腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

二人掛け 木肘 ハイバックソファを紹介!腰痛でも利用しやすい?

   

ベンチ ベンチソファ アンティーク調リクライニングラブソファ 「 クレドール 」 ( 前倒れ3段階リクライニング ) 布地タイプ レッド色

日本には腰痛の方でも利用しやすいソファが数多く販売されています。

しかし腰痛の方でも利用できるソファーの中には、レトロな家具が好きな方を満足させられるようなデザインをしている家具は多くありません。

所が『二人掛け 木肘 ハイバックソファ』は、腰痛の方でも利用できるような機能を備えているのに、レトロなデザインをしているので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

二人掛け 木肘 ハイバックソファの特徴

二人掛け 木肘 ハイバックソファは、腰痛の方だけではなく多くの方たちが満足できるように機能・デザイン両面で優れているソファーです。

そこで、二人掛け 木肘 ハイバックソファを詳しく知りたい方のために、機能・デザイン両面で優れている所を紹介するので、確認してみて下さい。

趣のあるデザイン

二人掛け 木肘 ハイバックソファは、趣(おもむき)のあるカラーをしたソファーで、肘掛や脚の部分はウッドフレームを採用しています。

このウッドフレームは、まるで長年に渡って使用してきたように感じさせる物になっています。

そのため、二人掛け 木肘 ハイバックソファはアンティーク家具のように見えて、レトロな雰囲気が漂っているのです。

そのため、アンティーク家具を揃えている部屋に、二人掛け 木肘 ハイバックソファを設置させても違和感を抱くような事がないでしょう。

3段階リクライニング

二人掛け 木肘 ハイバックソファはレトロな雰囲気が漂っている上に、背もたれを3段階にリクライニングできます。

日本にはリクライニングできるソファーは数多く販売されていますが、レトロな雰囲気が漂うソファーでリクライニングできる家具は多くありません。

そして背もたれをリクライニングできれば、身体に合った角度に背もたれを調節する事ができます。

そのため、腰にかかる負担を軽減する事が可能になるので、腰痛に悩まされている方には二人掛け 木肘 ハイバックソファはおすすめです。

適度な柔らかさ

腰痛の方たちの中にはソファーを利用したくても、ソファーを購入しない方は多くいるでしょう。

実際にソファーの柔らかさが、腰に大きな負担をかける事によって腰痛が悪化する場合があるからです。

ソファーはリラックスをするために購入する方は多くいるので、腰を痛めてしまう原因になれば購入したくない方が多いのは仕方のない所と言えるでしょう。

しかし、二人掛け 木肘 ハイバックソファの座面は適度な柔らかさになっているので、腰にかかる負担を軽減できるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

背もたれの角度を調節する重要性

腰痛に悩まされている方たちの中には、リクライニングできる家具を利用した事がない方は多くいるでしょう。

そのような方はリクライニングできる事で、腰にかかる負担を軽減できる理由は分からないと思うので、リクライニングする重要性について紹介するので見ていきましょう。

座っていられる時間

背もたれの角度が、身体に合わない場合には、長い間に渡って座る事が難しくなります。

そのようなソファーでは、何回もソファーから立ち上がりたくなるでしょう。

しかしソファーから立ち上がる事は、腰に大きな負担をかけてしまうので、腰痛の方は腰に痛みを感じてしまいます。

そのため身体に合う角度まで、背もたれを調節する事ができれば、ソファーから立ち上がる回数を抑える事ができるのです。

ただし、あまりにもソファーに長く座ってる場合でも、腰に大きな負担になるので注意する必要はあります。

正しい姿勢をキープ

背もたれの角度が、自分の身体に合わない場合には、背中が背もたれに密着しても腰だけが離れてしまう事があります。

このような状態になってしまえば、お尻が前のほうへズレてしまうので、お尻ではなく腰で座っているような状態になってしまうのです。

そうなれば、腰に大きな負担をかけてしまうので、腰痛を悪化させる原因になってしまいます。

そのような事態を避けるためにも、背もたれの角度を調節できるリクライニング機能が備えられているのは、二人掛け 木肘 ハイバックソファの大きな魅力です。

座面の柔らかさが重要なポイント

ソファーの座面の柔らかさも、腰痛の方でも利用しやすいか大きく関係しています。

そこで腰痛でも利用しやすいソファーを探している方のために、座面が適度な柔らかさになっている重要性を紹介するので、見ていきましょう。

座面が柔らかいケース

ソファーだけではなく、マットレスでも同じ事が言えますが、柔らかくなっていれば、腰が沈み込んでしまう事になります。

そのような事になれば、腰に大きな負担をかけてしまうので腰痛が悪化する原因になるのです。

さらに腰が沈み込んでしまえば、正しい姿勢をキープする事も難しいので、座面が柔らかい場合にはデメリットが多いのです。

そのような事を考えれば、腰痛の方には、座面が適度な柔らかさになっている二人掛け 木肘 ハイバックソファは検討してみる価値があるでしょう。

座面が硬いケース

ソファーの座面が柔らかくなっている場合に腰痛が悪化するのであれば、座面は硬いほうが良いように感じるかもしれません。

所がソファーの座面は硬い場合でも、腰痛を悪化させるケースがあるのです。

なぜならソファーの座面が硬い場合には、お尻が痛く感じてしまうので、正しい姿勢をキープする事が難しくなるからです。

さらに、お尻が痛く感じてしまえばソファーから立ち上がりたくなってしまうので、腰痛を悪化させる可能性が高くなります。

そのため、ソファーの座面が硬い場合にも注意しなければいけません。

商品情報の詳細

二人掛け 木肘 ハイバックソファの魅力が分かった所で、次に商品情報も紹介するので、二人掛け 木肘 ハイバックソファを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

カラーバリエーション

二人掛け 木肘 ハイバックソファには、3種類のカラーバリエーションが用意されていて、そのカラーの種類はレッド・ブラウン・グリーンなどがあるのです。

レッドは淡いカラーになっているので、少し可愛らしさと華やかさが共有しているカラーになっているので女性に好まれやすいカラーになっています。

グリーンは趣のあるカラーになっているので、ご年配の方に好まれやすいカラーになっています。

そしてブラウンはシックで落ち着いたカラーになっているので、男性に好まれるカラーになっているのです。

このように3種類もカラーが用意されているので、性別や年代に関係なく多くの方たちが好みの合うカラーを見つけられる可能性が高いです。

サイズ

ソファーは大型家具になっているので、部屋に置くスペースを確保しなければいけません。

実際に二人掛け 木肘 ハイバックソファのサイズは、幅122×奥行78~100×高さ80~90cmになっています。

そのため、二人掛け 木肘 ハイバックソファを購入する際には、このサイズの家具を置くスペースが確保できるのか確認してから購入したほうが良いでしょう。

コストパフォーマンス

二人掛け 木肘 ハイバックソファは、機能・デザイン両面で優れているソファーなので、多くの方たちは「気軽に購入できるような値段なのだろうか」と心配になってしまうでしょう。

所が、二人掛け 木肘 ハイバックソファは、楽天市場では税込価格28,491円で購入する事ができるのです(2017年9月時点)。

二人掛け 木肘 ハイバックソファは、二人まで一緒に座れるほど幅が広いソファーである事を考えたら、30,000円以下で購入できるのはコストパフォーマンスが高いソファーと言えるでしょう。

まとめ

二人掛け 木肘 ハイバックソファはレトロな雰囲気が漂うなようなデザインになっているのに、腰痛の方でも利用しやすい機能を備えています。

そのような特徴があるソファーなので、今まで腰痛でも利用できるソファーの中には満足できるデザインを見つけられなかった方でも、二人掛け 木肘 ハイバックソファであれば満足できる可能性が高いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ