腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

メディカル枕の魅力を紹介!頭の重さに対応するまくら?

      2017/09/08

イタリア製 アンナブルー オルトペディコ スリープメディカル枕 約45×75cm

多くの方たちが、まくらの高さに合わなくて悩んでいます。

しかし、まくらの専門店まで行って、自分の体に合ったまくらを調べるのも面倒に感じてしまう方は多いでしょう。

そこで、おすすめなのが頭の重さに対応してくれる『メディカル枕』です。

このまくらは外国の多くの施設に採用されているほどのまくらなので、このまくらについて詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

メディカル枕の特徴とテスト

メディカル枕が高さに対応できるように作られているのは、まくらの内部に秘密があるからです。

そこでメディカル枕を詳しく知りたい方のために、このまくらの構造や体圧分散テストの結果を紹介するので、確認してみて下さい。

内部の構造

多くのまくらは、内部に中材が満タンになるまで入れている種類が多く販売されています。

しかしメディカル枕の場合は、まくらの中に『ウレタン』と『中わた』が入っているのです。

このウレタンは、まくらの上側と下側の所が凸部になっていて、真ん中の部分が凹部になっています。

そのため首を支えている部分が凸部になっていて、首を支える部分が凹部になっているのです。

そして柔らかい中わたは、頭の重さによって沈んでいくので、頭の重さによって対応できるようになっています。

そのため高さの合わないまくらを使用していて、自分の頭に対応しているまくらを探している方には、メディカル枕はおすすめです。

体圧分散テスト

メディカル枕が、頭の重さに本当に対応している仕組みを説明しても、本当にまくらが変形してくれるのだろうかと半信半疑の方も多いでしょう。

実はメディカル枕を使用して、足利工業大学睡眠科学センターが『体圧分散テスト』を行なったら、頭だけではなくて首筋にも体圧がかかっている事が分かったのです。

頭の重さに対応してくれるメディカル枕なので、このように首筋にも体圧がかかるようになっているのです。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

まくらが高い場合

まくらの高さが合わないまくらを使用しているのは辛くても、新しいまくらを購入するのが面倒に感じてしまう方は多いでしょう。

それでは高すぎるまくらを使用していたら、どのようなデメリットがあるのか紹介するので自分の身体に合わないまくらを使用したら、どのような事が起きてしまうのか確認してみて下さい。

肩コリ&首コリ

高すぎるまくらを使用して寝ていたら、頭に乗っている位置が高くなっているので、首に角度がついてしまいます。

実際に私たち人間の頭は重くなっているので、首はまっすぐではなく湾曲をしてバネのような役割を果たして頭を支えています。

所が高すぎるまくらを使用した場合には、この首が真っ直ぐになってしまうのです。

さらに首の骨が無理な状態になっているので、首と肩の筋肉が緊張してしまうのです。

そのため高すぎるまくらを使用したら、肩コリや首コリに悩まされるようになってしまいます。

気道

寝ている時に呼吸をする際に、その呼吸を支えているのが『気道』です。

所が高すぎるまくらを使用したら、この気道が圧迫されて狭くなってしまうのです。

気道がそのような状態になってしまったら呼吸をするのが困難になってしまって『睡眠時無呼吸症候群』を引き起こしてしまうでしょう。

この睡眠時無呼吸症候群は、呼吸が何度も止まってしまうので、身体にかかる負担は大きくなってしまいます。

そのため睡眠の質も低下して、睡眠不足にもなってしまうのです。

まくらが低い場合

まくらが高すぎたら様々なデメリットがあれば、低すぎるまくらなら大丈夫ではないかと思う方はいるかもしれません。

しかし、まくらが低すぎても首に角度が付いてしまうので、気道が圧迫されて睡眠時無呼吸症候群を引き起こす可能性は高いです。

さらに頭が低い位置になっているので、血液が頭のほうへたまってしまいがちになります。

そのため朝の時間になって起きてみたら、頭痛に悩まされるようになります。

そのような事を考えたら、朝の時間帯に何回も頭痛に悩まされている場合には、低いまくらを使用していないか確認したほうが良いでしょう。

メディカル枕のラインナップ

メディカル枕には、豊富なラインナップを用意しているので、どのような商品が販売されているのか紹介するので見ていきましょう。

メディカル枕

頭の重さに対応しているメディカル枕なので、少し値段は高くなっているのではないかと思ってしまう方はいるかもしれません。

しかし通常タイプのメディカル枕は、送料350円で9,800円(税別価格)で購入する事ができます。

そして、このまくらのサイズは、横75×奥行き45cmになっています。

重さは950gになっていて、綿100%カバーが2枚も付いてくるので、洗濯する際に困る事もないでしょう。

材質は、表地(綿100%)・中材(ポリエステル100%)・中芯(ウレタンフォーム100%)になっています。

子ども用メディカル枕

メディカル枕は、大人用(通常タイプ)だけではなくて、子ども用もあります。

子ども用メディカル枕は、6~13歳用になっていて、サイズは横53×奥行き35cmになっています。

ただし価格のほうは通常タイプとあまり変わらなくて、送料350円で8,982円(税別価格)になっているのです。

ただし10日間試用してみて、満足できない場合は返金してもらえるので、気軽に購入する事ができるでしょう。

別売りカバー

メディカル枕はまくら用カバーが何種類も販売されていて、ホワイトの2枚組は通常タイプが送料250円で2,000円(税別価格)・子ども用が送料250円で1,800円(税別価格)になります。

そしてグレー・ピンク・ブルーが各2枚組で販売されているまくら用カバーも販売されていて、通常タイプは送料250円で2,200円(税別価格)・子ども用が送料250円で2,000円(税別価格)になっています。

これほど多くのカラーバリエーションが用意されているので、その日の気分でまくらカバーを代えて使用したら、良い気分転換になるでしょう。

メディカル枕の口コミ

メディカル枕は、頭の重さに対応したまくらですが、利用している方たちの中には、満足している方もいれば不満を抱いている方もいました。

そこでメディカル枕を詳しく知りたい方のために、利用していた方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

メディカル枕は中材にウレタンを使用しているので、そのウレタンの匂いが気になってしまった方がいました。

そのため匂いに敏感な方がメディカル枕を利用する際には、注意したほうが良いでしょう。

さらに頭の重さに対応できるメディカル枕でも、高さが合わなくて悩んでしまうケースもありました。

そのため頭の重さに対応できるメディカル枕でも、あまりにも高さが合ってない場合は、対応しきれない可能性があるので注意して下さい。

良い口コミ

メディカル枕を使用している方で、頭が沈みすぎなくて満足している方がいました。

実際に頭が沈みすぎたら、低いまくらを使用しているのと同じ状態になってしまいます。

そのような状態になったら、気道を圧迫して睡眠時無呼吸症候群を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

そのため頭が沈みすぎないのは、重要なポイントでしょう。

そしてメディカル枕を長い間に渡って使用していても、あまりヘタらなかった所を満足している方もいました。

そのため耐久性のあるまくらを探している方にも、メディカル枕はおすすめです。

まとめ

メディカル枕は頭の重さに対応してくれるまくらなので、ある程度までなら身体に合わない高さでも、首や肩にかかる負担を軽減してくれます。

実際に体圧分散テストでは、しっかりと首筋にも体圧がかけられていました。

所が利用者たちの中には、高さが合わなくて不満を抱いている方がいたのです。

そのため、あまりにも身体に合わない高さであれば、首や肩に負担をかける場合があるので気を付けたほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら