腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発マイクロファイバーラウンドクッションは腰痛に合う?

   

ottostyle.jp 低反発クッション ラウンドクッション 極細 マイクロファイバー 滑り止め付き 座面クッション チェアパッド (マイクロファイバー/ブラック, 35㎝)

腰痛の方は硬い椅子に座ってしまえば、腰が痛く感じてしまうので、クッションを利用して、底つき感を緩和する事が重要になります。

しかしクッションの中には『高反発クッション』と『低反発クッション』があるのです。

それぞれ一長一短ありますが、高反発クッションより低反発クッションのほうが柔らかく感じるので、柔らかめの素材が好きな方には低反発クッションのほうが身体に合います。

そこで、おすすめしたいのが『低反発マイクロファイバーラウンドクッション』です。

このクッションは、低反発クッションを採用している上に、腰痛の方が利用しやすいポイントがいくつもあるので、その魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

低反発マイクロファイバーラウンドクッションの特徴

ottostyle.jp 低反発クッション ラウンドクッション 極細 マイクロファイバー 滑り止め付き 座面クッション チェアパッド (マイクロファイバー/ブラック, 35㎝)

本製品には、腰痛の方でも利用しやすいように、こだわりの素材を採用しています。

この素材があるお陰で、腰痛の方でも利用しやすくなっているので、その秘密に迫ってみます。

低反発クッション

本製品が低反発クッションを実現しているのは『低反発ウレタン』を採用しているからです。

この低反発ウレタンは、マットレスでも採用している商品があって、腰痛の方たちから高い人気を集めている素材なのです。

実際に低反発ウレタンを採用している事によって、本製品に腰をかけたら、静かに腰が沈み込んでいきます。

その後に体圧を均一に分散してくれるので、あまり腰が痛く感じないのです。

ただし個人差があるので、注意する必要はあります。

ズレ防止

クッションを利用すれば、底つき感を緩和する事はできますが、何かのはずみでクッションがズレてしまう事があります。

もしもクッションがズレてしまえば、腰に大きな負担をかけてしまうので、腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

さらにズレやすいクッションを利用していたら、正しい姿勢をキープする事も難しくなるので、腰に負担をかけやすくなってしまうのです。

ところが本製品の裏面には『すべり止め』が備えられているので、クッションがズレにくくなっています。

そのため、安定したクッションを探している場合には、本製品はおすすめです。

ストレートパイル

本製品の表面には、20mmの極細の『ストレートパイル』が備えられているので、肌触りの良いクッションになっています。

実際に肌触りの悪いクッションを利用していたら、暑い夏場の季節に短パンを着用して座っていたら、肌がチクチクして、不快感を抱いてしまう可能性があるのです。

そのような事になれば、長い間に渡って、クッションに座る事が難しくなってしまいます。

実は、低い位置から立ち上がろうとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうので、本製品のように肌触りが良いクッションを利用する事は重要です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の方が抑えるべきポイント

本製品は腰痛でも利用しやすい商品になっていますが、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを知らなければ、腰痛が悪化する可能性があるので、詳しく紹介しましょう。

背筋を伸ばした状態

私たち人間は正しい姿勢をキープしていれば、腰にかかる負担を軽減できるようになっています。

そのため、腰に大きな衝撃を加えてなくても、姿勢が崩れる事によって、腰痛になってしまう事もあれば、腰痛が悪化するケースもあるのです。

そのため、腰痛の方が本製品を利用する際には、背筋を伸ばした状態で利用する事が重要になります。

もしも背中を丸めた状態で座っていたら、猫背になってしまって、腰に大きな負担をかけるようになるので、注意して下さい。

腰痛の症状に対応

腰痛には様々な症状があるので、本製品を利用して腰があまり痛くないように感じる事もあれば、全く効果がないように感じてしまう事もあるのです。

実際に本製品は低反発クッションを採用しているとは言え『尾てい骨』にヒビが入っていたら、尾てい骨に本製品が当たってしまえば、痛く感じてしまうので注意しなければいけません。

そのような場合には、中央部分が空洞になっているクッションのほうが、尾てい骨に当たらないので、利用しやすいです。

商品情報の内容

本製品の特徴や、腰痛の方が抑えるべきポイントを紹介してきたので、次に商品情報も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

サイズ

腰痛でも利用しやすいクッションであっても、自宅に設置している椅子のサイズと合わなければ、利用する事が難しいので注意しなければいけません。

そして本製品のサイズは、直径35cmでラウンドタイプ(円柱タイプ)になっています。

そのため、あなたが利用している椅子のサイズと合っているのか確認してから、本製品を購入するべきか検討したほうが良いです。

そして本製品のウレタンの厚みは20mmしかないので、少しボリュームが足りないように感じる可能性があるので注意して下さい。

カラーバリエーション

使用感の優れているクッションでも、デザインにこだわりたい方は多いでしょう。

本製品はそのような方でも満足できるように、豊富なカラーバリエーションを用意していて、シルクベージュ・モスグリーン・チャコールグレー・ダークブラウン・アプリコットオレンジ・マリンブルー・ライムグリーン・マスタード・マルーン・ブラックなどがあります。

これだけ多くのカラーバリエーションが用意されているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いです。

リーズナブルな価格

本製品は使用感とデザインを両立しているクッションなので、多くの方たちは「高額なクッションではないのか」と不安になったかもしれません。

ところが、本製品の値段は安くなっていて、楽天市場では送料無料で、税込価格1,296円にしかなりません(2018年2月26日時点)。

実は腰痛でも利用しやすいクッションの中には、20,000円前後で販売されている商品があるのです。

そのため、リーズナブルな価格で販売されているクッションを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの口コミ

本製品は腰痛でも利用しやすい素材を使用していますが、全ての方が利用しやすいという訳ではありません。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、このクッションが自分の身体に合っているのか参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、デザイン性に満足している方がいました。

実際に本製品はカラフルなカラーが多くあるので、可愛らしいカラーや、華やかなカラーが好きな方であれば、満足できる可能性が高いです。

さらに本製品の肌触りが良い所を気に入っている方もいたので、座り心地だけではなく、肌触りにこだわる方も、本製品は利用してみる価値があります。

そしてすべり止めが付いている事から、車のシートに設置しても利用しやすいケースもありました。

そのため、車を運転している時にお尻が痛く感じやすい方にも、本製品はおすすめです。

否定的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、このクッションとベンチのサイズが合っていないケースがありました。

実際に椅子またはベンチのサイズが本製品に合っていない状態で利用していたら、椅子またはベンチから、すべり落ちてしまう可能性があるので注意して下さい。

そして本製品はボリュームが足りなかったので、腰痛の方は、現状よりもボリュームが2倍まであったほうが良いと感じているケースもありました。

そのため、ボリュームにこだわる方は注意して下さい。

まとめ

本製品は低反発クッションなので、柔らかめの素材になっています。

そのため硬いクッションでは、腰に刺激を与えて痛みを感じる方には、本製品はおすすめです。

ただし柔らかいクッションは腰が沈み込みすぎて、腰痛が悪化する場合もあるので、柔らかいクッションが身体に合わない方は注意して下さい。

そのような注意すべきポイントはありますが、すべり止めが付いているので、安定した状態で座っていられるのは本製品の大きな魅力です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション