腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスを洗う方法は?汚れを落とすための4つのポイント

   

マットレスの主な手入れの方法は、天日干しか陰干しで乾燥させることです。

とはいえ、干しただけでは、汚れを落とすことはできません。

乾燥させることはできても、目立つ汚れが残ってしまったのでは、気持ちよく使えなくなる可能性もあります。

しかし、正しい方法であれば、マットレスを洗うことも不可能ではないのです。

では、洗うためのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

綿のマットレスは水洗い

マットレスは、基本的に洗えない寝具として知られていますが、洗濯ができるかどうかは、中身の素材によります。

ほとんどのマットレスは洗うことができないので、干すことが何よりも重要な方法になりますが、もし中身が綿だった場合は、普通に水につけて洗うこともできるのです。

まず、浴槽に40℃のお湯をためて、洗濯用の中性洗剤を入れます。

そこにカバーを外したマットレスを入れ、念入りに踏み洗いをしていきましょう。

ただ干すだけだと、乾燥させることしかできませんが、この方法であれば、マットレスの汚れもしっかりと落とすことができます。

すすぎを忘れずに

綿のマットレスを踏み洗いするときは、洗剤を溶かしたお湯で洗ったあと、そのまま干してはいけません。

それだと、洗剤がかなり残った状態になってしまいます。

マットレスは吸水性があるので、染み込んだ洗剤が落ちにくくなってしまうのです。

汚れを落とすだけでなく、洗剤もしっかり落とすためには、一度洗ったあとで浴槽のお湯を流し、再びお湯だけをためてください。

そこにマットレスを入れて、もう一度踏み洗いをすると、洗剤をきれいに落とすことができます。

しっかり乾かす

マットレスを踏み洗いしたあとは、陰干しにして乾燥させるようにしましょう。

生乾きのまま使ったりすると、湿気でカビやダニが繁殖してしまうので、「これくらいでいいかな」といった油断は禁物です。

湿気が完全にとぶまで干して、しっかりと乾燥させてください。

ただし、いくら完全に乾かしたくても、乾燥機を使うのはNGです。

乾燥機はマットレスに大きなダメージを与えてしまうので、乾かすなら陰干しにして、自然に湿気をとばすようにしましょう。

カバーは洗濯機で

外したマットレスのカバーは、普通に洗濯機に入れることができるので、しっかり洗っておきましょう。

ただし、余計なダメージを与えないように、弱で洗ってください。

また、使用する中性洗剤も、デリケート衣類用のものを使うのがベストです。

優しく洗っておけば、劣化することはありません。

干すときも、中身と同じように乾燥機は避けて、陰干しにしてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

汚れを拭き取る

マットレスの中身が、ウレタンなどの洗えないものだった場合は、水につける方法は避けなければなりません。

洗えないものを無理に水につけたりすると、柔軟性や耐久性を大きく低下させてしまいます。

また、洗濯不可のマットレスは通気性も悪いので、大量の湿気が蓄積されてしまい、カビやダニが発生することも多いのです。

しかし、水で洗えないものだったとしても、汚れが落とせないわけではないので、心配することはありません。

水につけて洗えなくても、部分的に拭いて汚れを落とすことは可能です。

それなら、マットレスにダメージを与えることはないので、しっかりと長持ちさせることができます。

叩くように拭く

マットレスの汚れを拭き取るときは、中性洗剤を溶かしたお湯にタオルなどを浸し、固く絞ってから拭いていくことになります。

ただし、ゴシゴシと力を入れて擦らないようにしてください。

汚れを拭き取るとなると、そのような拭き方の方が汚れを落としやすそうですが、自際には、無駄に広げることになってしまいます。

また、あまり力を入れる方法だと、マットレスの表面に加わるダメージも気になるとことです。

マットレスを劣化させずに、なるべくきれいに汚れを拭き取るためには、普通に擦るのではなく、トントンと優しく叩くようにしましょう。

その方法なら、汚れを広げずに処理することができます。

強い摩擦も起こらないので、劣化を早めてしまう心配もないのです。

洗剤も残さず拭き取る

水洗いをするときは、すすぎをしっかり行うということを説明しましたが、洗剤を落とす作業は、拭くときも必要になります。

とはいえ、水をかけることができないマットレスだと、洗い流すわけにはいきません。

そのときは、洗剤を溶かしていない普通のお湯を用意して、もう一度拭くようにしましょう。

つまり、汚れを落とすために拭いたあとは、洗剤を落とすためにもう一度拭けばよいのです。

洗剤の成分を丁寧に拭き取り、それから干して乾かすようにしましょう。

クリーニング業者に依頼する

マットレスの汚れを落とすには、自分で洗うのではなく、クリーニング業者に頼んで洗ってもらう方法もあります。

あまり汚れがひどいようなときは、自力ではどうにもならないことが多いので、無理をせずプロの手を借りましょう。

業者に頼む方法だと、どうしても出費が気になるところではありますが、効果は抜群です。

なにしろプロの技術なので、驚くほどきれいに仕上げてくれます。

しかも、単純に汚れを落とすだけでなく、カビやダニの除去などもすべて行ってくれるので、クリーニングのあとは、とても気持ちよく使うことができるのです。

お金がかかるので、あまり頻回に利用するわけにはいきませんが、自分でできないときなど、困ったときはときどき頼んでみてください。

時間を確保するなら宅配で

クリーニング業者に頼むといっても、家まで出張してもらう方法だと、家事のための時間が少なくなる可能性があります。

洗浄してしっかり乾燥させるまでには、だいたい3時間くらいはかかるものです。

その間、業者の人がずっと家の中にいることになるので、普段通りに家事ができなくなることはよくあります。

この問題を解決するには、宅配クリーニングがおすすめです。

マットレスを業者に送る方法なら、家に人が来ることはないので、時間がなくなる心配はありません。

宅配だと、洗ったものが届くまでに1週間くらいかかってしまうこともありますが、時間を削られたくないときは、ぜひ利用してみてください。

洗う前に必ず確認する

マットレスの汚れを自分で落とすときは、そのマットレスがどんな洗い方に対応しているのか、必ず確認するようにしましょう。

水洗いできるものなら浴槽で踏み洗いができますが、そうでないものは、優しく叩くように拭いて落とすしかありません。

もし確認を怠った場合は、洗えないものを水につけてしまうこともあるのです。

また、水につけた方がきれいになるものを拭いてしまい、「なかなか落ちないな」と悩んでしまうこともあります。

そのマットレスに適した方法で汚れを落とすためにも、事前の確認はしっかり行ってください。

何が洗えるのか

マットレスの洗い方を確認するときは、水洗いができるかどうか見るだけでは不十分です。

本当に大切なポイントは、「何を洗えるか」ということになります。

というのも、洗えることをアピールしているマットレスでも、実際には中身を洗えないものがあるからです。

そのような商品の場合、洗えるのはカバーだけであり、あとは普通に拭くことしかできません。

したがって、「洗える」という一点だけに注目するのではなく、カバーが洗えるのか中身が洗えるのか、しっかり見極めるようにしましょう。

マットレスの汚れを落とそうとしたときは、この点を見落として失敗することがよくあるので、十分注意してください。

まとめ

マットレスの基本的な手入れは干すことですが、長く使っていくためには、汚れを落とす方法も知っておくようにしましょう。

汚れを見つけたら、洗えるものは水につけて洗い、そうでないものは丁寧に拭いて、しっかりと汚れを落としてください。

ここで紹介したポイントを押さえて、正しい方法で対処すれば、マットレスを常に清潔な状態で使うことができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団