腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

一人用ソファー『ボディサポートチェア』は腰痛の方におすすめ!

   

座椅子 ボディサポートチェアND2 ブラウン ナノヘキサ 日本製

日本では、和室より洋室を好む方が増えてきました。

そのためソファーを購入したい方は多くいますが、腰痛の方がソファーに座ったら、腰が痛くなってしまうケースが多いのです。

所が一人用ソファー『ボディサポートチェア』であれば、腰にかかる負担を軽減できる姿勢で、くつろぐ事ができるのです。

そこで、腰痛でも利用しやすいソファーを探している方のめに、ボディサポートチェアについて詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

腰痛の方にとって注目すべきポイント

ボディサポートチェアが、腰痛でも利用しやすくなっているのは、ある3つのポイントが挙げられます。

それが中立姿勢・ウレタン仕様・モールドパッドです。

そこでボディサポートチェアを詳しく知りたい方のために、この3つのポイントについて、詳しく紹介するので確認してみて下さい。

中立姿勢

多くの方たちにとって『中立姿勢』という言葉を聞いた事がない方は多いでしょう。

この中立姿勢とは、NASAが提唱したもので、胴体部分と足の部分が約128度の角度になる姿勢です。

中立姿勢は、身体にかかる負担が軽減されるので、腰に負担をかけたくない腰痛の方にとって注目すべきポイントでしょう。

そしてボディサポートチェアは、4ヶ所でリクライニングする事ができるので、中立姿勢でくつろぐ事が可能になっているのです。

そのため、身体にかかる負担を軽減できるソファーを探している方には、ボディサポートチェアはおすすめです。

ウレタン仕様

腰痛の方が、ソファーを使用する際に重要となるポイントが『使用感』です。

なぜなら使用感が悪いソファーを利用していたら、辛く感じてしまうので、ソファーから立ち上がりたくなるからです。

実際にソファーから立ち上がろうとすれば、腰に負担をかけてしまうので、腰痛の方にとって辛い動作になります。

所が、ボディサポートチェアは吸湿性や透湿性(水蒸気が通り抜ける性質)が優れているので、あまり不快感を抱かない使用感になっているのです。

そのため、使用感にこだわる方は、ボディサポートチェアを利用してみる価値があるでしょう。

モールドパッド

ボディサポートチェアの背もたれには『モールドパッド』が入っているので、腰を支える部分が膨らんでいます。

そのため、S字カーブをキープしやすくなっているので、腰にかかる負担を軽減しやすい姿勢を目指す事ができるのです。

このS字カーブとは、真横から背筋を見た時に、S字のように見える姿勢です。

S字カーブは腰の部分が湾曲する事によって、バネの役割を果たしています。

腰のバネは、歩いている際に地面へ着地する衝撃を和らげてくれるのです。

そのため、S字カーブをキープしやすいモールドパッドが入っているのは、ボディサポートチェアの大きな魅力です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

利便性の高い機能

ボディサポートチェアは、腰痛の方でも利用しやすくなっているだけではなく、利便性の高い機能が3つも備えられています。

そこでボディサポートチェアには、どのような機能が備えられているのか紹介するので、見ていきましょう。

キズ防止

ボディサポートチェアにはギアが備えられているので、本来であれば床にキズを付ける可能性があります。

所が、ボディサポートチェアは床にキズを付けないように、4層構造でカバーしているのです。

その4層構造の種類は、下から縫製生地・ウレタン・合皮布・プラスチックになっています。

このように、入念にギアをカバーしているので、ボディサポートチェアは床にキズを付ける可能性が低くなっています。

そのため、他のソファーを利用している方で、床にキズを付けてしまった方はボディサポートチェアを検討してみる価値があるでしょう。

コンパクトに収納

ボディサポートチェアは腰痛の方でも利用しやすくなっていますが、利用しない場合には、クローゼットもしくは押入れにしまっておきたい方もいるでしょう。

そこでボディサポートチェアは、U字に近い形状に折りたたむ事ができて、専用ベルトでU字を固定する事ができるのです。

このU字にすればコンパクトなサイズになるので、広めのクローゼットや押入れであれば、しまっておく事ができます。

ハイテク技術ナノ加工

ソファーを利用した事がある方たちの中には、ソファーにジュースやコーヒーをこぼして、シミになってしまう経験をした方もいるでしょう。

ボディサポートチェアは、そのような事態に陥らないように『ハイテク技術ナノ加工』を採用しているので、ジュースやコーヒーをこぼしても簡単に拭き取る事ができます。

そのため、ボディサポートチェアであれば、気軽にコーヒーやジュースを飲む事もできるでしょう。

製品情報の詳細

ボディサポートチェアが、腰痛でも利用しやすいソファーでも、カラーやコストパフォーマンスにこだわる方もいるでしょう。

そこで、ボディサポートチェアのカラーやコストパフォーマンスについて紹介するので、確認してみて下さい。

趣のあるカラー

ボディサポートチェアはツートンカラーになっていて、裏面がブラックになっていて、表面が2種類のカラーになっています。

その2種類のカラーとは、ブラウンやベージュです。

趣(おもむき)のあるカラーなので、ご年配の方たちに好まれやすいカラーと言えるでしょう。

ただし若年層の方たちにしてみれば、少し地味に見えてしまうカラーなので、華やかなカラーになっているソファーを探している方は注意して下さい。

コストパフォーマンス

ボディサポートチェアは一人用のソファーなので、多くの方が「リーズナブルな価格になっているのではないか」と期待しているかもしれません。

所が、ボディサポートチェアは、楽天市場では送料無料ですが税込価格20,520円もするのです(2017年9月20日時点)。

実際に、日本で販売されている一人用ソファーの中には、5,000円前後で販売されている商品もあるのです。

それを考えたら、ボディサポートチェアはコストパフォーマンスが、それほど高くないので気を付けたほうが良いでしょう。

ボディサポートチェアの口コミ

ボディサポートチェアは腰痛の方でも利用しやすい機能が備えられているとは言え、値段が高くなっているので、購入するべきか悩んでしまった方は多いでしょう。

そこでボディサポートチェアを利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

ボディサポートチェアを利用している方で、少し柔らかいソファーになっていたので、不満を抱いている方がいました。

そのため、硬めのソファーを探している方は注意したほうが良いでしょう。

そしてモールドパッドが入っている事によって、S字ラインをキープしやすいソファーですが、そのモールパッドが原因で座りづらくて不満を抱いている方もいたのです。

実際に腰を支える部分が膨らんでいるソファーを利用した事がない方は、違和感を抱きやすいので注意する必要があります。

良い口コミ

ボディサポートチェアは中立姿勢をキープできるように、頭から足首まで支えられるようになっています(体格が大きい方は全身を支えられない場合があるので注意)。

そのような特殊なソファーになっているので、全身が包まれているように感じて満足している方がいました。

そのため、全身を支えてくれるソファーを探している方は、ボディサポートチェアを検討してみる価値があるでしょう。

まとめ

ボディサポートチェアは、中立姿勢で寛(くつろ)ぐ事ができるので、腰痛の方には魅力的なソファーに見えるでしょう。

さらにモールドパッドが入っているので、S字カーブをキープしやすくなっているのも、大きな魅力です。

ただし腰痛の方でも利用しやすくするために、独特な形状をしているので、その形状に慣れない方もいたので注意する必要があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ