腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発マイクロファイバーラウンドクッションは腰痛におすすめ!

   

ottostyle.jp 低反発クッション ラウンドクッション 極細 マイクロファイバー 滑り止め付き 座面クッション チェアパッド (マイクロファイバー/シルクベージュ, 40㎝)

クッションを利用すれば、ある程度は腰にかかる負担を軽減できます。

そのため、腰痛になっていて、座る際に腰が痛く感じる場合には、クッションを利用する事が重要です。

そして『低反発マイクロファイバーラウンドクッション』は、腰にかかる負担を軽減できる上に、使用感まで優れています。

そのため、腰痛でも利用しやすいクッションになっているので、本製品について詳しく解説しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

低反発マイクロファイバーラウンドクッションの特徴

本製品は、腰痛でも利用しやすいように作られていますが、その理由を知らなければ、購入に踏み切れないでしょう。

そこで、本製品の特徴について紹介するので、参考にしてみて下さい。

ソフトな使用感

クッションは底つき感を緩和してくれますが、製品が硬くなっていたら、腰に負担をかけてしまいます。

そこで、本製品は『ソフトな使用感』を実現する事によって、あまり腰に負担をかけないようになっているのです。

実際に、腰に負担をかけるクッションを利用していたら、同じ姿勢をキープする事が難しくなってしまうので、注意しなければいけません。

そのため、硬い椅子や床に座っていたら同じ姿勢を続けられなくて、腰が痛く感じやすい方には、本製品はおすすめです。

床ズレ防止

クッションを利用しようとしても、その製品がズレてしまえば、腰に負担をかけてしまいます。

実際に、腰痛になっていない方であれば、クッションがズレても、痛みを感じる可能性は低いです。

しかし、腰痛の方は、クッションがズレてしまえば、激痛が走る事があるので注意する必要があります。

所が、本製品の裏面には『滑り止め』加工が施されているので、クッションがズレづらくなっているのです。

そのため、本製品であれば、腰痛の方でも気軽に利用できます。

低反発ウレタン

ソフトな使用感になっているクッションでも、お尻が沈み込みすぎたら、痛く感じてしまいます。

それでは、本製品は、どうなのかと言えば『低反発ウレタン』を採用している事によって、ある程度までお尻の沈み込みを抑える事が可能です。

実際に、高反発ウレタンを採用しているほうが、お尻の沈み込みを抑える事はできます。

しかし、高反発ウレタンを採用しているクッションは硬めになっているので、腰が痛く感じる事があるのです。

そのような事を考えたら、本製品は低反発になっている事から、腰痛でも、あまり刺激を感じないで済みます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の方が抑えるべきポイント

本製品は、腰痛の方でも利用しやすいクッションですが、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを抑えておかなければ、腰痛が悪化する可能性があるので、詳しく説明しましょう。

座っている時間

多くの方たちは、立っている時よりも座っている時のほうが、腰を休められると思っているでしょう。

しかし、実際に座ってみたら、立っている時よりも腰が痛く感じる方は多いはずです。

実は、立っている時よりも座っている時のほうが腰に大きな負担をかけてしまいます。

なぜなら、立っている時は、上半身の体重の負担は両足で分散されているからです。

それに引き換え、座っている時は、両足で分散されないので、1~2時間に1回は休憩をしてみて下さい。

腰に負担をかけない姿勢

椅子に座っている時に、姿勢が崩れてしまえば、腰に負担をかけて、腰痛が悪化するケースがあります。

特に注意したほうが良いのが『猫背』になっている方です。

猫背になっている方は、背筋が後方に丸くなっているので、背もたれに寄りかかったら、お尻が前のほうへズレてしまうのです。

もしも、背もたれに寄りかかった状態で、お尻が前のほうへズレていたら、上半身の体重の負担が腰に集中してしまいます。

そのような事態を避けるためには、お尻が前のほうへズレないように座っておく事が重要です。

腰の冷え対策

春から秋にかけて、腰痛に悩まない方でも、冬の時期になったら腰痛に悩まされてしまうケースがあります。

このようなケースが起きてしまうのは『腰の冷え』が大きく関係しているのです。

なぜなら、腰が冷えてしまえば、その部分の血管が収縮してしまって、疲労物質が体内でたまっていくからです。

本製品は、底つき感を緩和する事はできても、腰の冷えを防ぐ事はできません。

そのため、冬の季節に腰痛が悪化しやすい方は、厚着をしたり、ホッカイロを使用したりしたほうが良いです。

製品情報の内容

本製品の特徴や、腰痛の方が抑えるべきポイントなどを理解してもらえた所で、次に製品情報の内容も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

カラーバリエーション

クッションを購入する際には、使用感だけではなく『デザイン』も気になる方は多いでしょう。

本製品は、そのような方でも満足できるように、豊富なカラーバリエーションを用意しています。

その種類は、シルクベージュ・モスグリーン・チャコールグレー・ダークブラウン・アプリコットオレンジ・マリンブルー・ライムグリーン・マスタード・マルーン・ブラックなどです。

これほど豊富なカラーバリエーションを用意しているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いです。

本製品のサイズ

本製品は、優れたクッション性を実現していますが、あなたが利用している椅子とサイズが合わなければ、使用しづらいので注意する必要があります。

それでは、本製品のサイズはどうなっているのかと言えば、直径35cmになっているのです。

そのため、本製品を購入する際には、自宅に設置している椅子と本製品のサイズが合うのか把握してみて下さい。

利用者たちの口コミ

本製品は、腰痛の方でも利用しやすくなっていますが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいるのです。

そこで、本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品は、滑り止め加工が施されているので、クッションがズレづらくなっていて、満足している方がいました。

そのため、クッションがズレやすい椅子を利用している場合には、本製品を購入してみる価値があります。

さらに、本製品に座ってみたら、ふかふかとした使用感になっていて、満足している方もいたのです。

そのため、今まで利用しているクッションが硬くなっていて、腰が痛く感じやすい場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

悪い口コミ

本製品を利用してみたら、あまり温かくならなくて、不満を抱いている方がいました。

実際に、寒い季節にお尻が冷たくなってしまえば、正しい姿勢をキープする事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

そのため、寒い季節には、しっかりとエアコンまたはファンヒーターなどを利用して、お尻や腰が冷たくならないように対策を講じたほうが良いです。

そして、本製品は、あまりボリュームがなくて、不満を抱いている方もいたのです。

そのため、体重が重くなっている場合では、本製品を利用しても底つき感を抱く可能性があるので注意して下さい。

まとめ

本製品は、クッション性が優れているので、製品が柔らかくなっている事から、お尻があまり痛くならないので長い間に渡って座る事ができます。

実際に、座っている状態から立ち上がろうとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうのです。

そのような事を考えたら、お尻にあまり刺激を与えないで済むのは、本製品の魅力的なポイントなので、腰痛の方は本製品を購入してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション