腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ランナーに多い膝痛!膝蓋軟骨軟化症の症状や原因や治療法について

   

多くのスポーツは膝に負荷がかかることから、膝を痛めてしまうことがあります。

その膝痛には様々な種類がありますが、「膝蓋軟骨軟化症」という症状をご存知でしょうか。

膝蓋軟骨軟化症は、スポーツをしている若者に起こることの多い症状になります。

それでは、膝蓋軟骨軟化症の症状や原因、治療法などを解説していきます。

スポーツをしている方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝蓋軟骨軟化症とはどのような膝痛?

「膝のお皿」といわれている膝蓋骨の前の部分は、膝関節を外の衝撃から盾のように守っています。

しかし、スポーツや事故などで強い衝撃を受けると、膝蓋骨を骨折してしまうこともあります。

そして、膝蓋骨には、膝を効率良く動かすのをサポートする役割もあります。

これらの役割がある膝蓋骨の裏側には軟骨があります。

その軟骨が、太腿の骨である大腿骨と何回もこすれ合うと摩擦が起こり、軟骨がすり減ってしまいます。

そのことにより炎症が起こり、軟骨が軟化(柔らかくなる)、膨隆(膨らむ)、亀裂などが起こります。

このような症状を、膝蓋軟骨軟化症といいます。

つまり、症状の名前通り、膝蓋骨の軟骨が軟化してしまうことになります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝蓋軟骨軟化症の原因とは?

膝関節の曲げ伸ばしの回数が多かったり、膝関節に強い負荷やダメージが加わったりすると、膝蓋軟骨がすり減りやすくなり、膝蓋軟骨軟化症を起こしてしまいます。

それでは、膝蓋軟骨軟化症の主な原因を解説していきます。

スポーツなどで膝を酷使すること

膝蓋軟骨軟化症は主にスポーツで起こることから、スポーツ障害の一種となっています。

スポーツでオーバーワークになると、身体は回復する暇がなく、どんどん疲労が蓄積されていきます。

そして、膝にも疲労は蓄積されていくため、膝蓋軟骨軟化症を起こしやすくなります。

膝蓋軟骨軟化症は、ジョギングやランニング、ジャンプなどで起こりやすい症状になります。

そのことから、マラソンなどの長距離走で多く見られる症状になり、バスケットボールやバレーボールをされている方にも比較的多く見られます。

また、ウォーミングアップやストレッチなどが不十分だったり、膝周辺の筋力が弱かったりすると膝蓋軟骨軟化症を引き起こしやすくなります。

そのため、運動前のウォーミングアップや動的ストレッチはしっかり行い、膝周辺の筋力を強くすることが大切になります。

突発的な怪我や脱臼

スポーツ中のアクシデントや事故などで膝を強く打ちつけて怪我をすると、膝蓋軟骨が損傷してしまう場合があります。

また、そのようなことで膝蓋骨が外れてしまうと、膝蓋軟骨はすり減りやすくなります。

膝のお皿である膝蓋骨は、スポーツや事故などによる突発的な怪我により外れることがありますが、膝蓋骨や大腿骨の形や位置が異常である場合も外れやすくなります。

前者は強い衝撃が原因になりますが、後者の多くは生まれつきもっている性質が原因となります。

X脚や膝蓋骨の異常

脚の姿勢や向きなどが悪いと、膝には偏って負荷がかかるため、膝蓋骨には負担がかかってしまいます。

そのため、X脚のような内股の人も膝蓋軟骨軟化症を起こしやすくなります。

また、膝蓋骨の形や位置が悪い人も、膝に偏って負荷がかかりやすくなるため、膝蓋軟骨軟化症を起こしやすくなります。

これらの脚の異常は、生まれつきのものと、普段の生活習慣が影響してなってしまうものがあります。

その他にも、歩き方が悪かったり、自分の足のサイズよりも小さいサイズの靴を履いていたりなどで膝に負担がかかると、膝蓋軟骨軟化症を起こしてしまう場合があります。

そして、毎日アスファルトのような硬い路面で長い時間走ったり、クッション性のないシューズで長い時間走ったりすることも膝蓋軟骨軟化症に繋がるので注意しましょう。

膝蓋軟骨軟化症を起こしやすい年齢や性別とは?

膝蓋軟骨軟化症は、10代から20代の女性に起こりやすい症状になります。

では、なぜそのような年齢の女性に起こりやすいのかというと、女性ホルモンや筋肉量などが関係しているためです。

女性は女性ホルモンの変化によって関節は緩みやすくなり、男性よりも女性の方が筋肉量が少ない傾向にあるため、膝蓋軟骨軟化症を起こしやすくなります。

それと、女性はオシャレのためにハイヒールを履きますが、ハイヒールのような安定感のない靴を履くと膝に負担がかかってしまいます。

また、つま先が内側気味に向いて歩いたり走ったりすることも膝に負担がかかる原因になります。

これらのことから、膝蓋軟骨軟化症は若い女性に多く見られます。

膝蓋軟骨軟化症と思われる症状について

膝に痛みがあり、以下のような症状が伴う場合は膝蓋軟骨軟化症になっている恐れがあります。

  • 膝を曲げ伸ばしした時、「パキッ」や「ゴリゴリ」のような音がする。
  • 運動をしている時や階段を使っている時、立ち上がる時などに膝を動かした時、膝辺りに痛みを感じる。
  • 膝のお皿である膝蓋骨を押した際に痛みが出る。
  • 屈伸するときに膝が引っかかるような感じがしたり、違和感を覚えたりする。

これらの症状がある場合は、膝蓋軟骨軟化症の疑いがあります。

放っておくと症状が悪化する恐れがあるため、専門の医療機関に行き、適切な治療を行いましょう。

膝蓋軟骨軟化症の治療法

膝蓋軟骨軟化症は、基本、保存的療法で治していきます。

その保存的療法というのは、薬物療法や装具療法、運動療法などになり、それらの療法を症状に合わせて行っていきます。

ですが、安静にすることも大切になり、膝に負担がかかるような動作はなるべく避け、運動は行わないようにし、症状を悪化させないように努めることも必要になります。

膝蓋軟骨軟化症になったら、そのようなことを心掛けて保存的療法で治療していきます。

患部が炎症を起こしている場合は、アイシングや消炎鎮痛剤などで炎症を抑えていきます。

炎症を抑えることにより痛みが緩和されます。

そして、サポーターなどの装具で膝にかかる負担を軽減させるのも有効になります。

また、ずっと安静にすると膝周辺の筋力が低下してしまうため、良くありません。

そのため、太腿の筋肉である大腿四頭筋を鍛える運動療法も行っていきます。

これらの保存的療法により、膝蓋軟骨軟化症を治していきますが、これらの治療で症状の改善が見込めず、日々の生活に支障をきたすような場合は手術療法も検討されます。

手術療法とは、その名の通り手術を行うことです。

膝蓋軟骨軟化症の予防法

膝蓋軟骨軟化症の予防法は、膝の隣にある筋肉である太腿の筋肉を強くすることになります。

太腿の筋肉は膝を支えているため、太腿の筋肉を強くすることにより、膝にかかる負担を減らすことができ、膝蓋軟骨軟化症の予防となります。

また、ストレッチで膝周辺の筋肉を柔軟にすることも膝蓋軟骨軟化症の予防に有効です。

ストレッチで柔軟性を高めることにより、膝にかかる負担は軽減されますので、スポーツでのトレーニング前後にストレッチを取り入れることをおすすめします。

そして、X脚なっていたり、膝に負担のかかるような歩き方をしている場合は、X脚を矯正したり、歩き方を改善したりする必要があります。

まとめ

膝蓋軟骨軟化症は、マラソンなどの長距離選手に多い膝痛になります。

そのため、長距離選手は膝蓋軟骨軟化症に注意する必要がありますが、オーバーワークに注意することは難しいかと思います。

それは、良い記録を出すには厳しい練習が必要になるためです。

したがって、トレーニング前後の体操やストレッチをしっかり行い、トレーニング後のケアもしっかり行うことが大切になります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ