腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

リクライニング座椅子 肘付きを紹介!注目点は素材と調整機能?

   

ひじ掛け座椅子 14段階リクライニング ローソファー 肘付き 座椅子 1人掛け フロアソファ ブラックA

座椅子は、コタツやセンターテーブルと併用する事ができるので、ソファにはない魅力があります。

しかし座椅子は数多くの種類が販売されているので、どの商品を選んだら良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、おすすめしたいのが『リクライニング座椅子 肘付き』です。

この座椅子は、こだわりのある素材や調整機能が採用されているので、座り心地がよくなっています。

そこで座り心地の良い座椅子を探している方のために、本製品について紹介するので、見ていきましょう。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

リクライニング座椅子 肘付きの特徴

ひじ掛け座椅子 14段階リクライニング ローソファー 肘付き 座椅子 1人掛け フロアソファ ブラックA

本製品は、こだわりのある素材や調整機能を備えている上に、座りやすいサイズを採用しています。

そこで本製品を詳しく知りたい方のために、その魅力に迫ってみます。

背もたれの角度を調整

座椅子を座る際に、背もたれの角度が自分の身体に合わなければ、背中や腰に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

もしも背中や腰を痛めてしまえば、最悪のケースでは腰痛になってしまう事もあります。

そこで本製品は『リクライニング機能』を備える事によって、背もたれを14段階まで調整する事が可能です。

そのため、あなたの身体に合う角度まで、背もたれを調整する事が可能です。

さらに、長い間に渡って座っている時に、腰が疲れた場合には背もたれを倒して、背筋を伸ばす事もできます。

ウレタンを採用

本製品は、座面や肘掛けに『ウレタン』という素材を採用しています。

このウレタンは少し独特な匂いがする素材ですが、弾力性がある事から、多くの座椅子やマットレスで採用されているのです。

そのため、本製品は座り心地がよくなっているので、底つき感のある座椅子が苦手な方は本製品を利用してみる価値があります。

さらに肘掛けがある事から、雑誌を読む時は肘掛けに肘をのせる事によって、肩にかかる負担を軽減する事もできるのです。

背もたれのサイズ

本製品は、背もたれがワイド設計になっているので、幅53~59×高さ55cmになっています。

背もたれの幅に違いがあるのは、中央部分が53cmになっていて、上部が59cmになっているからです。

このように幅広タイプになっているので、体格の大きい方でも、気軽に背もたれによりかかる事ができます。

そのため、背もたれがない座椅子や、背もたれが小さい座椅子が身体に合わない場合には、本製品はおすすめの商品です。

座面のサイズ

本製品は背もたれだけではなく、座面も大きなサイズになっています。

実際に座面のサイズは、幅56×奥行49cm×高さ13cmになっているのです。

このように大きな座面になっているので、座椅子の上で、あぐらをかく事ができます。

さらに座面があまり高くない事から、コタツと併用しやすいので、寒い冬場の季節でも重宝する事ができるのです。

ただし座面が低くなっている事から、座椅子から立ち上がる時には腰に大きな負担をかけてしまうので、肘掛けに手を置いて立ち上がるようにして下さい(肘掛けに体重をかけすぎたら故障する可能性があるので注意)。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

2種類の生地

本製品は中材だけではなく、生地もこだわっていて『PVCレザー』や『ファブリック』を用意しています。

この2種類の生地は、それぞれ一長一短あるので、これから本製品を購入しようと考えている方は確認してみて下さい。

PVCレザー生地

PVCレザー生地は本革のように見える素材で、高級感のあるデザインになっています。

そのため、地味な座椅子が苦手な方は、ファブリック生地よりも、PVCレザーのほうがおすすめです。

さらにPVCレザーは、水をはじく事ができるので、ジュースやコーヒーなどをこぼしても、短時間でフキンまたはタオルで拭き取れば、シミになる事がありません。

そのため、座椅子に座っている時にジュースまたはコーヒーを飲みたい方は、シミになりづらいPVCレザーを検討してみる価値があります。

ファブリック生地

ファブリック生地は、布地なので、PVCレザーに比べれば高級感はありません。

そのため、地味なデザインが苦手な方は不満を抱く可能性が高いです。

さらにファブリックは水をはじく事ができないので、ジュースまたはコーヒーをこぼしたら、シミになりやすいので注意しなければいけません。

ところがPVCレザーは、冬場の季節は冷たく感じてしまいますが、ファブリックは布地なので温まりやすくなっています。

そのため、寒がりな方はファブリックを選んで、暑がりな方はPVCレザーを選んだほうが良いです。

使用上の注意点

本製品は魅力的なポイントが多い素材や調整機能を備えている座椅子ですが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

そこで本製品を購入してから、後悔する事がないように、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので、確認してみて下さい。

本製品の耐久性

本製品のPVCレザーは高級感がある上に、水をはじく事はできますが、耐久性はあまり優れていないので注意しなければいけません。

実際にPVCレザーは、本革のように見えますが、合成皮革なので、本革ほどの耐久性はないのです。

そのため、PVCレザーの本製品を購入したら、長い間に渡って愛用する事はできません。

さらに、とがった物を引っ掛けてしまえば破れる事もあるので、取り扱いには注意して下さい。

正しい姿勢をキープ

本製品は背もたれの角度を調整できますが、背もたれを倒し過ぎている状態で座っていたら、お尻が前のほうへズレやすくなってしまいます。

実際に、正しい姿勢で座っていたら、上半身の体重の負担はお尻と腰で分散されます。

しかし、お尻が前のほうへズレてしまえば、腰で座るような姿勢になってしまうので、腰に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

そのため、本製品を利用する際には、背もたれを倒し過ぎないようにして下さい。

利用者たちの口コミ

本製品は魅力的なポイントだけではなく、注意すべきポイントもあるので、利用者たちの中には不満を抱いている方もいました。

そのため、本製品を詳しく知りたい方には利用者の使用感を知りたいと思うので、どのような口コミがあるのか紹介しましょう。

良い口コミ

本製品はウレタンを採用している事もあって、適度な硬さになっている所を満足している方がいました。

実際に座椅子は硬過ぎたら腰やお尻が痛くなりやすいですし、座椅子が柔らか過ぎたら腰が沈み込みやすくなります。

そのため、適度な硬さになっているのは本製品の大きな魅力です(個人差があるので注意)。

さらに本製品は、背もたれを調整しやすくなっている所を気に入っていたので、背もたれを動かしづらい座椅子を利用している方は、本製品に買い換えてみる価値があります。

悪い口コミ

本製品を利用している方たちの中には、デザイン性が優れている所を気に入っていましたが、背面の所がブラックカラーになっている事について落胆していました。

実際に、本製品は3種類のカラーバリエーションがあって、ブラック・ブラウン・アイボリーなどがあるので、統一感のあるデザインが好きな方はブラックを選んだほうが良いです。

さらに本製品を利用していたら、シワになってしまうケースもあったので、見た目を気にする方は注意して下さい。

まとめ

本製品はPVCレザーやファブリックなどの生地を用意しているので、あなたの好みに合う座椅子を見つけられる可能性が高いです。

もしも、オールシーズンで利用しやすい座椅子が好きな場合には、PVCレザーとファブリックの両方を購入したほうが良いでしょう。

実際に本製品は、楽天市場では送料別ですが、税込価格7,360円(2018年1月30日時点)で購入する事ができるので、2種類を購入しても20,000円以下で購入する事ができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子