腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

介護職は腰痛コルセットが役立つ!?介護で腰への負担を減らす方法

   

仕事の中には腰への負担が大きい仕事や職種がありますが、その一つが介護職です。

特に特別養護老人ホームなどの、要介護度の高い高齢者が入居することの多い施設では、入浴介助や普段の介助の時に、腰に負担がかかることもあります。

実際、介護職の方で腰を痛めて退職される方も多いので、これから介護職として仕事をする方は、腰痛対策をしておいたほうが安心です。

ここでは、介護職で腰痛対策をする時に役立つ腰痛コルセットについて解説します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

私の腰痛と介護職の体験談

私は以前特別養護老人ホームの介護職員として業務をしていた経験があります。

介護職では、高齢者を介護する時に、移乗(ベッドから車椅子等に移動してもらうこと)を頻繁に行いますが、そこで腰に負担がかかってきます。

体が健康な高齢者の場合は、高齢者自身が自分で立ち座り出来るのでそのような介助をする必要はありませんが、片麻痺や全麻痺のある高齢者の場合は必要です。

特に全麻痺の高齢者だと高齢者の体重を自身がほぼ全て支える形で移乗してもらう介助もありますので、腰への負担はかなり大きくなります。

ベテランの経験者なら、あまり腰に負担をかけないで介助をすることが出来ますが、ヘルパーなどの介護資格だけを持っていて、実務経験がない方はそこで腰を痛めてしまう事も多いです。

実際、私も未経験で特別養護老人ホームに就職して、働くようになってかなり苦労をしました。

中には、それなりに体重が重たい全麻痺の高齢者も居て、二人の職員で抱きかかえる形でリクライニング式の車椅子に乗ってもらったりしたこともあります。

介護職自体はとても楽しいですが、腰を痛めてやむなく退職することになる方も沢山いますので、介護職一本でやっていきたい方は、腰痛に気をつけて自分の体は自分で守ることが大切です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

腰痛コルセットが役立つ

と、そんな腰に負担がかかる事もある介護職の仕事ですが、そこで役立つアイテムが腰痛コルセットです。

私の場合は、介護職で少し腰を痛めてから腰痛コルセットを使うようになったのですが、その効果は大きく、使うようになってからは腰痛の症状が軽減していきました。

ですので、腰痛になりたくない方や腰痛予防をしたい方は、腰痛コルセットを使っていきましょう。

腰痛コルセットの魅力

腰痛対策グッズの腰痛コルセットは3つの魅力があります。

1つはその名の通り、腰痛予防や軽減をしてくれることです。

重たい高齢者の移乗介助をする前に、腰痛コルセットを付けておけば、腰痛予防が出来ます。

また、腰痛コルセットを取り付けている間は、腰痛の痛みが弱くなる場合もありますので、既に腰痛を持っている方にとっても使うメリットがあります。

2つ目の魅力は、商品によっては、お腹周りのプロポーションがよく見えるということです。

腰痛コルセットは通常コルセットと同じように、お腹周りに圧をかけて引き締めますので、洋服を着た時に細く見えるようになります。

3つ目の魅力は姿勢の改善効果です。

腰痛コルセットをつけると、腰回りが安定し、背筋が伸びて姿勢がよくなる事もあります。

特に腰痛予防や、腰痛の軽減目的に腰痛コルセットは有効ですので、介護の仕事をしていて腰痛の悩みを抱えているなら活用していきましょう。

選び方のポイント

そんな腰痛コルセットを使ってみたいという方は、腰痛コルセットを選ぶポイントを知って購入しましょう。

腰痛コルセットを購入するときに、見ていきたいポイントは次の5つです。

取り外しが簡単

介護職の方が使う腰痛コルセットは、テープ式などの取り外しが簡単な商品がおすすめです。

腰痛コルセットは腰痛軽減や予防に役立ちますが、長時間つけていると、筋力低下が起きてしまう事もあります。

ですから、サッと装着することができる着脱が簡単な商品が良いでしょう。

重たい高齢者の介助のときだけ使うようにすれば、腰痛コルセットでよくある筋力低下の心配も少なくなります。

伸縮性や通気性に優れたもの

介護職はずっと立ちっぱなしではなく、高齢者とお話をしたり介助する時に、しゃがむ動作をしたりすることが多いですが、そこで重要になってくるのが伸縮性です。

伸縮性や弾力性のある素材を使ったコルセットなら、動きやすくなってきますので、介護の仕事もやりやすくなります。

また、介護職はフロアを歩き回ったり、高齢者の介護や介助をしたりで夏場は汗だくになる事も多いです。

ですから、夏場に腰痛コルセットを使うという方は、通気性に優れた商品がおすすめです。

通気性が良ければムレにくくなるので、腰回りが不快になることも少なくなります。

逆に冬場に使用する場合は、ナイロン素材やポリウレタン素材を使った保温性が高い商品を選ぶと、腹巻きのように腰回りを暖めてくれます。

フィット感が良いもの

腰痛コルセットの効果を引き出すためには、体にフィットする商品を選ぶことが大切です。

そのためにはまずは体に適したサイズの商品を選ぶようにしていきましょう。

腰痛コルセットも洋服と同じようにSサイズやLサイズとサイズが色々とありますので、ウェストサイズを図った上で商品を選ぶと良いです。

また、微妙な締め付けの調整ができる商品もおすすめです。

ボーンが入っているもの

腰回り、腰椎をしっかりサポートしたい場合は、ボーンが入っている商品がおすすめです。

ボーンの本数は商品によって違いますが、多いものは4本から8本ほど入っています。

動き易さは若干下がってしまう事もありますが、腰痛が酷くて困っているならボーンが入っている商品も見てみましょう。

メンテナンスが簡単

特別養護老人ホームなどの、要介護度の高い高齢者を介護する施設では、しばしば体力を使う仕事が入ってくることもあります。

そのため、夏場は汗をかいて、腰痛コルセットが臭くなったり汚れたりすることが多いです。

汚れたままの腰痛コルセットは臭いがするようになるだけでなく『衛生面』でも問題が出てきますので、介護職に従事する方なら、定期メンテナンスは必要不可欠と言えます。

ですから、常に綺麗な状態で使えるようにするためにも、洗濯機で丸洗い可能な商品やメンテナンスがしやすい商品がおすすめです。

他の仕事でも役立つ

腰痛コルセットは介護職だけではなく様々な仕事やシーンで使用することが出来ます。

介護職から別の職業に転職した時にも、腰痛コルセットが活躍することも多いです。

また、普段の家庭での日常生活でも腰痛コルセットがあると便利で、長時間中腰の姿勢を維持しなければいけない皿洗い等をする時にも使えます。

それが一つあれば色々なシーンで使えますので、介護の仕事をしていない方も、腰痛を持っているなら腰痛コルセットを持っておくと安心です。

ちなみに、私が働いていた介護の職場では腰痛コルセットを職員間で共有していました。

体型が同じくらいなら、バンドやテープの調整で使い回せるので、重たい高齢者の介護をする時のために一枚用意しておくのも方法です。

腰痛コルセットの価格も一万円以下で購入できる商品が多く、そこまで高額なものではありませんので、購入して腰に負担がかかりそうなシーンで使って下さい。

まとめ

腰痛持ちの方には腰痛コルセットが役立ちます。

また介護職では、その腰痛コルセットがあると役立つシーンが沢山あります。

介護職で働く方は、腰痛コルセットを使って腰痛予防や軽減をして、腰痛により退職しなければいけなくなる事を防いでいきましょう。

洋服の下に着用することが出来る腰痛コルセットなら、見た目も気にせず現場で使うことが出来ます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - コルセット・ベルト・サポーター