腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスの黄ばみを防ぐためにできることは?おすすめの対策4選

   

マットレスは、長く使っているうちに、だんだん黄ばんでくることがあります。

いつも気持ちよく眠るためには、そのような汚れた状態を放置するのは避けたいものです。

そのためには、黄ばみに対する有効な対策を知っておく必要があります。

では、マットレスの黄ばみを防ぐためにはどんな方法があるのか、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

洗剤で色を落とす

マットレスの黄ばみ対策を考えるなら、汚れた色を落とす方法について知っておくべきす。

色の落とし方を知っていれば、少しくらい黄ばんでしまっても、すぐ元に戻すことができます。

そこで注目したいのが、中性洗剤を使う方法です。

まず、お湯で中性洗剤を溶かしたら、タオルを浸して絞り、マットレスの黄ばんだ部分を叩くように拭いてください。

そうすることで、少しずつ洗剤を染み込ませていきます。

ある程度続けたら、洗剤が浸透した黄ばみ部分に、蒸しタオルを被せましょう。

そのタオルが冷めて着たら、また熱いものと交換します。

この作業を何度か繰り返していると、洗剤の効果で黄ばみが落ちてきます。

十分に落ちたら、あとはしっかり乾燥させて完了です。

ちょっとした黄ばみなら、この方法で大抵は落とすことができるので、あまりひどくならないうちに、発見したら早めに対処することをおすすめします。

落ちにくいときは漂白剤

あまりひどい黄ばみがあった場合は、中性洗剤だとなかなか落ちないことがあります。

そんなときは、酸素系漂白剤の力を借りましょう。

塩素系ではなく酸素系を使う理由は、マットレス本来の色まで落とさないためです。

色を落とす効果は塩素系の方が上ですが、あまりに強すぎるために、黄ばみだけでなく元の色まで落としてしまう可能性があります。

酸素系はそれほど強力なものではないため、黄ばみだけを落としたいときに最適であり、柄物の衣類の手入れでも重宝されているのです。

また、刺激が強すぎないため、肌荒れが気になる人にもおすすめです。

この酸素系漂白剤を使って黄ばみを落とすときは、中性洗剤のときと同じく、お湯に溶かしてタオルを浸しましょう。

次に、黄ばんだ部分に漂白剤が染みたタオルを被せ、しばらく放置します。

1時間も経てばかなり黄ばみが落ちているので、洗剤を念入りに拭き取ったら、ドライヤーなどで乾燥させてください。

この方法なら、頑固な黄ばみもしっかりと落とすことができます。

叩くように拭く

中性洗剤を使うにしても漂白剤を使うにしても、拭くときは擦らないようにしてください。

ゴシゴシと擦った方が手っ取り早いように思えますが、それだと黄ばみが深く染み込むことになるため、余計に落ちにくくなってしまうのです。

確実に落とすためには、擦るのではなく、トントンと叩くように拭くべきです。

「叩いたくらいで落ちるの?」と不安になってしまうこともありますが、そこで擦ってしまえば、落ちるものも落ちなくなってしまいます。

確かに、1回や2回叩いたくらいでは落ちないため、根気よく何度も叩く必要はありますが、よりきれいに落とすためには、その方が効果的です。

優しく叩いて、コツコツと作業を進めていきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

洗えるものは洗う

マットレスといえば、基本的に大きいものが多く、自分で洗うことはないようなイメージもありますが、中には丸洗いができるものもあります。

そのようなマットレスは、積極的に洗うようにしましょう。

マットレスが黄ばんでしまうのは、寝ている間に染み込む汗や皮脂の影響によるものです。

そうした黄ばみの元を取り除くためには、定期的に洗濯をすることが効果的な方法になります。

洗えるマットレスは、カバーがついていない薄めのものが多いので、そのようなものを使っているなら、説明書を確認してみてください。

もし洗濯OKなら、しっかりと洗って汚れを落とし、常に黄ばみにくい状態にしておきましょう。

カバー付きで洗えるものも

カバーがついた少し厚めマットレスであっても、一瞥しただけで洗濯不可と決めつけるのは早計です。

確かに、カバー付きで厚いマットレスは洗えないことが多いですが、中には洗濯に対応しているものもあるのです。

洗濯ができるものは、カバーを外した状態でシャワーをかけ、汚れを洗い流せるようになっています。

カバーの方は普通に洗濯してしまいましょう。

そのようなタイプなら、汗や皮脂を取り除くことができるため、ひどく黄ばむようなことはありません。

カバー付きのものでも、勝手に決めつけてしまうのではなく、きちんとメンテナンスの方法を確認しておくようにしましょう。

これから買うなら洗えるものを

これからマットレスを購入する予定があり、「黄ばみにくいものが欲しい」と考えているなら、ぜひ洗濯ができるものを選んでください。

すでに洗濯ができないものを使っている場合は、他の対策でなんとか対応するしかありませんが、洗えるものなら、汗や皮脂をしっかりと取り除くことができます。

原因をなくすことができれば、黄ばみはかなり少なくなるのです。

敷きっぱなしにしない

マットレスの黄ばみを引き起こす汗や皮脂を取り除くには、洗濯することが最も効果的な方法ではありますが、洗えないものだったとしても、対策ができないわけではありません。

汗や皮脂の影響を抑えたいときは、使ったあとにマットレスを起こすようにしてください。

朝起きたあと、そのまま敷きっぱなしにして出かけてしまったりすると、寝ている間に付着した汗や皮脂が、よりしっかりと染み込むことになってしまうのです。

敷きっぱなしにすると、どうしても通気性が悪くなってしまうため、汗や皮脂が長く残り続けます。

いつもそんな状態で放置していたのでは、黄ばみを軽減することはできません。

黄ばみを防ぐのであれば、起きたらマットレスを起こし、立てかけておくようにしましょう。

立てて通気性をよくしておけば、汗や皮脂による湿気をとばすことができるため、色が変わることは少なくなります。

換気する

マットレスを起こして立てかけるなら、少し部屋の換気をすることも忘れないでください。

部屋の中がジメジメしてると、いくら立てかけておいても、乾燥させることはできません。

しっかり乾かすためには、窓を開けて室内の湿気を逃がし、空気の流れをつくるようにしましょう。

風通しのよい場所なら、乾燥しやすくなります。

シーツを変える

マットレスの黄ばみがひどくなってしまうときは、シーツが原因になっている可能性もあります。

通気性が悪く、速乾性も低いようなシーツを使っていると、汗や皮脂がなかなか乾かず、マットレスにまで染み込んでしまうことが多いのです。

そのデメリットを防ぐためには、水分が乾きやすいシーツに変えてしまいましょう。

速乾性が高く、湿ってもすぐに乾いてしまうものであれば、汗や皮脂がマットレスにまで染みることは少なくなります。

防水シーツもおすすめ

普段から発汗が多く、多少速乾性が高いくらいでは間に合いそうにない場合は、思いきって防水シーツに変えてしまうのも、ひとつの方法です。

防水シーツは、子供のおねしょ対策でも活躍するものであり、確実に水分をガードすることができます。

それなら、汗が多くても、マットレスに染み込む心配はありません。

夏はどうしても発汗が多くなってしまうので、汗っかきな人はぜひ試してみてください。

まとめ

マットレスは日々の睡眠に欠かせないものなので、できるだけきれいな状態を維持し、長く使っていきたいものです。

そのためには、ここで紹介した黄ばみの対策をしっかり行うようにしましょう。

どうしても落とせない場合はクリーニング業者に依頼する方法もありますが、まずは自分でやってみてください。

自分で黄ばみを抑えることができれば、出費が増えることはありません。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団