただし、マットレスの解体作業では、やってはいけないNGポイントがあります。

それを知っておかないと、思わぬ失敗をすることがあるので、注意しなければなりません。

では、そのNGポイントについて、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

小さいカッターを使う

マットレスの解体をするときは、生地を切り裂くためのカッターが必要になります。

ハサミも使いますが、それだけで解体するのはかなり無理があるので、必ずカッターも用意しておくようにしましょう。

ただし、どんなカッターでも使えるわけではないので、その辺にあるカッターを適当にチョイスするのはNGです。

ごく普通の小さいカッターでは、マットレスに突き立てたところで、うまく切ることができません。

一見柔らかそうなマットレスであっても、紙とはまったく違うため、スムーズに作業を進めることができないのです。

また、怪我をする可能性もあります。

うまく切れないカッターを強引に動かした場合、刃が折れてしまう可能性が高いのです。

そのとき、折れたものが自分に向かって飛んでくるようなことになれば、とても危険です。

飛ばなかったとしても、マットレスの中に刃が残れば、あとで触ったときに指を切ることもあるのです。

大きくて頑丈なものを

マットレスを安全に解体するためには、安易に普通のカッターを使うのではなく、なるべく大きいものを用意してください。

大きくて頑丈なカッターであれば、折ったりせずにサクサクと作業をすすめることができます。

これは、安全であるだけでなく、作業のスピードが上がるというメリットもあります。

大きいマットレスを解体するとなれば、それなりに時間がかかるものですが、小さいカッターでやろうとすれば、さらに長い時間が必要になります。

しかし、スムーズに切れるカッターであれば、作業の時間を短縮できるのです。

無駄に時間をかけず、安全に解体作業を進めるためにも、カッターはきちんと選ぶようにしましょう。

面倒だからといって、適当なものを使ったりしないでください。

もし大きいものを持っていないのであれば、購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

スプリングを普通のハサミで切る

中にスプリングが入ったマットレスを解体するときは、スプリングを切断する作業があります。

そのための道具は、きちんと準備しておかなければなりません。

くれぐれも普通のハサミで切ったりしないでください。

金属のスプリングは、紙を切るようなハサミでは切断できません。

強引に切ろうとしても、ハサミの刃を悪くするだけです。

それだけでなく、無理に力を入れたことで手がすべり、怪我をしてしまう可能性もあります。

また、「大きいハサミなら何とかなるだろう」という考えも危険です。

大きな裁ちバサミなどは、確かに普通のハサミよりは頑丈であり、布でもすんなりと切断することができますが、金属を切断するためのものではありません。

本来の正しい使い方ができなければ、どのような事故が起こっても不思議ではないので、スプリングに対してハサミは使わないでください。

ニッパーを使う

マットレスのスプリングを切断するためには、金属を切るためのニッパーがおすすめです。

紙や布を切るためのハサミではなく、きちんと金属に対応できるものを使えば、安全に作業を進めることができるのです。

とはいえ、金属用のニッパーは、誰でも持っているようなものではありません。

家の中を探してみて、もしないようであれば、やはり購入するようにしましょう。

お金をかけずに処分するための解体とはいえ、安全を犠牲にするのはよくないので、必要な道具は買ってください。

床に何も敷かない

マットレスを解体するときは、かなりホコリが出てしまうものです。

それに加えて、中の羊毛などが散乱してしまうこともあるので、床はかなり汚れます。

したがって、室内で作業を行うとき、何も敷かずに作業をするのはNGです。

何も敷かずに解体を始めた場合は、そこら中に散らかったホコリなどを、あとから掃除することになってしまいます。

マットレスの解体だけでも、慣れていないと大変な作業になってしまうことも多いので、そうした余計な仕事は増やしたくないものです。

そのため、室内でマットレスを解体するなら、必ず何かを下に敷いて、作業後の後始末の手間を省くようにしましょう。

新聞紙やブルーシート

マットレスの下に敷くものは、新聞やブルーシートなど、なるべく大きく広げられるものがおすすめです。

大きなブルーシートはもちろん、新聞紙も複数枚を敷き詰めれば問題はありません。

マットレスが大きくはみ出てしまうようなものだと、下に敷く意味がなくなってしまうので、広い範囲をカバーできることは重要です。

また、室内を汚したくないのであれば、思いきって庭に出て作業をする方法もあります。

処分するために解体するなら、多少土や砂がついても特に不都合はないので、後片付けを面倒に感じるなら、外もぜひ検討してみてください。

顔や手がむき出しになっている

マットレスを解体するときは、自分を守るための対策もきちんと行うべきです。

ホコリや羊毛などが舞い散る中で作業をしていると、目や口に入ってしまうことが多くなります。

また、スプリングを切るときには、鋭い切り口で指を切ったり、硬い破片が飛んできたりすることも考えられます。

それを防ぐためには、適当な恰好で作業を始めるべきではありません。

メガネ・マスク・軍手といったアイテムを揃えて、自分の体をしっかりガードしてください。

それならば、余計なデメリットは防ぐことができます。

欠片が大きすぎる

マットレスを解体するときは、家庭ゴミとして出せるように、しっかりと細かくバラさなければなりません。

ひとつひとつが大きすぎるようだと、粗大ゴミのサイズになってしまい、粗大ゴミ券や粗大ゴミシールを買わないと、処分できなくなってしまうのです。

お金をかけないために解体したというのに、それでは苦労した意味がありません。

無料で家庭ゴミに出すためには、一辺が30cm未満になるくらい小さく解体することが大切です。

それくらい小さければ、きちんと家庭ゴミとして扱ってくれるので、出費が増える心配はありません。

大きいハサミで刻む

マットレスを小さく解体するためには、柔らかい層を細かく刻むためのハサミを用意しておきましょう。

紙を切るような普通のハサミだと、いくら柔らかい部分でも、うまく切り分けることができません。

30cm未満の大きさにカットするためには、万能バサミや裁ちバサミなど、できるだけ大きなものを使ってください。

そのようなハサミがあれば、サクサクとスムーズに作業が進み、確実に粗大ゴミ以下の大きさまで刻むことができるのです。

これも、カッターやニッパーと同じで、家にないようなら買っておくことをおすすめします。

無料での処分に失敗しないためにも、必要なものはしっかり確保しておくようにしましょう。

まとめ

マットレスをうまく解体することができれば、処分料がかかるような方法ではなく、家庭ゴミとして捨てることができます。

そのためには、ここで紹介したNGポイントをしっかりチェックしておきましょう。

間違った方法では、うまく解体できないだけでなく、手間が増えたり怪我をしたり、余計なデメリットが発生してしまいます。

NGなことを避けていれば、そうした失敗は防ぐことができるのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団