腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスを安く処分するには?おすすめの4つの方法

   

マットレスを処分したいときは、廃品引取業者に依頼すると、自宅まで取りに来てくれるので、とても助かります。

ただし、料金が高いというデメリットがあるため、どうしても出費が大きくなってしまいます。

そのため、なるべく安く済ませたいときには、別の方法を考えなければなりません。

では、マットレスを安く処分するための方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

自分で解体する

マットレスを安く処分するために最もおすすめな方法は、自分の手でバラバラに解体し、普通にゴミ出しをするときに捨ててしまうことです。

こまかく解体してしまえば、それはもはやマットレスではなく、布の一部や金属のかけらになります。

それらを不燃物や可燃物にきちんと分別してしまえば、通常の家庭ゴミとして収集してもらえるのです。

この方法なら、お金は一切かからないため、費用を抑えたい人にはぴったりな方法になります。

解体するためにはカッターやハサミが必要になりますが、家の中に使えるものがあれば、わざわざ買ってくる必要はありません。

コイルが入ったマットレスだと、コイルを切るために金属カッターを購入しなければならないこともありますが、コイルのないマットレスであれば、まったくお金をかけずに処分することができるのです。

ただし、解体するための手間や時間が必要になる点には注意してください。

特に、そうした作業が苦手な人だと、なかなか思うように進めることができず、イライラしてしまうことがあります。

それでも、お金をかけたくないときは最適な方法になるので、作業の時間が多く確保できそうな人は、ぜひ試してみてください。

ポケットコイルに注意

ポケットコイルマットレスは、中に入っているコイルが個別に布で覆われています。

これは、ぐっすり眠るためには重要なポイントになります。

コイルがそれぞれ独立することで、しっかりと体にフィットするようになり、気持ちよく眠ることができるのです。

ところが、処分のために解体するときは、ポケットコイルがあると面倒になってしまいます。

独立したコイルをひとつひとつ取り出す作業が必要になるため、他のマットレスを解体するときよりも、かなり時間がかかってしまうのです。

そのため、忙しくて時間の確保が難しいようなときは注意してください。

とはいえ、お金がかからないことは確かなので、地道にコツコツと解体できるようであれば、挑戦してみる価値はあります。

無料で処分するためには、できるだけ解体する方法を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

リサイクルやオークションに出す

マットレスを安く処分するためには、リサイクルショップやネットオークションで売る方法があります。

この方法なら、費用がかからないどころか、お金が増えることになるので、とてもお得です。

オークションは登録料が必要になりますが、売れればその出費もカバーすることができます。

ただし、売って処分する方法は、基本的に難易度が高いので、確実性を求めるなら慎重に検討すべきです。

マットレスの買取というのは、よほど状態がよくなければ引き受けてもらえません。

汚れやスプリングの劣化などがなく、新品に近いマットレスならかなり期待できますが、状態が悪いものだと、買い取ってくれないことが多いのです。

というのも、誰かが寝ていた中古のマットレスは、なかなか売れないからです。

使用感のあるマットレスに寝ることは、どうしても抵抗があるため、汚れ方や劣化の具合が激しいものはまず売れません。

そのため、売って処分したいときは、まずマットレスの状態がどうなっているか確認してください。

あまり劣化しているようなら、諦めて別の方法を考えましょう。

オークションは面倒

マットレスを売るのは基本的に難しいとはいえ、リサイクルショップに比べると、ネットオークションの方は若干ハードルが低くなります。

ただし、ネットオークションはいろいろと面倒なことも多いので、初めてで不安な人は注意してください。

ネットオークションの場合、初めてならまず登録しなければなりませんが、慣れていないと戸惑うことが多く、かなり時間がかかることもあります。

また、取引相手とのやり取りも自分で行うことになるので、そこに抵抗を感じるようなら、あまりおすすめはできません。

ネットオークションで処分するなら、きれいな状態のマットレスを持っていて、なおかつ慣れている人が向いています。

買い替えるときに引き取ってもらう

マットレスをなるべく安く処分するなら、新しいものを買うときに引き取ってもらう方法もおすすめです。

無料で引き取ってもらえれば、出費は新品の購入代金だけで済みます。

普通ならそこに処分する費用もプラスされてしまうので、安く抑えるためにはよい方法です。

ただし、どの店でも無料というわけではないので、確認は必須になります。

店によっては処分料をとられることもあるので、安易に依頼したりせず、きちんと確かめてから行動するようにしてください。

とはいえ、処分料をとられたとしても、せいぜい2,000~3,000円くらいで済みます。

廃品引取業者の相場が10,000~15,000円であることを考えれば、かなり安い方なので、出費を抑えたいなら、ぜひチェックしておきましょう。

運んでくれる

買い替え時に引き取ってもらう方法では、新しいものが到着すると同時に、古いものを運び出してもらえるというメリットもあります。

それなら、自分で運ぶのが難しいときでも安心です。

また、スペースに余裕ができるというメリットもあります。

新しいものを買っても、古い方がまだ処分できない状態だと、かなりスペースを圧迫されてしまいますが、購入と処分が同時で、すぐ入れ替えを行うことができれば、何も問題はありません。

こうしたメリットに魅力を感じる人は、買い替えるときの処分をおすすめします。

粗大ゴミとして出す

マットレスを安く処分したいなら、粗大ゴミとして指定された場所に出し、自治体に任せる方法も考えてみてください。

この方法は、粗大ゴミシール、または粗大ゴミ券を購入しなければならないため、完全に無料というわけにはいきません。

しかし、出費はそれほど高額にはならず、1,000~2,000円で処分できることがほとんどです。

買い替えで引き取ってもらう方法より安く済む場合もあるので、出費を抑えるためには、なかなかよい方法になるのです。

無料でないという理由で、選択肢から外してしまうこともありますが、解体が難しいときや、売るほど状態がよくないときには役立つ方法なので、頭に入れておくことをおすすめします。

運搬は少し大変

粗大ゴミとして処分する方法は、安い代わりに、運搬が難しいというデメリットがあります。

指定された収集場所までは、基本的に自分で運ぶことになりますが、マットレスは大きいので、場合によっては大変な労力を使うことになってしまうのです。

特に、女性が一人で運ぶのはかなり困難なことも多いので、誰かの手を借りることができるか、あらかじめ確かめておくようにしましょう。

自分一人では難しくても、友人や家族が大きい車を持っていたりすると、楽に運搬できます。

まとめ

劣化したマットレスを処分して新しいものを購入するときは、できるだけ余計な出費を抑えたいものですが、よく考えずに方法を決めると、失敗してしまうことがあります。

安く処分するためには、ここで紹介した方法を参考にして、自分に最も合っているものはどれなのか、慎重に考えてみてください。

なるべくメリットが大きい方法で、お得に処分するようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団