腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マニフレックス マットレス フラッグFXの魅力や注意点などを紹介

   

私たち人間は眠る事によって疲れを取る事ができますが、マットレスで横になって眠っても、疲れがあまり取れなくて悩んでいませんか?

実はマットレスの中には、寝心地の良い物から、悪い物まであるので、あまり疲れが取れないマットレスもあるのです。

そこで、おすすめしたいのが『マニフレックス マットレス フラッグFX』です。

このマットレスは寝心地がよくなっているので、疲れを取りやすくなっていますが、注意すべきポイントもあるので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マニフレックス マットレス フラッグFXの魅力

本製品には魅力的なポイントが4つあって、それが、体圧分散・ソフトな使用感・極厚タイプ・三層構造などです。

この4つのポイントがあるお陰で、本製品は寝心地がよくなっているので、眠っても疲れをあまり取れない方のために、詳しく紹介するので見ていきましょう。

体圧分散

マットレスを選ぶ際には『体圧を分散』できる物を選ぶ事が重要になります。

なぜなら体圧を分散できないマットレスを利用したら、重くなっている腰や背中が沈み込んでしまう事から、体圧が集中しやすくなるからです。

そのような事になれば、腰や背中が痛く感じてしまうので、睡眠の質が低下してしまいます。

睡眠の質が低下したら、睡眠不足に陥ってしまうので、疲れが溜まりやすくなってしまいます。

そこで本製品は『エリオセル』と呼ばれている高反発フォームを採用する事によって、体圧を分散できるようになっているのです。

そのため、腰や背中の沈み込みを抑える事ができるので、寝心地がよくなっています。

ソフトな使用感

本製品の表面部分の硬さは『70N』になっていて、柔らかいマットレスになっています。

この70の『N』はニュートンと呼ばれていて、Nの数値が大きいほどマットレスが硬くなっている事を表します。

実際にハードなマットレスの中には、200N近い数値を誇っている物まであるのです。

そのため、本製品は70Nしかないので、ソフトなマットレスが好きな方であれば、満足できる可能性が高いです。

三層構造

本製品は70Nなので、柔らかいマットレスになっていますが、実は柔らかいマットレスには大きなデメリットがあります。

それはマットレスが柔らかくなっていれば、身体が沈み込みやすい事から、睡眠の質が低下してしまう場合があるのです。

そこで、本製品は表面と裏面が70Nになっていて、中央部分のエリオセルは170Nになっているのです。

そのため、本製品は身体をしっかりと支える事を可能にしている上に、柔らかい使用感を実現できました。

極厚タイプ

体圧を分散できるマットレスでも、腰や背中が痛く感じてしまうケースがあって『ボリューム』の足りない場合が挙げられます。

なぜならボリュームが足りなければ、背中や腰が少し沈み込むだけで、底つき感がある事から、背中や腰が痛く感じてしまうからです。

所が本製品は、マットレスの厚みが22cmをある事から、底つき感があまりないのです。

実際に、メーカーがボリュームのあるマットレスをアピールしている商品は、厚みが8cmを超えたものが多くなっています。

それを考えたら本製品は極厚タイプのマットレスなので、ボリュームの足りないマットレスを利用して、寝心地が悪い場合には、本製品はおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝返りを打ちやすいメリット

本製品は体圧を分散できる事から、寝返りを打ちやすくなっています。

実は寝返りを打つ事によって、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、どのようなメリットを得る事ができるのか紹介するので、それが分かれば本製品を利用する重要性も理解できるはずです。

圧迫感を緩和

体圧を分散できるマットレスの場合では、身体があまり沈み込まないので、隣の位置があまり高くなっていないので、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっています。

そのため、仰向けになっている時間があまり長引く事がないので、身体にかかる負担を軽減できるのです。

なぜなら仰向けになっている時には、腰や背中が下のほうになっているので、仰向けになっている時間が長引いたら、腰や背中を圧迫するので注意しなければいけません。

そのため、本製品を利用して寝返りを打つ事によって、圧迫感を緩和する事を期待できます。

血行を促進

寝返りを打つ事が難しくなれば、同じ姿勢で眠り続ける事によって、身体に疲労が溜まりやすくなってしまいます。

なぜなら私たち人間は、同じ姿勢を続けていたら、筋肉が緊張状態に陥ってしまう事から、身体の中で疲労物質が溜まってしまうからです。

実際にデスクワークの方たちは、同じ姿勢を続けているので、肩に疲労物質が溜まって、肩こりに悩まされてしまうのは、同じ原理です。

そのため、寝返りを打つ事によって、血行を促進できたら、あまり疲労物質が溜まらないようになります。

注意すべきポイント

本製品は寝心地がよく感じられるように作られていますが、いくつか注意すべきポイントがあります。

そこで本製品を購入してから後悔する事がないように、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので、確認してみて下さい。

圧縮パック

マットレスのような大型サイズの家具の場合には、自宅の玄関から搬入できないケースがあります。

所が、本製品は『圧縮パック』で、コンパクトなサイズになっている事から、それほど広くない玄関でも搬入する事ができるのです。

ただし圧縮パックから本製品を開封した後は、角などをしっかりと揉みほぐす必要があるので注意して下さい。

そして圧縮パックから開封した後は、元に戻す事ができないので、再びコンパクトなサイズにできないので気を付けて下さい。

湿気対策

私たち人間が眠っている時は、多くの寝汗をかいてしまって、その量はコップ一杯分に相当します。

なぜなら、布団をかぶっている事から体温が上昇しやすい事が大きく関係しているからです。

そのため、マットレスは多くの寝汗が染み込んでしまう上に、体温によって熱がこもりやすくなってしまいます。

そのような理由がある事から、マットレスは湿気が溜まりやすいので、定期的にマットレスを立てかけて湿気対策を講じる必要があるのです。

ただし本製品は、22cmも厚みがあるので、重量が約26kgもあるので注意して下さい。

高額なマットレス

本製品は様々な素材を採用している事から、コストをかけられています。

そのため、本製品は、楽天市場では送料無料ですが、税込価格141,429円もするのです(2018年2月16日時点)。

本製品はダブルサイズのマットレスですが、実は日本で販売されているダブルサイズのマットレスの中には、10,000円以下で販売されている物もあるのです。

そのため、値段の安いダブルサイズのマットレスを探している方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討してみて下さい。

利用者たちの満足度

本製品は魅力的なポイントが多くても、高額なマットレスになっていたので、購入するべきか悩んでしまったでしょう。

所が、本製品を利用している多くの方たちは、このマットレスについて満足していたのです。

実際に本製品は三層構造になっている事から、適度な硬さになっていて満足しているケースがありました。

そのため、硬すぎるマットレスが苦手な方だけではなく、柔らかすぎるマットレスが苦手な方にも本製品はおすすめです。

さらに本製品はボリュームがある所を気に入っている方もいたので、この辺りも本製品が高い人気を集めている秘密です。

まとめ

本製品はマットレスの厚みが22cmもあるので、底つき感があまりないので、寝心地がよくなっています。

ただし重量が約26kgもあるので、マットレスを立てかける事は簡単ではありません。

そのため可能であれば、本製品で湿気対策を講じる際には、家族の方たちと一緒に立てかけたほうが良いです。

このように注意すべきポイントはありますが、体圧を分散できるので、睡眠の質をキープしやすいのは本製品の大きな魅力です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団