腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレス ダブル ピロートップを紹介!2つの魅力が凝縮?

   

ポケットコイルマットレス ピロートップ ダブル 高密度 コイル数682 厚み22cm 通気性 体圧分散 圧縮梱包 アイボリー

良質な睡眠を確保したくて、身体に合うマットレスを購入したいと思う方は多いでしょう。

しかし柔らかいマットレスと体圧分散のマットレスには一長一短あるので、どちらのマットレスを購入すれば良いのか悩む方は多いはずです。

そこでおすすめしたいのが『マットレス ダブル ピロートップ』です。

このマットレスは柔らかさと体圧分散を両立させる事に成功しているので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

柔らかさと体圧分散を共有?

マットレス ダブル ピロートップが、柔らかさと体圧分散を両立する事に成功したのは『ピロートップ』と『ポケットコイル』を採用しているのが大きく関係しています。

そこで寝心地の良いマットレスを探している方のために、このピロートップとポケットコイルについて紹介するので、見ていきましょう。

ピロートップの柔軟性

ピロートップマットレスは、数多くの高級ホテルで採用されているほど人気の高いマットレスです。

その理由は、身体を優しく包み込むように感じられるほど柔らかくなっているからです。

マットレス ダブル ピロートップは、そのようなピロートップを採用しているので、柔軟性のあるマットレスを実現しました。

実際に柔らかいマットレスが好きな方にとって、ピロートップを採用しているのは魅力的なポイントと言えるでしょう。

ポケットコイルで体圧分散

ポケットコイルとは独立した形状をしている素材なので、ポケットコイルを採用しているマットレスは、体圧を分散する事ができます。

そしてポケットコイルを採用している場合には『交互配列』と『並行配列』があります。

交互配列とは、コイルをずらして配列しているので、隙間が少ないので身体が沈み込みづらくなっているのです。

並行配列とはコイルを整列させるように配列するので、隙間は多くなっているので、交互配列より身体が沈み込みやすい可能性があります。

ただし並行配列はコイル同士があまり密着していないので、独立性が優れている上に、通気性が良いという面もあります。

それぞれ一長一短ありますが、どちらとも優れている配列と言えるでしょう。

そしてマットレス ダブル ピロートップは、並行配列を採用しているので、交互配列より並行配列のほうが気に入った方は、マットレス ダブル ピロートップはおすすめです。

2つの素材を共有

体圧分散していれば、身体があまり沈み込まないのですが、硬いように感じてしまう場合があります。

そこでピロートップマットレスは、ピロートップとポケットコイルを共有する事によって、柔らかさと体圧分散を共有する事に成功したのです。

柔らかいマットレスと体圧分散にはメリットやデメリットがあるので、2つの素材を共有した事によって、ピロートップマットレスはデメリットの少ないマットレスとして完成しました。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

柔らかいマットレスの特徴

柔らかいマットレスについて詳しく知らない方は、そのメリットやデメリットがよく分からないでしょう。

そこで柔らかいマットレスのメリットやデメリットを紹介するので、それが分かればピロートップマットレスを利用する重要性が分かるはずです。

腰にかかる負担

柔らかいマットレスを利用していたら、身体がマットレスに沈み込んでしまいます。

その沈み込む所が好きな方には意外に思うかもしれませんが、身体が沈み込んでしまえば、腰や背中に大きな負担をかけてしまいます。

なぜなら体圧が背中や腰に集中してしまうので、身体が痛く感じてしまう原因になるのです。

そのため、柔らかいマットレスを利用する事によって、腰痛になってしまう可能性さえあるのです。

寝心地の良さ

柔らかいマットレスを利用していたら、優しく身体を包み込んでくれるように感じるので、リラックスできるうに感じます。

そのため、1日の疲れを取りたいと感じている方には、柔らかいマットレスを利用するメリットは大きいです。

さらに柔らかいマットレスを利用すれば、身体が沈み込むのでマットレスには熱がこもりやすくなります。

そのため寒い冬場の季節では暖かく感じられる可能性もあるので、暖かく寝たい方には、嬉しいポイントでしょう。

寝返りが打ちづらい?

柔らかいマットレスを利用して身体が沈み込んでしまえば、寝返りを打ちづらくなります。

なぜなら、寝返りを打つ場合には、身体を横方向に転がすからです。

そのため身体が沈み込みやすいマットレスで、寝返りを打つという事は、自転車で坂道を登っていくようなものでしょう。

寝返りを打ちづらくなって、仰向けの状態が長く続いてしまえば腰や背中が下のほうになってしまうので、腰や背中を痛めてしまうのです。

体圧分散のメリット

体圧分散にもデメリットもあれば、メリットもあります。

そこで体圧分散を知らない方のために、どのようなデメリットやメリットがあるのか紹介するので確認してみて下さい。

硬いマットレス

体圧分散するマットレスは、身体が沈み込まないので硬いように感じてしまいます。

そのため、柔らかいマットレスを利用している方にとって、大きなデメリットになるのです。

さらに腰痛になっている方が硬いマットレスを利用していたら、腰が痛く感じてしまう場合もあります。

そのため、柔らかいマットレスが好きな方は体圧分散できるマットレスには注意しなければいけません。

身体にかかる負担を軽減

体圧分散できるマットレスは、身体があまり沈み込まないので、身体にかかる負担を軽減できます。

少し矛盾するようですが、身体があまり沈み込まなければ、腰や背中にかかる負担を軽減できるので腰痛の方にはおすすめです。

そのため、腰痛の方は硬いマットレスを利用して、腰に痛みを感じないようであれば体圧分散できるマットレスを利用したほうが良いのです。

さらに身体があまり沈み込まなければ、寝返りを打ちやすいというメリットもあります。

マットレス ダブル ピロートップの口コミ

マットレス ダブル ピロートップは柔らかさと体圧分散を両立していますが、多くの方は「本当に、そのような事が可能なのだろうか」と半信半疑でしょう。

そこでマットレス ダブル ピロートップを利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

否定的な口コミ

マットレス ダブル ピロートップを利用している方で、マットレスが柔らかいように感じて、腰が痛くなってしまう方がいました。

この辺りは体圧分散が上手く機能しなかったという事なのでしょう。

その他に、マットレス ダブル ピロートップを利用していたら、マットレスがへたってしまうケースもありました。

マットレスは長い間に渡って利用していたら、へたってしまう場合があります。

しかし、このような口コミがあるという事は、マットレス ダブル ピロートップはあまり耐久性が優れていない可能性があるので注意したほうが良いでしょう。

好意的な口コミ

マットレス ダブル ピロートップを利用している方で、柔らかく感じられて満足しているケースがありました。

このようにマットレス ダブル ピロートップは体圧分散できるようになっていますが、柔らかく感じてしまう方が、多かったのが現状でした。

しかし、この方は一緒に利用していた方が寝返りを打っても、あまり響かない所も満足していたのです。

そのため、体圧分散が全く機能していない訳ではありません。

そのような事を考えたらマットレス ダブル ピロートップは、柔らかさと体圧分散が、ある程度まで両立しているマットレスと言えます。

まとめ

マットレス ダブル ピロートップは、柔らかさと体圧分散を両立しているので、多くの方にとって魅力的に見えるマットレスでしょう。

ただし体圧分散が機能しても、柔らかいマットレスなので、身体が沈み込んでしまう利用者が何名もいました。

そのため、柔らかいマットレスを利用したら、腰が痛くなってしまう方は注意した方が良いでしょう。


人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団