腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ママと赤ちゃんが一緒に入れる入浴剤と気を付けるべき点とは!?

   

ヴェレダ カレンドラ ベビーバスミルク (浴用化粧料)

沐浴期間が過ぎ、ついに赤ちゃんと一緒に入浴できる!

そんな時に疑問に思うことの一つに、入浴剤があります。

入浴剤は体が温まったり、保湿効果が期待できたりと積極的に取り入れていきたいものの一つです。

そこで赤ちゃんとのバスタイムにも使える入浴剤の選び方や注意点、おすすめの入浴剤をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

赤ちゃんの肌

入浴剤を選ぶ前に、まず赤ちゃんのお肌の特徴について知る必要があります。

赤ちゃんの肌はとってもデリケートです。

大人に比べてバリア機能が弱く、ホルモンの分泌が十分ではないため乾燥しがちです。

そのため大人には何でもない成分でも、生後間もない赤ちゃんにとっては刺激となってしまい、肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

だいたい赤ちゃんのお肌の状態が安定してくるのは生後3ヶ月頃からと言われていますので、使用可能な月齢をメーカーが表示している入浴剤以外の使用は、生後3ヶ月になってからが安心です。

入浴剤を使用する時は、赤ちゃんのお肌のことを第一に考え、使い始める時期や成分を考慮して選ぶことが大切なのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

入浴剤を使うメリット

では入浴時を使うメリットはどこにあるのか、何点かご紹介したいと思います。

保温効果

まず保温効果があげられます。

特に寒い季節、お風呂で温まっても体はすぐに冷えてしまいます。

赤ちゃんは体が小さくすぐに全身冷えてしまうので、そのまま風邪をひいてしまうこともあります。

入浴剤で体を温かく保つことで、風邪予防にも繋がるのです。

保湿効果

保湿効果も期待が出来ます。

入浴剤には保湿成分が入っているものが多く、お肌をしっとりとさせてくれます。

特に赤ちゃんのお肌は乾燥しがちなので、保湿効果の期待できる入浴剤を使うことで乾燥を防ぐことが出来るのです。

肌質改善

赤ちゃんの肌荒れが目立つときに、肌の状態に応じた入浴剤を使うことで症状を改善させる効果が期待できます。

ただ入浴剤の成分やお肌の状態によっては悪化することもあるので、病院の先生に相談してから使うことをおすすめします。

入浴剤を使う上での注意点

では入浴剤を使用する上での注意点についてもまとめてみました。

刺激の強いものを避ける

赤ちゃんのお肌は大人よりもデリケートなので、入浴剤によっては赤ちゃんの肌に負担をかけてしまいます。

そのため添加物の入っていない低刺激な物や「赤ちゃんでも使える」と「適用月齢」が明記されている入浴剤を選ぶことが大切です。

また入浴剤の香りはリラックスするためにも効果的ですが、香りの強いものは赤ちゃんにとって刺激が強すぎます。

香りを楽しみたい場合には、ハーブなど天然由来の自然な香りの入浴剤を選ぶと良いです。

赤ちゃんに刺激の強い入浴剤の例として、メントールが入ったもの・発汗作用が高いもの・炭酸が入ったもの・香りが強いものになります。

これらに注意して入浴剤を選ぶことが大切です。

使用期限を守る

もったいないと開封してから何年も経過した入浴剤を持っていませんか。

入浴剤は開封してからしばらくたつと、成分が変質してしまうことがありますので、使用は控えましょう。

入浴剤のボトルにはたいてい使用期限がかかれているので、そちらをチェックしておくことが大切です。

余ってしまった場合は、小分けの袋などに入れて密閉して保存しましょう。

誤飲事故に気を付ける

赤ちゃんは面白がって、お風呂のお湯を飲んでしまうことがあります。

入浴剤の表示を見ると、「万が一お湯を少量飲んでしまっても問題はない」と書かれていますので、大量に飲んでしまった場合意外はしばらく様子を見て、嘔吐などの異常があるようであれば医者さんに相談をしましょう。

ただお風呂のお湯を飲むことは衛生的には好ましくないので、やはり注意をして誤飲させないようにすることが大切です。

ヌメリに気を付ける

入浴剤の成分によっては、湯船の中や洗い場が滑りやすくなってしまうことがあります。

特につかまり立ちやハイハイができるようになった赤ちゃんと入浴するような場合は、転倒事故を防ぐためにも目を配って気を付けてあげる必要があります。

またお湯が濁るタイプの入浴剤は、湯船の足元が見えにくくなってしまいます。

そういったタイプの入浴剤は、にごり防止に量を控えて使うのも良いでしょう。

湯船の温度に気を付ける

湯船のお湯の温度には気を付ける必要があります。

お湯の温度を自動設定していたとしても、上の方が熱く、底の方がぬるくなっていることがありますので、赤ちゃんを入れる前には一度かき混ぜておくことが大切です。

もし赤ちゃんをお湯に入れた瞬間に泣くという場合は、お湯を熱く感じている場合があるので必ずお湯の温度を計ってから入れるようにしましょう。

おすすめの入浴剤

それでは赤ちゃんと一緒に入れるおすすめの入浴剤についてご紹介したいと思います。

カレンドラ ベビーバスミルク

ヴェレダ カレンドラ ベビーバスミルク (浴用化粧料)

ヴェレダはオーガニックコスメで有名なスイスのメーカーです。

そのヴェレダが助産師さんと共同開発した入浴剤が、カレンドラ ベビーバスミルクなのです。

キク科の植物カレンドラの花のエキスが含まれており、肌荒れや敏感肌のケアに長年愛用されています。

優しいハーブの香りがママも赤ちゃんも癒してくれます。

お値段は少し高めの3,024 円ですが、品質も効果も高いので安心して入浴剤を使いたいという方にはおすすめです。

花王 キュレル入浴剤

キュレル 入浴剤 本体 420ml

こちらは化粧水やボディケア用品でも有名なキュレルです。

キュレルの入浴剤は、弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリーとお肌にとても優しいものになっています。

またうるおい成分が浸透することで、赤ちゃんのお肌をしっとりと潤してくれ肌荒れや湿疹などの肌トラブルにも効果的です。

お値段は税込価格で1,080円とお手頃で買いやすいのも嬉しいポイントです。

華密恋 薬用入浴剤

華密恋薬用入浴剤 400ml

こちらは、独自の製法で抽出したカミツレエキスを100%配合した薬用入浴剤になります。

配合されているカミツレエキスが、肌の保湿や湿疹、冷えなどに効果があると言われています。

また着色料や香料などの余計なものが一切入っていないので、赤ちゃんにも安心して使うことが出来ますよ。

お値段は2,376円ですが、大容量の詰め替え用もあるので、長く使い続けたい場合にはおすすめの入浴剤です。

ピジョン BABY BATH

ベビー沐浴料 500ml

あのベビーグッズで有名なピジョンの入浴剤です。

こちらは0か月から使える赤ちゃん用の入浴剤になりますので、新生児からでも使うことが可能です。

湯船から上がった際のすすぎや上がり湯が必要ないので、時間のないママ達におすすめです。

また弱酸性で無着色に加え、ぬるつきがないのですべらず安心して赤ちゃんを沐浴させることが出来ます。

お値段も1,057円と手ごろで買いやすいのもポイントが高いです。

バスクリン 薬用ソフレ ベビーバスエッセンス

薬用ソフレ ベビーバスエッセンス 500mL 入浴剤 (医薬部外品)

こちらは弱酸性で低刺激、無香料、無色素、ノンアルコールに加え、肌のうるおいを保護してくれる成分が配合された赤ちゃんの肌には嬉しい入浴剤です。

なにより623円と非常にコストパフォーマンスが高く、使い続けやすい入浴剤です。

赤ちゃん用入浴剤初心者はこちらから試してみてもいいかもしれません。

まとめ

このように大人に比べお肌がデリケートな赤ちゃんだからこそ、気を付けて入浴剤を選ぶ必要があるのです。

ただし入浴剤がもたらせてくれる効果も高く、使用すること自体は非常におすすめです。

お肌に優しく、保湿、保温効果が期待できる入浴剤を使って赤ちゃんとママのバスタイムを是非有意義なものにしてもらえればと思います。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤