腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

上手なソファ選びは自分の腰痛の状態の改善にも繋がる

   

ソファにはとても多くのパーツが使用されています。

どのパーツも重要な役割を担っており、このパーツがあるからこそ腰痛の人でも安心してソファに座ることができるようになるのです。

このパーツ選びを重視することができれば、今まで腰痛に悩んでいた人は大きな改善を行うことができるかもしれません。

まずはソファにはどのようなパーツが使用されておりどのようなメリットがあるのかを理解していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

腰痛の人がソファを選ぶ場合

まずはソファの構造から理解する

腰痛の人はソファ選びにも注視する必要があります。

ソファは毎日使用する物であり、体をしっかり休めてさせてくれる重要なアイテムであるため、ソファに座ることで腰痛が悪化してしまうようなことは避けたはずです。

腰痛にも優しいソファ選びを行う前には、まずはソファとしての構造から理解していく必要があります。

構造を理解することで、腰痛に優しいソファ選びの基準が見えてくるでしょう。

骨組みに注目する

ソファの中身の最も基本となる部分が、この骨組みです。

全体的な形状を作っている部分であり、この骨組みの構造自体が体にフィットしてくれるソファであるかどうかの重要なポイントになってきます。

骨組みはソファの外観から確認することはできません。

しかし、見た目がまさにそのソファの骨組みを現していますので、体にフィットしてくれるようなデザインかどうかが分かるでしょう。

じっくりソファを眺めてどのような骨組みになっているのかを外観から上手に判断してみましょう。

コイルスプリングに注目する

コイルスプリングは、ソファのクッション性を左右するとても重要なパーツです。

固いコイルスプリングを使用すれば座る瞬間や体制を整えるときにかかる腰への負担は大きくなってしまいますが、座っているときには腰にかかる安定感は増すと言えるでしょう、反対に柔らかいコイルスプリングを使用しているソファについては、座るときにはしっかり衝撃を吸収してくれるメリットがあります。

ただ、柔らかすぎてしまうと腰が曲がりやすくなる体制で座ることになりますので、長時間座るときには腰の状態によっては辛いと感じてしまうかもしれません。

コイルスプリングの固さは、まさに腰痛を持っている人の腰の状態を左右する重要なパーツなので、自分の腰の状態に合わせて選ぶことが大切です。

このコイルスプリングの性能は、実際に座ってみなければ分からないことも多いので、ソファを購入するときには実際に購入する物を確認し、座ってみて決めるようにするべきでしょう。

ウェービングテープに注目する

ウェービングテープは、繊維とゴムを一体化させたような素材で作られているテープです。

ソファに座るときには、コイルスプリングと同じく体重がかかってしまう部分であるため、コイルスプリングとのバランスが良いウェービングテープである必要があります。

ウェービングテープは、全てのソファに使用されているわけではなく、コイルスプリングを守るために使用されていることもあます。

安価なソファに使用されている傾向にありますので、安価でもこのウェービングテープがしっかりしていれば高価なソファと同じような座り心地を保つことができます。

また、このウェービングテープを使用することで軽いソファを作ることができますので、デザイン性に幅が広がると言ったこともあるのです。

腰痛にしっかり対応できるためにデザインされたソファにも使用されていますので、決して無視できないパーツだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

腰痛の人が選ぶべきソファ

座面だけではなく背面にも注目する

腰痛の人がソファを選ぶ場合、ほとんどの人は座面に注目するでしょう。

座面に使用されているコイルスプリングの能力や、その能力から受ける座り心地など、座面への注目が高くなってしまいますが、長時間座ることを想定した場合は背面にも注目をする必要があるのです。

ソファの背面は一般的にはフレームにウェービンテープとウレタンフォームを組み合わせことが多いですが中には背面にもコイルスプリングが使用されていることもあるのです。

背面にコイルスプリングを使用することで、座面だけではなく背面に対する快適性も高まり、腰痛の軽減にも繋がってくるのです。

しかし、やはり実際に座ってみてその快適性を確かめた上で購入することが一番でしょう。

腰痛の状態によっては、ウェービンテープとウレタンフォームの組み合わせの方が快適に感じることもあります。

座る面だけではなく他のパーツにも注目する

ソファのメインは当然座っている面でしょう。

しかし、腰痛を持っている人はひじ掛け部分にも注目して選ぶことが重要なのです。

ひじ掛けを使用することで、体の体重がよりソファに分散されるため、楽にソファに座り続けることができるようになります。

ひじ掛けの形状や素材などにも注目して、楽な姿勢を保つことができるタイプを選んでみましょう。

腰痛を持っている人だからこそ選ぶべきソファ2選

ARMONIABONITA

ARMONIABONITAは、腰痛を持っている人の間ではとてもメジャーなソファだと言える存在です。

ARMONIABONITAの大きな特徴は、座面がとても広く柔らかいことです。

とくに、座面がとても広い特徴はメリットが大きく、広い面で体を支えることができるため、常に楽な姿勢を保つことができるようになります。

柔らかめなクッションは、腰への衝撃を和らげてくれる特徴がありますのでおすすめです。

広めの座面は、座るだけではなく仮眠を取るようのソファとしても活用することができるでしょう。

エンジョイホームNEAR

エンジョイホームNEARは、あまり有名なソファではありませんが、腰痛の人にはとてもおすすめできるソファだと言えます。

とくに注目するべきポイントは、柔らか過ぎず、まさにちょうど良い座り心地を目指して作られたコイルスプリングの性能でしょう。

慢性的な腰痛に悩まされている人にはおすすめであり、長時間座っていても腰に違和感を感じることなく座り続けることができるでしょう。

また、座面が少しだけ後ろに傾斜していますので、自然と正しい姿勢で座り続けることができるようになります。

見た目にもとてもお洒落なデザインを採用していますので、部屋のインテリアとしても活躍してくれる存在になってくれるでしょう。

メーカーだけに惑わされない選び方が重要

実際に座ってから選ぶ重要性

腰痛の人がソファを選ぶ場合、まずはインターネットの口コミ情報などを参考にしてしまうでしょう。

確かに同じ腰痛の悩みを抱えている人からの口コミなどはとても参考になり、自分も同じソファを購入すれば腰痛の悩みから開放されるだろうと考えてしまうはずです。

ただ、やはり腰痛の状態や体の形状などは人それぞれ違いがありますので、インターネットだけの情報で決めるのではなく、購入する前に座ってみて決めることが一番でしょう。

ソファは高価な物が多く頻繁に買い換えるような物ではありませんので、慎重にさまざまな角度で座ってみて購入を決めましょう。

まとめ

腰痛の人がソファを選ぶ場合には、とても慎重になる必要があるでしょう。

自分の腰の状態に合わせて、素材などにもしっかり注目をして選ぶ必要があります。

しかし、インターネットだけの情報を元に購入をすることはおすすめできません。

やはり実際に購入を希望しているソファを確認して、さらに実際に座ってみての購入を行うべきだと言えるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ