腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスを陰干しにする際の注意点は?  気をつけたい5つのポイント

   

マットレスの湿気をできるだけ少なくして、劣化を遅らせるためには、しっかりと干すことが大切です。

ただし、マットレスの中には、日光で逆に劣化が早まるものもあるので、すべてを天日干しにできるわけではありません。

日光に弱いマットレスを乾燥させるなら、日陰で陰干しにしてください。

ここでは、陰干しをするときの注意点について説明していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

換気をする

マットレスを初めて陰干しにするときは、どうしても気になってしまう点があります。

それが、「日が当たらない場所で本当に乾くだろうか」というということです。

日光に当てれば乾燥はどんどん進みますが、薄暗い日陰では、その効果ががっくりと落ちるように感じてしまうのです。

確かに、その日陰の環境によっては、うまく乾かせないこともありますが、しっかりとポイントを押さえておけば、陰干しの効果が妨げられることはありません。

マットレスを日陰できっちり乾燥させるためには、「換気をする」というポイントを忘れないようにしてください。

陰干しをするときは、風通しのよさが必要不可欠になります。

まったく空気が流れない密閉された部屋の中では、マットレスを乾かすことはできません。

しかし、風が通り抜ける場所であれば、日陰であっても湿気をとばすことが可能になるのです。

日光を使わずに乾燥させるのであれば、そのような乾きやすい環境を整えておくようにしましょう。

その場で干すなら特に重要

マットレスは基本的に大きいものなので、移動させることが難しい場合もあります。

一人で運ぶことができないものは、その場に立てかけて干す方法が一般的ですが、そんなときは、必ず換気を行うようにしてください。

もともと空気の流れがある場所に移動させるのであれば、特に換気を気にする必要はありませんが、寝室でそのまま干すとなれば、きちんと準備をする必要があります。

空気の流れがある環境でないと、マットレスはなかなか乾きません。

また、閉め切った寝室の中には、湿気がこもっていることも多いので、ただ立てかけておいただけでは、あまりよい効果が得られないのです。

寝室から移動させずにマットレスを乾燥させるためには、窓を開けて換気を行い、部屋の中に新鮮な空気を入れるようにしましょう。

そうすれば、空気の流れの中にマットレスを置くことができ、こもった湿気も外へ逃がすことができます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

叩かない

マットレスを干すときは、布団叩きを使い、大きな音を出して叩くことがあります。

しかし、その方法はよくありません。

マットレスを強く叩きすぎると、余計なダメージを加えることになり、劣化を早めてしまうおそれがあるのです。

強い衝撃を与える行為を繰り返していると、マットレスが凹みやすくなります。

劣化を防ぐためにこまめに陰干しをしたつもりでも、そのたびにバシバシと叩いていたのでは、劣化を抑えるどころか、どんどん進ませる結果になってしまうのです。

すっかり凹んでしまった場合は、寝たときの姿勢が悪くなり、腰痛のリスクを高めてしまうため、長く使い続けることはできません。

寝具を干すときに強く叩くことは、昔なら普通のことであり、多くの人が当たり前に行っていましたが、現在では避けるべき方法になっています。

軽くホコリを落とす程度なら構いませんが、周囲に音が響くほど強く叩くのはやめてください。

優しく丁寧に扱っていれば、干すことで劣化を早める心配はありません。

掃除機をかける

マットレスを強く叩きたくなる理由としては、「ホコリやダニなどをきっちり落としてしまいたい」というものがありますが、本当にそれらを取り除きたいのであれば、叩くよりも掃除機を使うことをおすすめします。

掃除機でマットレスの表面を吸う方法なら、無駄なダメージを与えずに汚れを除去することができるのです。

また、ダニの糞や死骸をきれいに吸い取ってしまうためにも、効果的な方法になります。

マットレスにダニが発生していた場合、糞や死骸も多く付着していることになりますが、それを叩いて落とそうとしても、なかなかうまくいきません。

落とすどころか、表面に浮き上がらせてしまったり、細かく砕いてしまったりするため、余計に体内に入りやすい状態になってしまうのです。

しかし、掃除機ならそのようなデメリットを回避することができます。

ダメージを抑え、常に清潔な状態で使うためにも、叩かずに掃除機を使ってみてください。

周囲のものを片づける

マットレスを陰干しにするときは、いきなり持ち上げるのではなく、まずは片付けから始めることをおすすめします。

ベッドの周囲にあるものをどかしておかないと、思わぬ事故が発生する可能性があるのです。

例えば、マットレスを動かした拍子に目覚まし時計が落ちたりすると、ひびが入ってしまうことがあります。

それがお気に入りの時計だった場合、かなりショックを受けることになってしまいます。

また、ベッドで読書をするために設置したナイトランプが、マットレスが動いたことで倒れ、壊れてしまうこともあるのです。

その他にも、マットレスを動かしたことで落ちそうなものがあるときは、十分注意してください。

大切な写真を入れた写真立てや、寝る前に飲んでいた飲み物の缶やビン、その中身を注いだコップ、寝る前の読書に使う本、携帯ゲーム機など、ベッドの近くに置きたいものは、人によって違いがあるものです。

いずれにしても、乱暴に扱いたくないものがあるなら、何の準備もせずにマットレスを動かすべきではありません。

壊したくないものを確実に避難させて、それから干すようにしてください。

マスクを用意する

マットレスを風通しのよい場所に運んだり、その場に立てかけたりするときは、どうしてもホコリが出てしまうものです。

それをもろに吸い込んだりしないためには、マスクを使うことをおすすめします。

マスクをかけていれば、マットレスを大きく動かすときでも、ホコリを吸い込んだりすることはありません。

むせてしまったり、くしゃみが止まらなくなったりしないように、しっかり対策をしてください。

特に、ハウスダストなどのアレルギーをもっている人は、発作を起こさないためにも、忘れずに用意しておきましょう。

雨の日は避ける

マットレスを乾燥させるのであれば、できるだけ晴れた日を選ぶようにしてください。

陰干しの場合、ベランダに出す必要がないため、「天気はたいして関係ないだろう」と考えてしまうこともありますが、油断してはいけません。

雨が降っているときは、たとえ窓を開けていなくても、部屋の中の湿度が上がります。

壁や天井を通り抜けて湿気が入り込んでくるため、どうしても普段よりジメジメしてしまうのです。

そのため、雨の日は乾燥には向いていません。

陰干しであっても、外の天気をよく見て、晴れた日に行うようにしましょう。

換気はしっかり行う

雨の日は湿度が上がるため、何もしないでいると、マットレスが多くの湿気を吸収してしまいます。

あとで干せば乾かすことはできますが、たっぷり湿気を吸った状態よりは、もとから少ない方が乾きやすいので、できるだけ湿気の増加は抑えておきたいものです。

そのためには、雨の日でも換気を行うようにしましょう。

風が強かったり、バケツをひっくり返したような豪雨だったりしなければ、少し換気をした方が、湿度を下げることができます。

閉め切っていると余計ジメジメするので、乾燥しやすくするためにも、換気して湿気を軽減しておきましょう。

まとめ

日光に弱いマットレスの湿気をとばすには、陰干しをすることが、とても効果的な方法になります。

ただし、陰干しをする時は、ここで紹介したポイントをしっかり押さえておきましょう。

換気をしなかったり、強く叩いたりすると、余計なデメリットを発生させることになります。

それを防ぎ、しっかりと乾燥させるためにも、常に正しい方法で干すようにしてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団