腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

リラックスして眠れるような枕は、どのような方法で選べば良い?

   

枕 安眠 肩こり対策 快眠枕 熟睡 低反発枕 いびき防止 首・頭・肩をやさしく支える健康枕 頚椎サポート頭痛改善 横向き対応

毎日誰にも束縛されず、リラックスして眠って、一日の疲れをしっかり取りたいものです。

そのため寝心地の良い寝具を、いろいろと探している方が多くいます。

中でも寝るのが楽しみになるような、リラックスして眠れる枕を使用することも重要です。

ここではリラックスして眠れるような枕を、選ぶ方法についてお話ししていきます。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

枕の高さが適切な商品を選ぶ

誰にも束縛されず、リラックスして眠るために

一日の睡眠時間は、人によって様々です。

でも人間の場合、一日のうち三分の一は、睡眠に費やしていると言われています。

意外と長いと思われる方が、多いのではないでしょうか。

そのため誰にも束縛されず、リラックスして眠りたいものです。

ぐっすり眠って、明日への活力につなげていきましょう。

リラックスして眠るためには、枕の高さにこだわっていくことが重要です。

枕は高すぎても低すぎても良くない

枕の高さについては、高すぎても、低すぎても良くありません。

実際に意識して高い枕で寝てみると分かりますが、顎が下がった状態になります。

短時間の場合、意外と楽だと感じることがあります。

でもこの状態が続いてしまうと、身体に負担がかかってしまいます。

また枕が低すぎると、逆に顎が少し上がった状態になり、無理な体勢になってしまいます。

寝る姿勢が苦しい状態が続くと、無意識に寝返りをうって、体勢を変えていることがあります。

でもこれではなかなか寝付けないことが多くなります。

そのため適切な高さの枕で、寝ることが大切です。

呼吸が自然な状態で、楽な姿勢で寝る

では実際に枕の高さは、どのくらいがベストなのでしょうか。

横から見て顎ができるだけ、まっすぐな状態になっていることが大切です。

さらに理想を言うなら、顎がほんの少し下がっているような状態です。

もちろん寝ている時も呼吸をしています。

この姿勢で寝ると、呼吸が自然な状態で楽になります。

そのためリラックスして眠ることができるのです。

枕が肩に当たるくらいで寝る

でも適切な高さの枕を使ったとしても、使い方が間違っていては元も子もありません。

枕が当たる状態にも、注目していくことが大切です。

軽く頭が当たる状態で寝たり、肩がかなりかかった状態で寝ると、身体に負担がかかります。

一番は枕が肩に当たるくらいが、長時間でもリラックスできる姿勢になります。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

自分に合った枕の形を選ぶ

枕の形には、様々な種類がある

リラックスして眠れる枕を選びたい時は、枕の形にも注目してみると良いです。

中心が低くなっている枕や、首に当たる部分だけが低い枕もあります。

クッションが長くなったような、シンプルな枕もあります。

また今話題になっている、低反発枕などもあります。

このように枕の形には、様々な種類があります。

時間をかけて選ぶようにする

でも枕の形の好みに関しては、かなり個人差があると言われています。

低反発枕を使うと、身体が痛くならないから助かっている、という方もいます。

一方で中心が低くなっている枕の方が、頭が固定されるので楽、という方もいます。

そのため自分に合った形の枕を、時間をかけて選ぶことが大切です。

枕の硬さにも配慮する

枕の硬さは少し硬めくらいがちょうど良い

枕の硬さについても、どれくらいが丁度良いのか、悩んでいる方が多いです。

枕は硬すぎても柔らかすぎても良くありません。

枕が硬すぎると、無意識に身体に力が入った状態になってしまいます。

逆に枕が柔らかすぎると、頭を支えることができず、安定感がありません。

安定感がありながら、身体に負担がかからないような枕の硬さがベストです。

そのため少し硬めくらいが、ちょうど良いでしょう。

少し硬めの枕は、長時間リラックスできる

私も若い頃は、柔らかい枕がとても大好きでした。

クッションのようにフカフカしているので、気持ちよく眠れると思っていました。

でも年を重ねていくうちに、少し硬めの枕を使うようになりました。

頭部が安定されるので、少し硬めの方が楽だと感じます。

逆に柔らかい枕で寝ると、首から肩のあたりが痛くなることがあります。

安定感がないので、かえって疲れてしまいます。

フカフカの枕を使うと、一瞬とても心地よい状態になります。

でも長時間と言うと、話は別です。

少し硬めの枕は、長時間リラックスして眠りたい、というような人におすすめします。

大きめの枕を選ぶ

大きめの枕だと、窮屈にならない

枕を選ぶ時は、大きさにもこだわる必要性があります。

枕は大きめの物を使った方が、とても楽です。

中心で頭が支えられると楽ですが、人間は誰でも寝返りをうちます。

枕が大きい方が、窮屈にならないので、リラックスすることができるのです。

枕が小さいと、気持ちに余裕を持てない

私は身体が小さい方なので、小さめの枕で十分だと、思っていたことがあります。

可愛い枕カバーに合わせて、無理して小さい枕を選んだこともあります。

枕自体がコンパクトだと、可愛いと思ったこともありました。

でも枕が小さいと、余裕がないスペースで寝るような気持ちになります。

また私はよく旅行に行くので、ホテルに泊まります。

ホテルの枕は柔らかいと感じることが多いですが、大きいという面では、とても楽です。

機能性という面では、大きめの枕を選んだ方が良いでしょう。

枕のオーダーメイドをしてみる

自分にぴったり合った枕を選びたい人におすすめ

枕を選ぶ前に、理想の枕の高さや硬さなどを、理解しておくことは重要です。

店に行って、理想の枕に出会えれば幸運です。

でもなかなか見つからないことも意外とあります。

また理想の枕だと思って購入しても、実際に使ってみたら合わなかった、というケースもあります。

よくショッピングセンターで枕の専門店の前を通ると、「オーダーメイドできます」といった看板を見かけます。

自分にぴったり合った枕を選びたいような人は、オーダーメイドすることをおすすめします。

オーダーメイドした枕を使うようになってから、ぐっすり眠れるようになった、という人も多くいます。

枕を買い替えていると、かえってお金がかかる

枕をオーダーメイドすると、店頭に並んでいる枕を購入するより、価格は高くなります。

店によって様々ですが、2万円から4万円くらい、かかってしまうこともあります。

でも自分に合った枕が手に入るのであれば、決して高い買い物ではないはずです。

合わない枕を購入してしまうと、買い替えるたびに、かえってお金がかかってしまうことがあります。

また時間や手間もかかるので、大変です。

相談しながら時間をかけてオーダーメイドする

自分にぴったり合った枕をオーダーメイドすることで、リラックスして眠れるようになるかもしれません。

枕をオーダーメイドする時は、店員さんと相談することができます。

枕に対する悩みや希望など、細かいことまでしっかりと伝えるようにしましょう。

事前に希望などを、メモしておくと便利です。

また店員さんの良いアドバイスを受けることもできます。

時間をかけて、オーダーメイドするようにしましょう。

まとめ

リラックスして眠るためには、枕の高さや硬さなどに、こだわっていくことが大切です。

また枕の形にも、注目してみると良いでしょう。

でも理想の枕が見つからない時は、オーダーメイドを検討してみる、という方法もあります。

相談しながら自分が希望している、枕を作ることができます。

ぴったり合った枕を選んで、毎日気持ちよく眠れるようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら