腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

モニートツーリングLiteダブルクッションは腰痛におすすめ!

   

エクスジェル (EXGEL) モニートツーリングLiteダブルクッション ブラック MLD01-BK

自動車に乗れば、短時間で遠くへ移動できるので、多くの方が自動車を利用するようになりました。

しかし腰痛の方が自動車に乗ったら、腰が痛く感じてしまうので、辛い思いをする事になります。

そこで、おすすめしたいのが『モニートツーリングLiteダブルクッション』です。

このクッションを利用すれば、腰痛の方が自動車に乗っても、腰にかかる負担を軽減できるので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

モニートツーリングLiteダブルクッションの特徴

モニートツーリングLiteダブルクッションには、こだわりのある素材や形状を採用している上に、滑り止めまで施されています。

そのため腰痛の方でも利用しやすくなっているので、詳しく紹介するので確認してみて下さい。

L字形状

多くの方はクッションと聞けば、座面に敷く物と思っているでしょう。

所が、モニートツーリングLiteダブルクッションは『L字形状』になっているので、背もたれと座面の両方で身体を支えてくれるのです。

実際に腰痛になっている場合には、座面にクッションを敷くだけでは、腰にかかる負担をそれほど軽減する事はできません。

なぜなら姿勢が崩れた状態で座っていたら、腰に大きな負担をかけるからです。

そのため座面だけではなく背もたれでも腰をささえる事ができるのは、モニートツーリングLiteダブルクッションの大きな魅力です。

エクスジェル

モニートツーリングLiteダブルクッションには『エクスジェル』が採用されていて、坐骨や仙骨部分を支える事によって、体圧を分散できるようになっているのです。

実際に腰痛でも利用しやすいクッション・椅子・マットレス・ソファなどでは体圧を分散できるようになっている商品が多くあります。

なぜなら体圧を分散できない商品を利用して、体圧が腰に集中してしまえば、腰痛が悪化してしまうからです。

そのような事を考えたら、腰痛の方には、体圧を分散できるモニートツーリングLiteダブルクッションはおすすめです。

立体構造

モニートツーリングLiteダブルクッションは『立体構造』になっていて、正しい姿勢をキープしやすくなっています。

実際に車に乗っていれば、振動が加わっていくので、普通の椅子に座っている時よりも姿勢が崩れやすい可能性があります。

そのため立体構造によって、正しい姿勢をキープしやすくなっているのは、注目すべきポイントでしょう。

滑り止め

腰痛でも利用しやすくなっているクッションでも、クッションがズレてしまえば、その反動が腰に大きな負担をかけてしまいます。

実際に腰痛の方は、少しの振動でも腰が痛く感じてしまう場合があります。

所がモニートツーリングLiteダブルクッションの裏面には『滑り止め加工』が施されているので、クッションがあまりズレないようになっているのです。

そのためクッションのズレによって、腰にかかる負担を軽減できるので、振動が加わりやすい自動車では重宝できるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

車に乗っている際の注意点

モニートツーリングLiteダブルクッションを利用すれば、腰痛の方でも自動車に乗りやすくなります。

それでも腰痛の方は注意しなければ、自動車に乗っている際に腰が痛く感じてしまうので、注意すべきポイントを紹介します。

シートの角度

車のシートの背もたれの角度が、自分の身体に合わない場合には、正しい姿勢をキープしづらくなります。

実際に背もたれが少し後ろに倒れかかっていたら、お尻が前のほうへズレやすくなります。

シートベルトを装着していても、そのズレを抑える事は難しいです。

なぜなら、お尻が前のほうへズレている状態で、シートベルトを付けても意味がないからです。

このような姿勢はお尻ではなく腰で座るような姿勢なので、腰に大きな負担をかけてしまいます。

そのためシートの背もたれはあまり後ろのほうへ倒さないようにしましょう。

定期的に休憩

自動車に乗っている際に注意しなければいけないのが、高速道路を利用するケースです。

高速道路は遠くまで移動するケースが多いので、2~3時間は自動車に乗っている方は多いでしょう。

しかし2~3時間も座り続ける事は、腰痛の方には大きな負担となります。

そのため高速道路を利用する際には、1時間に1回は、PA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)に立ち寄って、休憩したほうが良いでしょう。

製品情報の内容

モニートツーリングLiteダブルクッションの特徴が分かっても、製品情報も把握しておかなければ、後悔する事もあり得るので詳しく紹介しましょう。

カラーバリエーション

モニートツーリングLiteダブルクッションには、2種類のカラーバリエーションが用意されていて『ブラック』や『ベージュ』などがあるので、自動車のシートの色に合う物を選ぶ事ができます。

実際に車のシートはブラックやベージュが多いので、あなたが所有している自動車のシートに合うカラーを見つけられる可能性は高いでしょう。

ただし、あなたの自動車のシートのカラーがブラックやベージュでなければ、統一感がなくなるので注意して下さい。

コストパフォーマンス

モニートツーリングLiteダブルクッションは腰痛でも利用しやすいクッションという事もあって、少し高額なクッションになっています。

実際にモニートツーリングLiteダブルクッションは、楽天市場では送料別で税込価格10,260円もするのです(2017年10月4日時点)。

日本では腰痛でも利用しやすいクッションが多く販売されていますが、モニートツーリングLiteダブルクッションのように10,000円を超えてしまうクッションは多くありません。

そのため値段が安くなっているクッションを探している方は注意して下さい。

利用者たちの口コミ

モニートツーリングLiteダブルクッションは魅力的なポイントが多くても、高額なクッションになっているので、このクッションを購入するべきか悩んでしまった方は多いでしょう。

そこでモニートツーリングLiteダブルクッションを利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

モニートツーリングLiteダブルクッションを利用している方で、座面のボリュームがあまりなくて不満を抱いている方がいました。

実際に座面部分のクッションのボリュームが足りていない場合には、腰が痛く感じやすいので、注意しなければいけません。

そしてモニートツーリングLiteダブルクッションを利用しても、車の振動で、腰が痛く感じてしまう方はいました。

この方は値段が高い割に、あまり効果がなくて落胆していたので注意したほうが良いです。

良い口コミ

モニートツーリングLiteダブルクッションはL字形状になっているので、背中と腰が、それほど痛く感じないケースがありました。

個人差はありますが、この辺りは背もたれと座面で身体を支えてくれるのが効いているのでしょう。

そしてモニートツーリングLiteダブルクッションのカラーが、自動車のシートのカラーに合っている所を気に入っている方もいました。

そのため、あなたの自動車のシートのカラーがブラックもしくはベージュであれば、モニートツーリングLiteダブルクッションを検討してみる価値はあるでしょう。

まとめ

モニートツーリングLiteダブルクッションは、腰痛の方でも自動車に乗りやすいように作られています。

しかしモニートツーリングLiteダブルクッションを利用しても、全ての方が自動車に乗りやすい訳ではないので、注意する必要があります。

それでも、座面と背もたれの両方から腰を支えてくれるので、腰痛の方は検討してみる価値はあるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 全件