腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発クッション ドーナツは腰痛でも利用しやすい製品?

   

腰痛になってしまえば、椅子に座るだけでも、腰が痛く感じてしまいます。

そのため、腰痛になったら、底つき感を緩和するクッションを利用する事が重要になります。

しかし、底つき感を緩和するクッションを利用して、痛みをあまり感じなくなる症状もあれば、痛みを感じてしまう症状もあるので注意しなければいけません。

そこで、様々な腰痛の症状に対応できる『低反発クッション ドーナツ』を紹介するので、腰痛の方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

低反発クッション ドーナツの注目点

本製品には注目すべきポイントが4つあって、それが、円座クッション・極厚タイプ・洗濯可能なカバー・リバーシブルです。

この4つのポイントがあるお陰で、腰痛でも利用しやすいクッションになっているので、詳しく紹介しましょう。

円座クッション

腰痛の症状の中でも、通常タイプのクッションで対応できないもので『尾てい骨のヒビ』が挙げられます。

ギックリ腰とは違って、痛みを感じる場所がお尻に近い所にあるので、底つき感を緩和するだけのクッションでは、痛みを緩和する事が難しいので注意しなければいけません。

所が、本製品は『円座クッション』になっていて、中央部分が空洞になっているのです。

そのため、空洞部分に尾てい骨がくるように座れば、痛みをあまり感じないようになります(この時の痛みとは座った際の衝撃をあまり感じないという意味)。

極厚タイプ

ギックリ腰のように、背中に近い位置の腰が痛い場合では、底つき感を緩和できるクッションを利用すれば、本来であれば座りやすく感じられます。

所が『ボリューム』の足りないクッションを利用していたら、お尻が少し沈み込むだけでも、底つき感を抱いてしまうので、腰が痛く感じやすいので注意しなければいけません。

そこで、本製品はクッションの厚みを約9cmにする事によって、底つき感の緩和を実現しました。

そのため、ボリュームの足りないクッションを利用していて、腰が痛く感じやすい方には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

洗濯可能なカバー

クッションを利用していたら、肌がチクチクと感じて、長い間に渡って座り続ける事が難しいケースがあります。

このようなケースが起きてしまうのは、ダニがクッションに繁殖して、肌を刺されている可能性が高いです。

なぜなら、クッションに座り続けていたら、熱がこもる事から湿気が溜まって、ダニが繁殖しやすくなるからです。

所が、本製品のカラーは『洗濯可能』なので、ダニをある程度まで洗い流す事ができます。

そのため、長い間に渡って座る事が可能なので、あまり腰を動かさないで済みます。

リバーシブル

底つき感を緩和できるクッションでも、利用していくうちにクッションがへたってしまう事があります。

もしも、クッションがへたってしまえば、お尻が沈み込みやすくなるので、注意しなければいけません。

所が、本製品のカバーは『リバーシブル』になっているので、表と裏の両面を利用する事が可能です。

そのため、定期的にひっくり返して利用すれば、へたりをある程度まで抑える事ができます。

ただし、ひっくり返して利用しても、クッションがへたった場合には、新品に買い換えたほうが良いです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

クッションで対応できない腰痛

本製品は腰痛でも利用しやすいクッションになっていますが、残念ながら対応しきれない症状もあります。

そこで、どのような症状が対応できないのか紹介するので、確認してみて下さい。

ストレス

私たち人間は『ストレス』の多い現代社会で生活をしていて、実はこのストレスが腰痛の原因になっている場合があるのです。

その理由は、私たち人間には『ドーパミンシステム』があって、痛みを緩和する働きが備わっているのですが、ストレスを溜めすぎたらドーパミンシステムが乱れてしまうのです。

そのため、ストレスが直接的に腰痛になる訳ではありませんが、間接的に腰痛を誘発してしまいます。

このような症状で腰痛になった場合では、本製品を利用するだけでは対応できないので、定期的にストレスを発散するようにして下さい。

内臓の病気

腰痛に悩んでいる日本人は多くて、その中には腰痛になっている原因が分からない方までいます。

実は、腰に全く関係がないように思える『内臓の病気』を発症した時に、腰痛になる場合があるのです。

なぜなら、内臓の病気を発症したら、その内臓が肥大化して、腰を圧迫するケースがあるからです。

内臓と腰は近い位置にあるので、腰痛になっている方は、内臓の状態に注意する必要があります。

もしも、あなたが腰痛になった原因が分からない場合には、まず病院で診てもらったほうが良いです。

製品情報の内容

本製品の注目点や、腰痛の症状などを理解してもらえた所で、次に製品情報も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

利用方法

本製品は、お尻の下に敷いて利用するだけではなく、椅子の背もたれに立てかけて利用する事もできます。

実際に椅子の背もたれが硬くて、腰が痛く感じやすい場合には、底つき感を緩和できる本製品を立てかける方法は有効です。

ただし、本製品の厚みは約9cmもあるので、椅子の座面が狭く感じてしまうケースもあり得るので注意しなければいけません。

そのため、椅子の背もたれにクッションを立てかけたい場合には、まず椅子の座面の広さを把握してから、このクッションを購入するべきか検討したほうが良いです。

低価格なクッション

本製品は様々な腰痛の症状に対応できるクッションなので、少し高額なイメージを抱いた方は多いかもしれません。

所が、本製品は高額なクッションではなくて、楽天市場では送料別ですが、税込価格3,510円で購入する事ができるのです(2018年4月24日時点)。

実は日本で販売されているクッションの中には、1,000円前後で販売されている製品もありますが、10,000円を超えてしまう製品もあります。

それを考えたら、本製品はコストパフォーマンスが高いほうのクッションです。

本製品のレビュー

本製品はコストパフォーマンスの高いクッションですが、このクッションよりも値段が安い製品があるのも事実です。

そのため、本製品を購入するべきか悩んでしまった方も多いと思うので、本製品のレビューを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品の厚みが約9cmもある事から、このクッションに座っていたら、それほど辛く感じない方がいました。

ただし、座っていて辛く感じるかどうかは、個人差があるので注意する必要はあります。

その他に本製品を利用してみたら、クッションが少し固めになっていて、立ち上がりやすい所を気に入っている方がいました。

実際に柔らかいクッションを利用していたら、ふかふかした使用感になりますが、立ち上がる際に腰に負担をかけてしまう可能性があります。

それを考えたら、クッションが硬めになっているのは本製品の大きな魅力です。

否定的なレビュー

腰痛の方が、本製品を利用していたら、長い間に渡って座っていたら、辛く感じてしまうケースがありました。

ただし、私たち人間は立っている時よりも座っている時のほうが、腰に大きな負担をかけてしまいます。

なぜなら、立っている時は上半身の体重の負担が、両足で分散されているからです。

そのため、本製品を利用する際でも、1~2時間に1回は立ち上がって、腰の疲労を軽減させたほうが良いです。

まとめ

本製品はダニ対策を講じやすいクッションですが、利用している方たちの中には、長く座っていられない方までいました。

実際に、体重が重くなっている方がクッションを利用していたら、その製品はへたりやすいので、長く座る事が難しい場合があります。

そのため、腰痛の方はダイエットをして、体重を減らす事も検討したほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション