腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

中高年に多い膝痛!変形性膝関節症の症状と原因について

      2017/09/08

膝の痛みは日常生活に支障をきたす恐れがあることから、とてもやっかいな症状と言えます。

その膝痛の原因は様々あり、膝痛を軽減したり治したりするには、その原因に適した治療を行うことが必要になります。

ここでは、膝痛の原因の一つとなっている「変形性膝関節症」について解説していくので、膝痛の予防や改善のために理解しておきましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝の関節に関わっている骨や軟骨が、何かしらの影響ですり減ったり、傷ついたり、変形したりしてしまい、それが原因となって膝に痛みが起こり、膝の動きが悪くなる症状になります。

そして、傷つくことによって欠けた骨が、周りの細胞組織を刺激してしまうと炎症が発生し、痛みを感じてしまいます。

その刺激により関節液が多量に分泌されてしまうと、一般的にいわれている「膝に水が溜まる」という状態になってしまい、膝に違和感や倦怠感を感じることになります。

症状が進むにつれて軟骨はすり減っていくため、軟骨は薄く変形し、少しずつ膝の骨も形が変わっていきます。

そして、加齢により、関節の動きに大きく関わっている関節液の量は減っていくので、歳を取り老化していくと膝がスムーズに動かなくなっていきます。

日頃の生活で起こる膝痛の原因の多くは、先程説明した「変形性膝関節症」になります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

男女別の変形性膝関節症になる割合

変形性膝関節症は特に高齢者に多い症状で、加齢により一般的に40歳過ぎたあたりから変形性膝関節症になる確率は増えていきます。

そのように、歳を重ねるほど起こしやすい症状ですが、男性と女性とでは変形性膝関節症になる割合は違っており、女性の方が変形性膝関節症になる割合が多いのが特徴となっています。

その割合を詳しく説明すると、60~69歳の男性が20%弱で女性は40%弱、70~79歳の男性が約40%で女性は70%弱、80~89歳の男性は70%弱で女性は80%強となります。

このように変形性膝関節症は女性の方がなりやすいため、女性は特に注意する必要があります。

痛みがあるということは異常が発生している証拠であり、人間は痛みを感じるのをなるべく避けたくなるため、膝を痛めてしまうと以前よりも動かなくなってしまいます。

しかし、長い間動かないと膝を支える筋肉は少しずつ衰えていくので、膝の痛みが悪化したり、治らなかったりしてしまいます。

そのような負の連鎖から抜け出すには、なるべく早く治療を行うことが大切になります。

早めに膝痛の治療を行えば、膝の痛みを抑えながら治すことが可能となります。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の主な特徴は、痛みを感じたり、患部が腫れたり、膝の動きが悪くなることです。

では、その症状を詳しく見ていきましょう。

体を動かした時に痛む

変形性膝関節症は、歩き出す時や立ち上がる時など、膝に体重がかかる時に痛むことが多くなるのが初期症状となります。

そして、徐々に症状が進んでいくと、正座をする時や、階段を上ったり下りたりする時にも痛みを感じるようになります。

そのような状態の時は、安静にしていれば痛みを感じなくなりますが、症状が酷くなると安静にしていても痛むことがあります。

このように、変形性膝関節症の主な特徴の一つは、体を動かした時に痛みが起こることになります。

膝が腫れあがる

膝関節に炎症が起こると、その刺激が影響して関節液が多量に分泌されてしまうことがあります。

そのようになると、「水が溜まる」という状態になり、膝が腫れあがってしまいます。

そして、当然痛みも発生するため、腫れと痛みにより膝を動かすことが困難になります。

このようなことも、変形性膝関節症の症状の一つになります。

膝の曲げ伸ばしが難しくなる

膝は座ったり立ち上がったり、歩いたり走ったりなど色々な動作に大きく関わっており、変形性膝関節症になってしまうと膝を動かすことが困難になることから、それらの動作をすることが難しくなります。

また、安定感が低下することから、少し動いたり歩いたりなど様々な動きで、無理な姿勢になったり不自然な動きになってしまいます。

そのようなことから、さらに膝にかかる負担は大きくなり、さらに痛みが酷くなる恐れがあります。

変形性膝関節症になる原因

変形性膝関節症になる主な原因は、歳をとることによる「加齢」と「膝にかかる負担の蓄積」といわれています。

若いと回復が早いため、ある程度膝に負担がかかりダメージが加わっても、すぐに元の状態に戻ります。

ですが、長い期間膝を労わらずに使いすぎたり、強い負担をかけ続けすぎたりすると、膝に加わったダメージは回復することなく、膝の骨や軟骨は少しずつ傷ついていきます。

また、骨や軟骨だけでなく、筋肉にもダメージは蓄積されるため、普段の行動による膝にかかる負荷に耐えられなくなり、膝に痛みが発生してしまいます。

そして、加齢により膝が弱くなると、さらに膝は損傷しやすくなります。

それでは、変形性膝関節症の原因について詳しく解説していきます。

歳を重ねて老化すること

ここまで何度か、加齢が変形性膝関節症の原因になるということを話してきたので分かるかと思いますが、歳を重ねて老化していくと変形性膝関節症の原因になります。

それは、老いていくと代謝が低下し、筋肉や骨や軟骨の強度が低下するためです。

また、長い年数生きてきたことにより、膝をそれだけ使ってきたため、膝にダメージが蓄積されやすくなります。

そして、膝の軟骨に運んでいるヒアルロン酸が加齢により減ってくため、軟骨がすり減りやすくなります。

運動不足と栄養不足

運動不足になると筋肉や骨や軟骨は衰えていくので、当然膝は弱くなっていくため変形性膝関節症になる確率は高まってしまいます。

そのため、適度な運動をすることが大切になります。

スポーツをやっている方なら分かりやすいと思いますが、筋肉はトレーニングによって負荷をかけ、栄養を摂ることによって前よりも強くなっていきます。

膝もそのようなことと一緒で、膝の筋肉や骨や靭帯なども、運動やトレーニングによってある程度負荷をかけて、バランス良い栄養を摂ることによって強くなっていきます。

このように、膝を強くするには運動をして栄養を摂ることが重要で、食事ではタンパク質やビタミンやミネラルなどバランスよく栄養を摂ることが、変形性膝関節症の予防に繋がります。

そのため、運動と栄養のどちらが欠けてもいけません。

どちらかが欠けていると、膝を強くすることはできないので覚えておきましょう。

また、激しい運動は膝に負担がかかり過ぎて、逆に膝を痛めてしまう可能性があるため、適度な運動をすることが大切になります。

太り過ぎること

膝は自分の体重を支えており、普通に歩くだけでも体重の3倍ほど膝に負荷がかかります。

そのようなことから、体重が多いほど膝にかかる負荷は多くなることになります。

膝に強い負荷がかかり続けると、骨や軟骨が損傷しやすくなります。

また、多くの肥満の人は、運動をしないで筋肉や骨が弱いまま体重が増えているので、その膝では重い体重を支えることはきつく、変形性膝関節症になりやすいと言えます。

それに対して、痩せすぎている人も膝の痛みを起こしやすいと言えます。

それは、栄養が足りてない可能性が高いため、筋肉や骨が衰えている可能性があるからです。

姿勢が悪いこと

背中が丸まっていたり、O脚だったりすると、歩く際の膝にかかる負担は大きくなります。

そして、O脚は重心のかかり方が傾いているため、内側に体重がかかりやすく、膝を痛めやすくなります。

そのため、これらが原因で膝が痛い場合は、正しい姿勢に矯正することをおすすめします。

正しい姿勢にすることによって膝にかかる負担は少なくなり、膝痛が軽減、もしくは改善することを期待することができます。

スポーツや仕事で膝を酷使していること

激しい運動は膝にかかる負担が大きくなり、毎日することによって膝には疲労が蓄積されてしまいます。

そして、仕事でも、力を使う仕事をしている人の膝には大きな負担がかかっています。

適度な運動や力仕事なら筋肉や骨が強くなり、逆に膝痛の予防になりますが、激しい運動やきつすぎる力仕事は過度に膝に負担がかかり、変形性膝関節症の原因になってしまいます。

そのため、スポーツや力仕事をしている人は膝痛には注意し、定期的に膝のケアをすると良いでしょう。

まとめ

以上、変形性膝関節症について詳しく解説してきましたが、いかがでしたか。

膝の痛みが軽度ならしばらく様子を見ても問題ありませんが、痛みが強かったり、膝に違和感があったり、精神的にも影響するようなら専門の医療機関で受診することをおすすめします。

また、膝痛が軽度でも、なかなか治らない場合は医療機関に行くと良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ