腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ヨコムキーネ枕を詳しく紹介!その魅力はフラット構造?

   

ヨコムキーネ 枕 横向き寝 のあなたのための 枕 約60x35x8.5センチ

睡眠は、私たち人間や動物たちにとって、脳を休めるために必要な時間です。

しかし睡眠には仰向けと横向きがあって、仰向けの時には身体に合うサイズの枕でも、横向きでは身体に合わないサイズになってしまう枕は多くあります。

そのため、身体にかかる負担が大きくなってしまいますが『ヨコムキーネ枕』は、その問題に対応した商品なのです。

所が、この枕には注意すべきポイントもあるので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

ヨコムキーネ枕の魅力

ヨコムキーネ 枕 横向き寝 のあなたのための 枕 約60x35x8.5センチ

ヨコムキーネ枕は、横向きに対応するために作られているので、横向きでも寝やすくなっています。

そこで、横向きでも寝やすくなっているポイントを3つまで紹介するので、横向きでも寝やすい枕を探している方は確認してみて下さい。

フラット構造

横向きに寝たい方でも、寝ている時は仰向けになったり横向きなったりします。

しかし寝返りをうちづらい枕を使用していたら、簡単に横向きで寝る事は難しいのです。

そこでヨコムキーネ枕は、横向きで寝やすいように、フラット構造になっているのです。

もしも枕の中央部分もしくは両端のほうが凹んでいたら、低い位置から高い位置へ寝返りをうつ事は難しいでしょう。

さらに高い位置から低い位置へ寝返りをうとうとしたら、勢いがあまって枕から頭が落ちてしまう事もあり得ます。

そのため横向きで寝やすい枕を探している方には、フラット構造になっているヨコムキーネ枕が、おすすめです。

ウレタンシートで高さ調整

横向きで寝たい方たちを悩ませる問題として、仰向けと横向きでは、身体にかかる負担が違ってくる事があります。

実際に仰向けの状態では肩の高さと頭部の高さは、それほど違いがありません。

しかし横向きになってしまえば、肩の位置が高くなってしまうので、頭部の位置が低くなってしまうのです。

そのため高さが同じになっている通常の枕では、横向きで寝た場合には、首や肩に大きな負担をかけてしまいます。

そこでヨコムキーネ枕はウレタンシートを枕の下に敷く事によって、高さを調整して首や肩にかかる負担を軽減できるようになっています。

素材の違い

ヨコムキーネ枕は数種類の素材を使用する事によって、肩や首にかかる負担を軽減しています。

それは、ヨコムキーネ枕の中央部分には柔らかめのウレタンを使用していて、両端には硬めのウレタンを使用しているのです。

そのため、仰向けの時に枕の中央部分に頭をのせていれば、横向きになった時には硬めのウレタンに頭をのせる事になります。

横向きの時に硬めのウレタンに頭部がのっていれば、それほど頭部の位置が低くはなりません。

そのため、素材の違いによって、横向きになっても肩や首にかかる負担をかけないようになっています。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

横向きで寝る重要性

ヨコムキーネ枕は横向きでも寝やすくなっていますが、多くの方は「横向きで寝なくても、仰向けで寝続ければ良いのではないか」と思ってしまうでしょう。

そこで、横向きで寝る重要性を紹介するので、確認してみて下さい。

身体にかかる負担を軽減

お酒を飲んで酔っ払った状態で寝たら、翌日になって背中や腰を痛めてしまう事があります。

このような時は、多くの方は疲れが溜まっているものと思ってしまうでしょう。

所が、それは大きな勘違いで、お酒で酔っ払って寝るというのは気絶に近い状態になっているのです。

実はお酒で酔っ払って寝ていたら、寝返りをうちづらくなるので、長い時間に渡って仰向けになっている状態が続いてしまいます。

そうなれば、背中や腰が下のほうになっているので、大きな負担をかけてしまうのです。

そのため、適度に横向きで寝なければ、背中や腰を痛めてしまうのです。

腰痛の方には必要

腰痛に悩んでいる方は、仰向けで寝ていたら腰が痛く感じてしまうでしょう。

そのため腰痛の方は、特に横向きで寝やすい枕を使用する事が重要になります。

ただし横向きでも腰に負担をかける事はありますが、仰向きのほうが痛く感じてしまう場合には、横向きで寝る事は重要でしょう。

そのため、腰痛に悩んでいる方は、横向きでも寝やすいヨコムキーネ枕を利用してみる価値はあるでしょう。

気道の圧迫を軽減

1日の疲れを取るために寝ようとしたら、家族のイビキがうるさくて、寝られなくて困っている方は多いでしょう。

そのような時にも、横向きで寝る事が重要になります。

なぜならイビキをかく原因として、気道が圧迫されているケースがあるからです。

この気道は呼吸をする際に空気が通る所なので、肥満体型の方や隠れ肥満(見た目は太っていなくても体脂肪が多い状態)の方たちは、仰向けの時は気道が圧迫されやすいのです。

そのため、イビキをかく時間帯を短縮するためにも、横向きで寝る事は重要でしょう。

ヨコムキーネ枕の注意点

ヨコムキーネ枕は、横向きで寝やすいように作られていますが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

そのため注意すべきポイントを知らなければ、横向きで寝る事が難しくなるので詳しく紹介しましょう。

頭部の位置

ヨコムキーネ枕を使用して、横向きで寝やすい条件は2つあります。

1つ目は仰向けの時に枕の中央部分を使用していて、2つ目は横向きの時に枕の左端もしくは右端を使用している事です。

もしも仰向けの時に、枕の中央部分が適度な高さになっている場合に、左端もしくは右端で仰向けで寝ていたら高さが合わなくなります。

そして横向きで寝る時に両端の高さが合っていても、枕の中央部分で横向きで寝てしまえば、高さが合わなくなってしまいます。

それは枕の位置によって柔らかさが違うので、頭部の沈み込み方が違うからです。

そのためヨコムキーネ枕を利用する際には、仰向きは枕の中央を使用して、横向きは両端を使用するようにして下さい。

身体に合うサイズ

ヨコムキーネ枕は、ウレタンシートを利用する事によって高さを調整する事はできます。

しかしヨコムキーネ枕の高さが、あまりにも自分の身体のサイズと合わなければ、肩や首に負担をかけてしまいます。

実際にヨコムキーネ枕のサイズは、幅60×奥行35×高さ8.5cmなので、このサイズが身体に合う方だけがヨコムキーネ枕を利用したほうが良いでしょう。

ヨコムキーネ枕の商品情報

ヨコムキーネ枕の魅力や注意点を分かっても、製品情報も把握しておかなければイメージしていたものと違う可能性があります。

そこで、ヨコムキーネ枕の製品情報も紹介するので、確認してみて下さい。

使用方法

私たち人間は一晩で、コップ一杯分の寝汗をかいてしまうので、枕は湿気がたまりやすくなっています。

そのため、枕はダニが繁殖しやすいので、定期的に枕を洗って干す事が重要です。

そしてヨコムキーネ枕を洗う時には、柔らかい布を濡らして、枕を拭いていく必要があります。

そして枕カバーは洗濯ネットを使用する事によって、洗濯する事が可能です。

このようにヨコムキーネ枕は、枕全体を洗う事はできないので、あまり手間暇をかけないで枕を清潔にしたい方は注意して下さい。

高めの値段

ヨコムキーネ枕は、横向きでも寝やすいように作られているので、値段が少し高くなっています。

実際に、ヨコムキーネ枕は、楽天市場では5,980円もするのです(2017年9月8日時点)。

日本では値段が安い枕であれば、1,000円前後で購入できる商品があります。

それを考えれば、値段が安くなっている枕を探している場合には、注意したほうが良いでしょう。

まとめ

ヨコムキーネ枕は、横向きでも寝やすいように作られているので、身体にかかる負担を軽減できます。

ただし、ヨコムキーネ枕の使う場所や、サイズに注意しなければ肩や首に負担をかけてしまうので注意する必要があります。

そのような問題点はありますが、横向きでも寝やすく作られているので、枕のサイズが合わなくて首コリや肩コリに悩んでいる方は検討してみる価値があるでしょう。


人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら