腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスを処分するタイミングを紹介! 廃棄するのは意外に難しい?

   

マットレスは購入したばかりの頃は、寝心地がよくても、利用していくうちに寝心地が悪くなっていきます。

そのような事になれば、身体に負担をかけたり、睡眠の質が低下したりするので、注意しなければいけません。

そこでマットレスを処分するタイミングや買い換える理由を説明します。

ただしマットレスを廃棄する事は意外に難しいので、その方法も紹介するので確認してみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスを処分するタイミング

マットレスは少しつづ、使用できなくなっていくので、どのタイミングで買い換えるべきか、頭をな悩ませてしまう所です。

そこでマットレスを買い換えるタイミングを説明するので、どのタイミングでマットレスを買い換えるべきか悩んでいる方は、確認してみて下さい。

マットレスのへたり

マットレスを利用していくに従って、背中や腰が痛く感じ始めたら、寝返りを打つ回数が少なくなっている場合があります。

なぜなら寝返りを打たなければ、同じ身体の部分が下のほうになっているので、圧迫される時間が長引いてしまうからです。

そのため、寝返りを打って、圧迫されている身体の部分を変える事が重要になります。

マットレスは利用していくうちに、へたってしまうので、寝返りを打つ事が難しくなっていくのです。

そのため、背中や腰が痛く感じ始めた時には、マットレスがへたっているのか確認してみて下さい。

マットレスの異音

マットレスにはコイルを利用している製品が多くあって『ポケットコイルマットレス』や『ボンネルコイルマットレス』などがあります。

このようなマットレスを利用している時に、異音が聞こえ始めたら、コイル(スプリング)が壊れかかっている可能性が高いです。

このような音が出始めてしまえば、体圧を分散する事ができなくなってしまうので、寝心地が悪くなります。

さらに音が気になって、途中で起きてしまう場合もあるのです。

そのため、異音が出るようになったら、マットレスを処分する事をおすすめします。

コイルが当たる場合

異音が出る場合には、寝心地が少し悪くなる程度で済みますが、コイルが身体に当たるようになった場合には、1日でも早くマットレスを買い換えて下さい。

なぜなら、本来であれば、マットレスはコイルが身体に当たらないように素材でカバーしているからです。

それが、身体にコイルが当たるという事は、素材が破けている状態なので、怪我をする危険性があります。

そのため、健康面の事を考えたら、できるだけ早くマットレスを処分したほうが良いのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスを買い換える理由

マットレスの寝心地が悪くなった場合に、1日でも早く処分したほうが良いのは『睡眠の質』が低下したり『腰痛』になったりする可能性が高くなるからです。

そこで、マットレスを買い換えない事で、睡眠の質と腰に、どのような影響を与えるのか紹介するので、見ていきましょう。

睡眠の質をキープ

マットレスがへたったり、コイルが身体に当たったりしたら、痛く感じてしまうので、睡眠の質が低下してしまいます。

そのような事になれば、睡眠時間を確保しても、睡眠不足に陥ってしまうのです。

私たち人間は、眠る事によって、身体の疲れを取っています。

そのためデスクワークをしている方で、肩や首を酷使している場合に、睡眠の質が低下したら、肩こりや首こりになる恐れがあるのです。

そのような事になれば、寝つきが悪くなってしまうので、早めにマットレスは買い換えたほうが良いです。

腰痛対策

マットレスがへたってしまえば、沈み込みやすい身体の部分は『腰』になります。

なぜなら腕や脚に比べて、腰は太くなっているので、重くなっているからです。

そのため、マットレスがへたったら、腰が沈み込んでいって、体圧が腰に集中しやすくなります。

そのような事になれば、腰痛になってしまう可能性が高くなるので、注意しなければいけません。

そのため、腰が痛く感じるようになったら、マットレスが劣化していないのか確認してみる事が重要です。

併用できるマットレスを購入

マットレスが劣化した場合には、新しいマットレスへ買い換えたほうが良いのですが、マットレスを処分する事は簡単ではありません。

もしも、マットレスを処分するのが面倒な方は、他の寝具と併用できるマットレスを購入する事をおすすめします。

実際に数多くあるマットレスの中には、厚みがあまりない商品で、他のマットレスを併用できる商品があるのです。

このようなマットレスを併用すれば、マットレスがへたった場合でも、寝心地をよくする事ができます。

マットレスを廃棄する方法

併用できるマットレスを利用すれlば、寝心地はよくなりますが、新品のマットレスだけを利用した場合に比べれば、寝心地が悪い場合があります。

そこでマットレスを処分する方法を紹介するので、マットレスが劣化して、どのように処分すれば良いのか、頭を悩ませている方は参考にしてみて下さい。

マットレスを解体

マットレスは大型サイズの寝具なので、燃えるゴミ袋や、燃えないゴミ袋に捨てる事はできません。

所が、マットレスを自分で解体すれば、燃えるゴミ袋と燃えないゴミ袋に分別して、捨てる事は可能です。

ただしマットレスを解体するには、それなりに道具を揃える必要がありますし、多くの時間や労力を必要とします。

そしてウレタンだけを採用しているマットレスであれば、あまり危険ではないのですが、コイルを解体する場合には手を切ってしまう可能性もあるので、注意して下さい。

マットレスを売却

マットレスがあまり劣化していない状態で、少し寝心地が悪くなった場合には、お店に売却する方法があります。

この方法であれば、出張買取してくれるお店もあるので、あなたはマットレスを全く移動させる必要がないので、気軽に廃棄できます。

もしもマットレスの状態が良ければ、お金をもらう事もできるので、そのお金で新しいマットレスを購入する際に利用する事もできるのです。

ただしマットレスの状態が少しでも悪ければ、買い取ってもらえない場合もあるので、マットレスの素材の状態や汚れなどには、気を付けて下さい。

ゴミ収集センター

マットレスを運んでくれる友達や家族がいる場合には、マットレスを『ごみ収集センター』まで運ぶ方法もあります。

ただしマットレスを運ぶ際には、ワゴン車のような大きい車でなければ運ぶ事が難しいので、注意しなければいけません。

もしもマットレスを廃棄する事まで考えるのであれば、折りたたみタイプのマットレスを購入する方法がおすすめです。

なぜなら、折りたたみタイプのマットレスであれば、コンパクトなサイズにする事ができるので、あまり大きくない車でも運ぶ事ができるからです。

マットレスを買い換えるケース

マットレスを廃棄する際には、多くの方が新しいマットレスを購入する事になります。

その時には、新しいマットレスを購入するお店で、いらなくなったマットレスを処分してくれるケースもあるのです。

これは、お店によって状況が違って、無料でマットレスを処分してくれる場合もあれば、格安の値段でマットレスを処分してくれるケースあります。

さらにはマットレスを処分してくれないケースもあるので、新しいマットレスに買い換える場合には、古くなったマットレスを処分してくれるのか確認してから、マットレスを買い換えたほうが良いです。

まとめ

マットレスを廃棄する事は簡単ではないので、多くの方はマットレスを買い換えるべきか、戸惑ってしまうでしょう。

しかしマットレスを買い換える時に、お店のほうで、古くなったマットレスを処分してくれる場合があるのです。

さらにマットレスがあまり劣化していない場合であれば、売却する事も可能なので、マットレスが劣化しないうちに買い換えてみる事を検討してみるのも悪くはありません。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団