腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSを紹介!腰痛の方は必見?

   

明光ホームテック 回転座椅子 TVが見やすい レバー式 14段階リクライニング ブラック FRL-アクロスBK

座布団よりボリュームがある座椅子を利用すれば、和室にいる時でも腰にかかる負担を軽減できます。

そのため腰痛の方は座椅子を利用したい方は多いでしょう。

しかし座椅子は様々な商品が多く販売されているので、どの商品を購入したら良いのか悩んでしまう方は多いはずです。

そこで、おすすめしたいのが『レバー式回転座椅子 FRL-ACROS』です。

このレバー式回転座椅子 FRL-ACROSは、座面にボリュームがある上に、腰痛でも利用しやすいように作られているので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSの特徴

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSには、腰痛でも利用しやすくなっているポイントがいくつもあるので、この座椅子を詳しく知りたい方のために、どのような特徴があるのか紹介するので見ていきましょう。

低反発ウレタン

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSは座面の厚みが22cmもあって、極厚ボリュームを誇っています。

そして座椅子としては珍しく『低反発ウレタン』を採用しています。

実際に反発力が低くなっているので、腰をしっかりとホールドしてくれるのです。

そのため正しい姿勢をキープするように注意していれば、腰にかかる負担を軽減できます。

実際に猫背のような姿勢になっていれば、お尻が前のほうへズレてしまうので、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまいます。

そのような姿勢は腰に負担をかけるので、腰痛が悪化してしまうのです。

そのため正しい姿勢をキープしやすいレバー式回転座椅子 FRL-ACROSは、腰痛の方におすすめの商品です。

ハイバック仕様

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSの背もたれはハイバック仕様になっているので、座高が62cmまでの方であれば、首まで支えられるようになっています。

多くの方は首と腰痛は、関係がないように思うかもしれません。

所が、首と腰は筋肉や背骨でつながっているので、首に大きな負担をかけるようになってしまえば、腰にも悪い影響を与えてしまうのです。

そのため首まで支えられるようになっているのは、レバー式回転座椅子 FRL-ACROSの大きな魅力と言えるでしょう。

リクライニング

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSには『リクライニング機能』が備えられているので、背もたれの角度を調整する事が可能になっています。

実際に、背もたれの角度が身体に合っていなければ腰に負担をかけてしまいます。

そのような事になれば腰が痛く感じてしまうので、座椅子を利用しづらくなってしまうでしょう。

そのためリクライニング機能が備えられているのは、重要なポイントと言えます。

回転座椅子

腰痛の方は、少しだけでも上半をひねったり傾けたりするだけで、腰が痛く感じる場合があります。

そのため座椅子に座った時に、座椅子の近くに置いてある雑誌を取ろうとする際に、上半身へひねったりしたら腰が痛く感じてしまいます。

そこでレバー式回転座椅子 FRL-ACROSは『回転機能』が備えられていて、360度まで回転させる事が可能になっているのです。

そのため座椅子の近くに置いてある雑誌を取りやすくなっているので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の方が注意すべきポイント

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSは、腰痛でも利用しやすいように作られている機能が備えられていますが、その機能によって腰痛が悪化する可能性もあるのです。

そこでレバー式回転座椅子 FRL-ACROSを利用しても、腰痛が悪化しないように注意すべきポイントを紹介するので、確認してみて下さい。

レバーの位置

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSにはレバーを利用すれば、背もたれの角度を調整できるので、腰痛でも利用しやすいように思うでしょう。

所が、レバー式回転座椅子 FRL-ACROSのレバーは、肘掛けの外側に設置されています。

その肘掛けは少し斜めの角度になっていますが、高さは約37cmもあるのです。

このように高い肘掛けになっているのに、レバーは肘掛けの下側に設置されています。

そのためレバーに手を伸ばそうとしたら、上半身を少し傾ける事になりやすいので、腰痛の方は注意したほうが良いでしょう。

体圧が集中?

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSは低反発ウレタンを採用しているので、腰をある程度までホールドしてくれるので、この機能も腰痛には嬉しいポイントのように見えます。

しかし反発力が低くなっているので、ある程度まで腰が沈み込んでしまいます。

そのため腰に体圧が集中する可能性が高いので、腰に負担をかける事になるので腰痛が悪化する場合もあり得るので注意したほうが良いです。

商品情報の詳細

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSの魅力や注意点が分かっても、商品情報も把握しておかなければ、後悔する可能性があります。

そこでレバー式回転座椅子 FRL-ACROSの商品情報も紹介するので、見ていきましょう。

2種類のカラー

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSには2種類のカラーバリエーションが用意されていて、その種類は『ブラック』と『アイボリー』などがあります。

そしてレバー式回転座椅子 FRL-ACROSはツートンカラーになっていて、座面と背もたれの中央部分と、その他の部分でカラーが異なっています。

ブラックの場合は、ブラックとグレーが近似色になっているので、それほど違和感はありません。

所がアイボリーの場合はアイボリーとブラウンになっているので、少し好みが分かれるようなデザインになっているので、注意して下さい。

高額な座椅子

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSは注意すべきポイントがいくつかあっても、腰痛の方が利用しやすいポイントも多くあります。

そのため腰痛の方は利用してみる価値がある座椅子と言えますが、値段が少し高くなっていて、楽天市場では送料無料ですが税込価格14,800円になっているのです(2017年10月7日時点)。

実際に腰痛でも利用しやすい座椅子の中には、10,000円以下で販売されている商品が多くあります。

それを考えたら、値段が安くなっている座椅子を探している場合には気を付けたほうが良いです。

利用者たちの評価

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSは魅力的なポイントもあれば、注意すべきポイントもあるので、利用者たちの評価も賛否両論に分かれています。

そこでレバー式回転座椅子 FRL-ACROSを詳しく知りたい方のために、利用者たちの評価を紹介するので、参考にしてみて下さい。

否定的な評価

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSに座っていたら、金属がきしむような「ギギギ」という音がしてしまうケースがありました。

腰痛とはあまり関係のない評価ですが、そのような音がでてしまえば、気になってしまう方もいると思うので注意したほうが良いでしょう。

そしてレバー式回転座椅子 FRL-ACROSの腰と座椅子のコーナーに隙間ができていて、フィット感があまりなくて、不満を抱いている方もいたので注意して下さい。

好意的な評価

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSを利用している方で、座椅子が回転できる所を満足している方がいました。

実際に座椅子を回転させる事ができれば、家族の方に声をかけられた場合でも立ち上がらないで、座椅子を回転させて家族のほうへ顔を向ける事も可能です。

そしてレバー式回転座椅子 FRL-ACROSは低反発ウレタンを採用しているので、適度な柔らかさになっている所を満足している方もいました。

ただし柔らかさに関しては、個人差があるので注意する必要があります。

まとめ

レバー式回転座椅子 FRL-ACROSは極厚ボリュームを誇っている上に、リクライニングや回転機能などを備えているので、腰痛の方には嬉しいポイントがいくつもあります。

しかし値段が少し高くなっていて、腰がある程度まで沈み込んでしまう可能性があるので注意する必要があるでしょう。

そのような注意すべきポイントもありますが、価格より性能を重視している方であれば、様々な機能を備えているレバー式回転座椅子 FRL-ACROSは満足できるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子