腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発プレミアードクッションは腰痛の方におすすめ!その理由とは?

   

低反発プレミアード クッション70mm ブラウン

クッションは底つき感を緩和できる事から、腰痛の方には重要な道具になります。

しかし、全てのクッションが腰痛でも利用しやすい訳ではないので、注意しなければいけません。

所が『低反発プレミアードクッション』は2つの素材を採用する事によって、腰痛でも利用しやすくなっているのです。

そのため、腰痛に悩んでいる方にとって興味深い製品だと思うので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

低反発プレミアードクッションの注目点

本製品が、腰痛の方でも利用しやすくなっているのは、2つの素材を採用しているだけではなく『サイズ』や『ボリューム』も大きく関係しています。

そこで、本製品が腰痛でも利用しやすくなっているポイントについて紹介するので、確認してみて下さい。

プレミアード低反発スポンジ

本製品は『プレミアード低反発スポンジ』を採用していて、反発力が低めになっている事から、体が低反発スポンジにフィットしやすくなっています。

実際に高反発スポンジは反発力が高くなっている事から、お尻が沈み込みづらくなっているので、お尻が痛く感じてしまう事があるのです。

そのような事になれば、正しい姿勢をキープする事が難しくなってしまうので、腰を動いてしまいます。

腰が動いてしまえば、腰痛の症状によっては痛く感じやすいので、腰痛の方には高反発スポンジが合わない可能性があります。

しかし、本製品であれば正しい姿勢をキープしやすくなってるのです。

高弾性ウレタンスポンジ

本製品は、上層がプレミアード低反発スポンジになっていますが、下層が高弾性ウレタンスポンジになっています。

この高弾性ウレタンスポンジが下層にある事によって、クッションがへたりづらくなっています。

実際にクッションがへたってしまえば、お尻が沈み込みすぎるので、逆にお尻に体圧が集中してしまったら、痛く感じやすいのです。

そのような事になれば、座り続ける事が難しくなってしまいます。

所が、本製品は2つの素材を組み合わせる事によって、お尻に刺激をあまり与えないで、へたりを抑えやすくなっているのです。

コンパクトなサイズ

腰痛になっている方なら実感しているかと思いますが、低い位置に座ったり、低い位置から立ち上がったりしたら、腰が痛く感じてしまいます。

なぜなら、低い位置に座ったり、低い位置から立ち上がったりしたら腰に大きな負担をかけてしまうからです。

そのため、クッションを利用するのであれば、畳やフローリングの上ではなく、ある程度まで高い位置になるデスクチェアの上に乗せて利用したほうが良いのです。

本製品は、コンパクトなサイズになっていて、幅40×奥行40cmになっているので、デスクチェアの上にも設置しやすくなっています。

ただし、本製品を購入する前に、念のために自分が利用している椅子のサイズを確認してみて下さい。

ボリューム

低反発スポンジであれば、お尻に与える刺激は弱くなっていますが、クッションのボリュームが足りなければ、底つき感が出てしまうのです。

もしも、底つき感が出てしまえば、お尻が痛くなってしまうので、正しい姿勢をキープできなくて、腰にも負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

所が、本製品はクッションの厚みが、約7cmもあるので、底つき感を緩和できています。

そのため、本製品よりもボリュームが足りないクッションを利用していて、お尻が痛く感じる場合には本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

座る際の注意点

本製品は、腰痛の方でも利用しやすくなっていますが、このクッションに座る際にはいくつか注意すべきポイントがあります。

そこで、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので、このクッションを購入しようと考えている方は参考にしてみて下さい。

腰にかかる負担

クッションに座っている時間が長引いてしまえば、腰に大きな負担をかけてしまうので、利用する際には1~2時間に1回は立ち上がったほうが良いです。

なぜなら、立っている時は両足によって、上半身の体重が分散されているからです。

それに引き換え、座っている時は、上半身の体重を受け止めるのは両足ではなく、腰になります。

お尻にも負担はいきますが、腰にかかる負担は大きいので注意しなければいけません。

そのため、腰痛の方はできるだけ座っている時間を短くしたほうが良いです。

正しい姿勢

猫背の方は、椅子の背もたれに寄りかかったら、後方に曲がっている背筋によって、お尻が前のほうへズレやすくなっています。

ところが、椅子の背もたれに寄りかかっている状態でお尻が前のほうへズレてしまえば、上半身の体重の負担は腰に加わりやすくなってしまうので注意しなければいけません。

そのため、猫背になっている方はできるだけ背筋を伸ばした状態で、腰が前のほうへズレないように座って下さい。

製品情報の内容

腰痛に悩んでいる方でも、クッションを購入する際には『カラーバリエーション』や『価格』が気になるでしょう。

そこで、このクッションの製品情報も紹介するので、気になる方は確認してみて下さい。

カラーバリエーション

本製品には7種類のカラーバリエーションが用意されていて、イエロー・グリーン・レッド・ブラック・ブルー・レイビー・ブラウンなどがあります。

これだけ多くのカラーバリエーションが用意されているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いです。

ただし、イエローやグリーンは少しトーンが低くなっていますし、ブルーはシアン(水色)に近いカラーになっているので、注意して下さい。

そのため、本製品のカラーを選ぶ際には、カラー名だけで判断したら後悔する可能性があるので、気を付ける必要があります。

コストパフォーマンス

本製品は、座り心地がよく感じられるように作られている事もあって、コストをかけた製品になっています。

そのため、楽天市場では送料別、税込価格5,480円もするのです(2018年5月22日時点)。

実は日本で販売されているクッションの中には、1,000円前後で販売されているクッションは多くあります。

そのため、値段が安くなっているクッションを探している方は、本製品を購入するべきか戸惑ってしまうかもしれません。

しかし、値段の安いクッションは、腰に負担をかけてしまう製品が多いので、本製品を検討してみる価値はあります。

利用者たちの満足度

本製品は腰痛でも利用しやすくなっているとは言え、値段が高くなっているので、購入するほど価値があるのか、悩んでしまった方は多いかもしれません。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品はクッションの厚みが7cmもある事から、底つき感を緩和できて、満足している方がいました。

そのため、体重が重くなっている方でも、本製品であれば満足できる可能性は高いです。

さらに本製品は座り心地がよくなっていたので、値段が高くなっていても満足している方がいました。

そのため、値段よりも使用感を重視している方であれば、本製品を購入してみる価値があります。

さらに本製品を車のシートに設置してみたら、あまり腰が揺れなくなったので、車の運転が辛く感じる場合でも、本製品はおすすめです。

否定的な口コミ

本製品を3年ほど利用してみたら、クッションがへたってしまうケースがありました。

この方は値段が高くなっていたのに、耐久性が優れていない所について不満を抱いていました。

そのため、長い間に渡って利用できるクッションを探している方は注意したほうが良いです。

さらに本製品に長く座っていたら、柔らかく感じていたクッションが硬く感じてしまう方までいました。

そのため、本製品を利用する際にお尻が痛く感じてしまう場合には、休憩を取る回数を増やしたほうが良いです。

まとめ

本製品は、2層構造を採用する事によって、使用感と耐久性を実現しました。

しかし、利用者たちの中には3年ほど利用したら、座り心地が悪くなってしまう方もいました。

そのようなケースはありますが、実際に数年もクッションを利用していたら、へたってしまう製品は多くあります。

そのため、本製品の耐久性が極端に悪い訳ではないので、腰痛でも利用しやすくなっている本製品は購入してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション