腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスは大切に使おう!長持ちさせるためのポイント

   

マットレスは、寝心地の改善や腰痛の対策には便利な寝具です。

ただし、そうした効果をしっかり得るためには、使い方に注意して、できるだけ長持ちさせることが大切です。

劣化したマットレスを使っていても、本来の効果は期待できません。

そこで、マットレスを長持ちさせるためのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

シーツやベッドパットを敷こう

マットレスの基本的な使い方は、上に何も重ねないことです。

敷き布団や他のマットレスを重ねた場合、体圧分散や高反発などの効果が弱まってしまいます。

そのため、マットレスを使う際は、必ず一番上にして、直接寝ることが大切なのです。

直に体を預ければ、マットレスの優れた効果は、最大限に発揮されるでしょう。

ただし、この使い方を意識したとき、マットレスを劣化させるような失敗をすることがあります。

それは、シーツやベッドパットなどを使わず、むき出しのマットレスにそのまま寝てしまうことです。

「マットレスが一番上」というのは、敷き布団や他のマットレスのような、厚い寝具を重ねないということであり、シーツなどの最低限のものまで取り除いてしまうのは間違いです。

むき出しのままで直接寝た場合は、マットレスの劣化を早めることになるので、十分注意してください。

なぜシーツやベッドパッドが必要なのか

マットレスを使う際、シーツやベッドパットが必須のアイテムとなる理由は、汗の吸収のためです。

何も敷かずに寝ると、汗を防ぐものがないため、マットレスにどんどん染み込んでしまいます。

すると、マットレスの中に湿気がたまり、カビやダニなどが繁殖しやすい状態になるのです。

そんな状態では、とても長持ちさせることはできません。

また、汗がたまることで、次第に臭いが強くなっていくことも問題です。

汗臭いマットレスは、臭いで眠りを妨害することがあるので、日々の安眠のためには避けるべきでしょう。

そのためには、できるだけ汗を吸収して、マットレスの汚れを減らすことが大切です。

マットレスを長持ちさせると同時に、日々の睡眠を良質なものにするためにも、シーツやベッドパットは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ローテーションさせよう

マットレスは、使っているうちに、どうしてもへたってきます。

毎日体を横たえることで、同じ部分に圧力が集中し、だんだんと劣化してしまうのです。

寝具である以上、そうした圧力による劣化は避けられないものですが、へたったマットレスを使っていても、寝心地や腰痛の改善はできません。

新しいものを買えば、また高い効果を得ることができますが、出費を考えれば、あまり頻繁な買い替えはできないでしょう。

そこで、劣化を遅らせるためのローテーションが重要になります。

これは、マットレスの上下や裏表を定期的に入れ替えることで、圧力の集中を避けるものです。

上下逆、裏表逆、そして再び上下逆という順番にして、3か月に1回くらいの頻度でローテーションさせてみましょう。

すると、うまい具合に圧力が分散するため、へたりにくくなります。

湿気対策としても効果あり

長持ちさせるためにローテーションが効果的な理由は、圧力の分散だけではありません。

ローテーションすることで、マットレスの湿気も散らすことができるのです。

長く同じ敷き方で使っていると、マットレスの下に湿気が集中してしまうため、カビやダニが発生しやすくなります。

しかし、上下や裏表を逆にすると、こもった湿気が適度に散らばるので、カビなどを防ぐことができるのです。

そうして清潔を保っていれば、マットレスの劣化が早まるようなことはありません。

圧力も湿気も分散させて、マットレスを大切に使っていきましょう。

風通しのよさに注目

マットレスを長持ちさせるためには、風通しのよさも重要なポイントになります。

なぜなら、風通しが悪いと、劣化の原因となる湿気がたまりやすいからです。

したがって、寝室はこまめに換気するようにしましょう。

シーツで汗を吸収しても、裏表を逆にしても、部屋の湿度が高いのでは、あまり効果的な対策にはなりません。

定期的に換気することで空気の滞りを解消し、湿度の低い部屋でマットレスを使うようにしましょう。

この風通しに関しては、部屋全体だけでなく、マットレスの下も問題です。

マットレスの下は湿気がたまりやすいので、できるだけ隙間をつくって、空気が流れるようにしておく必要があります。

そのため、床に直接マットレスを敷くのは避けるべきです。

床と密着することで、湿気の逃げ道を完全に塞いでしまうので、十分注意しましょう。

すのこが便利

どうしてもマットレスを床に敷かなければならない場合は、すのこを使うと便利です。

すのこの上にマットレスを乗せておくと、下に隙間ができるため、湿気を閉じ込めることはありません。

下に空気の流れができれば、湿気によるカビやダニを防ぎ、劣化を遅らせることができるでしょう。

また、床に敷く場合だけでなく、ベッドでも、すのこを使うことは可能です。

ベッドの中には、マットレスを乗せる部分がすのこになった、すのこベッドがあります。

これを使うと、ベッドの下に湿気の逃げ道を確保することができるのです。

すのこベッドと先述のローテーションを組み合わせれば、湿気はかなり軽減できるので、マットレスの劣化が早まる心配もないでしょう。

定期的に干そう

マットレスを長持ちさせるなら、やはり手入れは欠かせません。

しかし、マットレスは丸洗いしたりできないので、手入れとしては、干すのが主な方法になります。

定期的に干すことで湿気をとばし、劣化を防ぐのです。

ただし、干すといっても、天日干しには注意が必要です。

湿気を取り除くには日光が最適なように思えますが、マットレスは、製品によっては劣化が早まる恐れがあります。

特に、高反発素材のマットレスなどは、日光で耐久性が落ちるウレタンを使用していることが多いので、長持ちさせるためには、あまりおすすめできません。

マットレスを干すなら、風通しのよい場所で陰干しにするのが、最もリスクの少ない方法となります。

それなら、マットレスの耐久性を落とさず、湿気を効果的にとばすことがでるでしょう。

楽に干す工夫を

マットレスを干すときは、布団のように簡単な持ち運びはできない場合が多いです。

基本的に大きな寝具なので、移動させるのは、なかなか難しいでしょう。

さらに、極厚だったり、サイズが大きかったりすると、干すのを躊躇してしまうこともあります。

そんなときは、あまり移動させなくてもよい工夫をしましょう。

マットレスは、陰干しの方が劣化する心配が少ないので、わざわざ移動させなくても、その場に立てかけておくだけで湿気の対策になります。

そのため、部屋を換気して空気を循環させておけば、その場でも十分な効果が得られるのです。

すのこを使っているなら、その上に立てかけて干すとよいでしょう。

また、立てかけることすら難しい場合には、大きめのタオルなどをマットレスの下に挟み、少し浮かせておくのがおすすめです。

風通しのよい部屋なら、下に空気が通り、湿気を除去することができるでしょう。

まとめ

マットレスは、毎日の睡眠を助けてくれる便利な寝具ですが、使い方を間違えると、すぐ劣化してしまいます。

そのため、正しい使い方は、常に意識しておくようにしましょう。

マットレスに負担をかけない使い方を心がけていれば、劣化を遅らせることができるので、寝心地の改善や腰痛の対策でも、常に高い効果を発揮してくれるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団