腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

人気の秘密は低価格?1万円以下で買えるおすすめマットレスをご紹介!

   

SLEEple スリープル 高反発マットレス 8cm厚 高反発ウレタン 三つ折りバンド付き シングル ブラウン

快適な睡眠を得るために、こだわりたいのが体を横たえるマットレスです。

どうせ購入するなら、口コミや評判が良く、人気の高いものの方が安心して購入できますよね。

さらにお安ければいうことはありません。

そこでここでは、口コミや評価は高いのに低価格のマットレスをご紹介します。

全て1万円以下で購入できるものばかりです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスを選ぶ時気をつけたいポイントは?

ひと口にマットレスと言っても種類は様々です。

また、使う人によって求める「寝心地」や「肌ざわり」「弾力性」は異なります。

さらに腰痛などがある人は体への負担も考慮しなければなりません。

安いから、人気だからという理由だけではなく自分が納得し、体に合ったものを選ばなければ快適な睡眠を得ることはできません。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

お求めのマットレスは…高反発?低反発?

マットレスの中でも人気が高いのはウレタン素材。

「低反発」と「高反発」を謳うマットレスです。

寝心地が全く異なるので、簡単にご紹介します。

高反発マットレスとは…?

高反発マットレスとは、「反発力が高い」マットレスです。

つまり、押し返す力が高く体が沈み込まないマットレスのことを言います。

体が沈み込まないとどんなメリットがあるかといいますと、体の負荷をうまく全体に分散することができます。

快適な睡眠のためには、「理想の寝姿勢」をキープすることが重要。

高反発マットレスなら体を支える力が強いので、理想的な寝姿勢をキープしやすくなります。

また、寝返りをうちやすいので、寝ている間も血液の流れが停滞しにくくなります。

肩こりや腰痛などがある方におすすめですが、あまりに反発力が強すぎるものは寝心地が悪くなってしまいますし、マットレスに当たる部分だけ血流が滞ってしまいます。

ほどほどの反発力がおすすめです。

低反発マットレスとは…?

低反発マットレスとは、高反発マットレスとは逆のもの。

反発力が低く、跳ね返す力が弱いマットレスです。

低反発マットレスのおすすめポイントは何といっても「寝心地の良さ」です。

ふんわりとした感触なので、横たわると包み込まれているかのような優しい安心感を得ることができます。

しかし、あまりに反発力が弱すぎるものですと体が沈みこみすぎて、重みのある腰部や臀部に負荷が集中してしまいます。

反発力が低いため寝返りも打ちにくく、血液の流れが停滞してしまうおそれがあります。

ですから、寝心地の良い低反発マットレスをお探しの際は「ほどほど」の反発力があるものがおすすめです。

スプリングタイプのマットレスはどう…?

高反発・低反発マットレスはウレタン素材。

これに対し、良くあるタイプのマットレスは「スプリングタイプ」と呼ばれるものです。

ベッドにのって飛び跳ねると「ギシギシ」と音を立てるタイプのマットレスがこれに当たります。

スプリングタイプのマットレスには2つのタイプがあります。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスとは、一つ一つの独立したコイルスプリングが「点」で体を支えてくれるマットレスです。

体へのフィット感が高く、体圧分散力に優れているのが特徴。

寝心地はマットレスに詰められている素材によって左右されます。

詰め物が少ないとスプリングを体に感じやすくなってしまい、寝心地が良くありません。

数値だけ見ても判断しにくいものが多く、実際に寝てみるのがおすすめです。

ボンネルコイルマットレス

こちらはコイルスプリングが連結されており、その上に中綿やウレタンでクッション性を持たせたマットレスです。

ポケットコイルマットレスとは異なり「面」で支えるのが特徴。

寝心地は表面に配置されている中綿やウレタンに左右されますが、おおむね硬めの寝心地のものが多いです。

スプリングタイプのマットレスは、どちらのタイプにしてもかなりの重さがあることに注意が必要です。

中身がスプリングのため、簡単に廃棄することができません。

重みがあるので扱いにくく、廃棄に手間がかかるということに注意しましょう。

低価格で人気の高いマットレスをご紹介!

一度購入すると、買い替えが難しいマットレス。

人気の高いものは寝心地や品質にそれなりの理由があります。

低価格でも快適な寝心地を約束してくれるマットレスとはどんなものでしょうか。

高反発マットレス 10㎝ マックスシェアー

累計販売数が40万枚を突破した高反発マットレスです。

厚みは10㎝。

表面がフラット状の「フラットタイプ」と凸凹状の「プロファイルタイプ」から選択することができます。

高反発素材なので、体の沈み込みが少なく体格の良い方にもおすすめです。

硬さは150Nと180Nがあり、より硬めをお好みの方は180Nですと快適な寝心地を実現できます。

へたりにくいウレタンフォームを使用しているので体の圧力を適度に分散してくれます。

またお子様にも安心の「超低ホルムアルデヒド」素材。

「遊離ホルムアルデヒド試験 A法」をクリアしており、赤ちゃんへの使用にも問題がありません。

ホワイトとブラウンの2色から選ぶことができ、追加料金でパイル地のカバーセットも付きます。

安心の一年保証がついて、お値段は税込み3,996円とかなりの低価格です。

口コミでも「コストパフォーマンス抜群」との声が多く聞かれました。

高反発三つ折り マットレス 10㎝ タンスのゲン

こちらも厚み10㎝の高反発マットレス。

取り扱いがしやすい三つ折りタイプです。

マットレスを折り曲げ、三角状にたてておくだけでマットレスの湿気飛ばしを行うことができます。

寝心地ややや硬めの140N。

程よい反発力で、「体圧分散」と「寝心地の良さ」を両立しました。

こちらのマットレスのお値段は税込み5,480円です。

口コミでは「扱いやすい」という声が多く聞かれました。

ボンネルコイルマットレス イーズスペース

こちらはスプリングタイプのマットレスです。

体が沈み込みにくい、硬めの寝心地です。

体を面で支える「ボンネルコイル」タイプ。

設置されているコイルの密度が高いので、きめ細かな動きに対応し、体圧を的確に分散してくれます。

また、耐久性にも優れており、安定した寝心地を実現しました。

また、中材には「ボリュームキルティング」を使用。

コイルの体当たりを軽減する適度なクッション性と保湿性を持つ、ふんわりとした感触です。

このボンネルコイルマットレスの厚みは17㎝。

たっぷりの厚みで、マットレスの底つき感がありません。

コイル仕様ですから通気性も良く、湿気の多い季節にも安心です。

こちらは税込み5,780円。

お値段が安いので、子供にぴったりという口コミが見られました。

高反発マットレス スリープル

SLEEple スリープル 高反発マットレス 8cm厚 高反発ウレタン 三つ折りバンド付き シングル ブラウン

アスリートにも多数の愛用者がいると話題の高反発マットレスです。

優れたフィット感とホールド性を兼ね備えています。

表布は快適な肌触りを約束してくれる「パイル地」。

一年中を通して優しい肌触りが続きます。

また、スリープルの高反発素材「H.R.R.セル」が体のうごきにしなやかに対応し、理想的な寝姿勢をキープしてくれます。

マットレスに横たわると一度は体圧によって沈みますが、高い反発力が体を押し上げ、無理のない快適な状態にしてくれるのです。

朝まで不自然さのない快適な姿勢でねむることができます。

こちらのマットレスのお値段は税込み6,980円。

「朝の目覚めが快適になった」という口コミが見られます。

まとめ

眠りの質を左右するマットレス。

種類が豊富だからこそ、間違いないものを選びたいものです。

自分にあったマットレスを探すなら、まずは口コミや評判のチェックがおすすめです。

低価格でも人気が高く口コミが多いものなら安心できます。

この度ご紹介したのは10,000円以下のものばかり。

しかし、品質と人気は抜群です。

お気に入りのマットレスを是非見つけて下さいね。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団