腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスを床に敷いたときに困ることは?5つのデメリットと対策

   

マットレスは、基本的にはベッドで使うものですが、場合によっては、床に敷かなければならないこともあります。

そのときは、床に敷くことで発生するデメリットを、きちんと把握しておくべきです。

何も知らずにただ敷いていると、いろいろと困ることが出てきます。

では、マットレスを床に敷くときのデメリットについて、対策も含めて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

湿気でジメジメする

マットレスを床に敷いたときは、湿気がこもりやすくなってしまいます。

睡眠中は意外なほど多くの汗をかいており、多いときはコップ1杯に匹敵することもありますが、床に直接敷いたマットレスは、その湿気をいつまでもためこむことになってしまうのです。

これは、湿気の逃げ道が完全に塞がっていることが原因です。

ベッドの場合、きちんと通気性のよいものを使っていれば、マットレスの湿気をある程度逃がすことができます。

床板部分がメッシュになったものや、すのこベッドを使っていれば、汗による湿気が下から抜けていくのです。

ところが、フローリングの床などに直に敷いてしまった場合、そうした湿気の逃げ道はどこにもありません。

ひたすら中に蓄積されていくばかりであり、それを放置していれば、ジメジメとした不快なマットレスになってしまうのです。

特に、蒸し暑い夏の時期は、マットレスだけでなく、周囲の湿度も高いので、不快感がかなり強くなります。

このデメリットを解消するためには、床に直接敷くのではなく、下にすのこを入れるのがおすすめです。

すのこがあれば、マットレスの下に隙間ができるため、通気性のよいベッドを使ったときのように、湿気の逃げ道を確保することができます。

結露の湿気も

マットレスを床に敷いたときの湿気が多い原因は、通気性が悪さだけではありません。

床とマットレスの間で発生する結露も影響しています。

冷え切ったフローリングの床と、体温で温かくなったマットレスでは、かなりの温度差があるものです。

その温度差が多量の結露を発生させ、マットレスの湿気をさらにひどくしてしまいます。

したがって、「ジメジメする夏が過ぎたから安心」という油断は禁物です。

夏でも冬でも、マットレスを床に敷かなければならないときは、しっかり対策をしておきましょう。

そこでおすすめなのが、湿気を吸収してくれる除湿シートです。

除湿シートを敷いておけば、結露による余計な水分を吸い取ってくれるので、蓄積される湿気が少なくなります。

たっぷり吸収したあとは、乾燥させて何度も使うことができるので、冬の結露が気になるようなときは、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

嫌な臭いがする

マットレスを床に置いたときのデメリットは、ただジメジメして不快なだけではありません。

汗が染み込んで湿ったマットレスは、だんだん嫌な臭いがしてくることも多いのです。

そうなれば、とても気持ちよく眠ることはできません。

臭いが気になって睡眠を妨げられるようでは、しっかり熟睡できず、寝て起きたあともスッキリできないことが多いのです。

この問題を解決するためには、芳香剤を利用する方法がありますが、それはあくまでも臭いをごまかしているだけなので、根本的な解決にはなりません。

湿気の蓄積で臭いがしているなら、その湿気をきちんと取り除くようにしましょう。

そのためには、すのこで風通しをよくしたくらいでは不十分です。

臭いの発生を防ぐなら、定期的に干して、しっかり乾燥させるようにしましょう。

天日干しにて乾燥させておけば、湿気の蓄積がかなり抑えられるので、臭いがひどくなることはありません。

その場で干す

マットレスを干すといっても、あまりに大きいものや厚いものだと、簡単に移動させることはできません。

人手があれば可能だとしても、自分一人しかいない場合は、どうにもならないことが多いのです。

そんなときは、その場に立てかけて干すことをおすすめします。

マットレスを起こして、全体を空気に晒すようにすると、日当たりのよい場所まで移動させなくても、乾燥させることができます。

ただし、その場で干すのであれば、風通しをよくすることを忘れないでください。

閉めきった部屋の中に立てかけておいても、なかなか乾燥させることはできません。

干すときは、しっかりと窓を開けて換気を行ってください。

風通しのよい部屋の中なら、臭わないくらいにしっかりと乾燥させることができます。

色が変わる

床に直接敷いたときのマットレスは、多量の湿気により、だんだん変色してくることがあります。

汗による湿気がいつまでも中にこもるため、黄色いシミができてしまうのです。

それでも放置し続ければ、黄色を通り越して茶色になってしまい、「これを外に出して干すのか?」と頭を抱えることになったりします。

こうしたデメリットを防ぐためにも、やはり湿気の対策は必要です。

普段から通気性をよくして、ときどき干して乾燥させ、色が変わったりしないように、湿気の少ない状態を維持していきましょう。

それなら、湿気のたまりやすい床に敷いたとしても、ひどく変色するようなことはありません。

敷きパッドを使う

マットレスの変色を防ぐためには、湿気の蓄積を軽減するだけでなく、汚さないように使うことも大切です。

いくら湿気をとばしながら使っていても、やたらと汗が染み込むようでは、黄ばみを防ぎきれない可能性があるのです。

そこでおすすめなのが、敷きパッドをマットレスの上に重ねて、汗を吸い取る方法です。

吸水性の高い敷きパッドなら、マットレスに染み込む汗を吸収してくれます。

それに加えて、湿気対策もきちんと行っていれば、すぐに変色するようなことはありません。

湿気を取り除くだけでなく、汗もしっかり防いで、確実な対策をしていきましょう。

カビとダニの繁殖

床にマットレスを敷くときは、多量の湿気によって繁殖するカビとダニも問題になります。

ジメジメと湿った場所は、カビやダニが住むには最適な環境になってしまうので、何も対策をしないで床に敷いていると、どんどん増えていきます。

カビもダニも、ただ不潔なだけでなく、アレルギーを引き起こす原因になるものなので、健康を維持するためにも、必ず湿気を抑える工夫をしておきましょう。

対策としては、ここまで紹介してきたように、すのこを使ったり干したりする方法がおすすめですが、特に重要なのは、やはり定期的に干すことです。

しっかり乾燥させて、湿度を大幅に低下させておけば、カビやダニにとって住みにくい環境をつくることができます。

へたりやすくなる

床に直接マットレスを敷いたときのデメリットとしては、へたりやすいという、少し意外なものもあります。

マットレスがへたってしまったときは、荷重による影響を考えることが多く、実際に主な原因となってはいますが、湿気の蓄積による影響も、無視できない問題なのです。

湿気がたまりすぎたマットレスは、本来もっているはずの反発力がすっかり低下してしまいます。

すると、普段よりも体が沈みやすくなり、へたるのも早くなってしまうというわけです。

この対策としては、すのこや天日干し以外にも、裏表と上下を入れ替えてローテーションさせる方法がおすすめです。

それなら、裏面だけに湿気がこもる心配はなく、体重がかかる場所を分散させることにもなります。

湿気の蓄積と荷重の偏りを両方解決できる方法なので、ぜひ試してみてください。

まとめ

マットレスを床に敷くときは、ここで紹介したような多くのデメリットがあるので、しっかりと対策をすることを忘れないでください。

それを怠っていると、ぐっすり眠ることができず、睡眠不足になってしまいます。

通気性を確保したり、ときどき日に当てて干したりすることで、湿気がたまりやすい床に置いても、快適に眠ることができるのです。

とはいえ、デメリットが多いことは確かなので、可能であれば極力ベッドを使うようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団