腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発ごろ寝マット 60×180cmは運びやすい低反発マットレス

   

マルチマットレス 高反発 低反発 2層 厚さ4cm 【低反発1cm+高反発3cm】 60×180cm 高密度ウレタンフォーム 丸めて収納・持ち運び便利 ごろ寝 昼寝 災害時 車中泊 ブラウン

マットレスには、大きく分けて2つのタイプがあって、それが『高反発タイプ』と『低反発タイプ』です。

それぞれ、メリットやデメリットがあるので、利用する方によって、体に合うタイプは違います。

そのため、高反発タイプが苦手な方は、低反発タイプのマットレスを利用する事が重要です。

しかし、自宅で低反発マットレスを利用しても、宿泊先で高反発マットレスが用意されていたら、睡眠の質が低下してしまいます。

そこで、おすすめなのが『低反発ごろ寝マット 60×180cm』です。

このマットレスは低反発タイプになっている上に、運びやすい製品になっているので、その魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

低反発ごろ寝マット 60×180cmの特色

本製品は、運びやすくなっている上に、寝心地までよくなっているのは、反発力やカバーが大きく関係しています。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、このマットレスの特色について紹介するので、参考にしてみて下さい。

運びやすいタイプ

低反発タイプは、反発力が低くなっている事から、丸めやすくなっています。

本製品も低反発マットレスになっている事から、丸めていく事ができるので、コンパクトなサイズにする事が可能です(全ての低反発タイプのマットレスが丸められる訳ではないので注意)。

さらに、本製品の裏面にはバンドが備えられていて、丸めた状態を固定する事ができるのです。

そして、バンドを取っ手にする事ができるので、本製品はバッグのように持ち運ぶ事ができます。

低反発タイプ

高反発タイプが体に合わない方が、低反発タイプに合う理由は『ソフトな使用感』が大きく関係しています。

実際に、高反発タイプはマットレスが硬めになっているので、体の沈み込みを抑えてくれますが、体に刺激を与えてしまうので痛く感じてしまう方がいるのです。

それに引き換え、低反発タイプは体の沈み込みをあまり抑えられませんが、マットレスが柔らかくなっている事から、あまり体に刺激を与えません。

そのため、体の沈み込みの抑制よりも、ソフトな使用感を優先したい方には、本製品はおすすめのマットレスです。

パイル生地

本製品のカバーが寝心地に大きく関係しているのは『肌触り』がよくなっているからです。

実際に、本製品のカバーは『パイル生地』になっているので、なめらかな肌触りになっています。

もしも、肌がチクチクするようなカバーを採用しているマットレスを利用してしまえば、睡眠の質が低下してしまうので注意しなければいけません。

睡眠の質が低下すれば、睡眠の時間を確保しても、睡眠不足に陥ってしまいます。

そのため、パイル生地を採用している本製品であれば、睡眠の質をキープしやすくなっているのです。

洗濯可能なカバー

パイル生地を採用しているカバーでも、定期的に洗濯しなければ、マットレスには湿気がたまっていきます。

もしも、ダニが繁殖してしまえば、チリダニが繁殖しやすくなってしまうのです。

このチリダニは湿気を好む習性があって、繁殖していくうちに『ダニアレルギー』を発症する可能性が高くなってしまいます。

ダニアレルギーを発症したら、目の充血や鼻水などの症状に悩まされるようになるのです。

そのような事になれば、寝心地も悪くなってしまうので、注意する必要があります。

所が、本製品のカバーは中材から取り外す事ができる上に、洗濯する事ができるので、湿気対策を講じる事ができるのでダニの繁殖を抑える事も可能です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

低反発マットレスのメリット

低反発タイプのマットレスは、ソフトな使用感になっているだけではなく、その他にもいくつかメリットがあります。

そこで、どのようなメリットがあるのか紹介するので、それが分かれば本製品を利用する重要性も理解できるはずです。

優れた保温性

低反発タイプのマットレスは、体がある程度まで沈み込むので、体を優しく包み込んでくれます。

そのため、熱がこもりやすくなるので、寒い冬場の季節では体が冷えづらくなります。

実際に、保温性が優れていないマットレスを利用していたら、腰が冷えてしまって腰痛になる可能性があるのです。

なぜなら、腰が冷えたら、腰付近の血管が収縮してしまうので、疲労物質がたまってしまうからです。

そのため、冷え性に悩まされやすい方は、本製品を利用してみる価値があります(冷え性が治るという訳ではないので注意)。

安定した姿勢

体がある程度まで沈み込み低反発タイプのマットレスは、横向きでも安定した姿勢で眠り続ける事ができます。

もしも、高反発タイプのマットレスを利用している場合では、体があまり沈み込まないので、横向きでは不安定な状態になりやすいです。

そのような不安定な状態では、寝心地が悪くなってしまうので、睡眠の質が低下してしまいます。

そのため、横向きでも睡眠の質をキープしたい場合には、低反発タイプのマットレスを利用するメリットは大きいです。

製品情報の詳細

本製品の特色やメリットなどを理解してもらえた所で、次に製品情報の詳細も紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

圧縮梱包

本製品を楽天市場で注文した場合には『圧縮梱包』の状態で送られてくるので、マットレスを丸めなくても寝室まで運びやすくなっています。

ただし、圧縮梱包の状態が長引いてしまえば、品質が劣化する恐れがあるので、1週間以内に本製品を開封して下さい。

そして、開封した場合には、少し特殊な匂いがしますが、それはウレタンの匂いです。

そのため、体に害はありませんが、匂いに敏感な方は、部屋の窓を開けて換気して下さい。

そうすれば、本製品の匂いを緩和させる事ができます。

リーズナブルな価格

本製品は、寝心地と利便性を両立したマットレスなので、高額なイメージを抱いてしまった方は多いかもしれません。

所が、本製品は以外にもリーズナブルな価格になっていて、楽天市場では送料無料で税込価格3,672円で購入する事ができるのです(2018年7月17日時点)。

実は日本で販売されているマットレスの中には、10,000円以上になっている製品がいくつもあります。

それに比べれば、本製品は半額以下の値段なので、コストパフォーマンスが優れているほうのマットレスです。

本製品のレビュー

値段が安すぎるマットレスでは、品質が心配になってしまった方もいるかもしれません。

そこで、本製品のレビューも紹介するので、本当に魅力的なマットレスなのか参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品は、運びやすいだけではなく、コンパクトなサイズになっているので、車中泊する事ができて満足している方がいました。

実際に、本製品のサイズは、幅60×長さ180cmになります。

そのため、車内がそれほど広くなくても、本製品は設置しやすくなっています。

そして、低反発タイプになっている事から、寝心地がよくなっていて、満足している方までいました。

ただし、体重が重くなっている方が利用したら、体が痛く感じてしまう可能性もあるので注意する必要があります。

否定的なレビュー

本製品を注文したら、チャックが壊れているケースがあったので、マットレスが届いた場合には、どこか不具合がないか確認したほうが良いです。

さらに本製品を1年ほど利用していたら、マットレスがへたってしまって、不満を抱いている方もいました。

しかし、マットレスは利用していくうちにへたっていく事は避けられないので、この辺りは仕方のない部分です。

そのため、本製品を利用する際には、定期的にマットレスの向きを変えてみて下さい。

そうすれば、重くなっている腰を支える部分を変える事ができるので、マットレスのへたりを抑えられます。

まとめ

本製品は、丸めた状態で固定する事ができるので、外出先まで運びやすくなっています。

そのため、外出する機会が多い方から、車中泊したい方まで、本製品は満足しやすいマットレスです。

実際に車中泊できるようになれば、ホテルや民宿に泊まる必要がなくなるので、宿泊費を節約する事が可能です。

そうすれば、今までよりも気軽に旅行を楽しむ事ができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団