腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発マットレス ヘブンズマットスタンダードの魅力は低密度?

   

低反発 マットレス 『ヘブンズマット』 スタンダード ダブル サイズ 8cm厚 (密度40D)

マットレスは耐久性が優れていなければ、利用していくうちに寝心地が悪くなってしまいます。

そのため、高密度になっているマットレスを選ぶ事が重要になりますが、密度が高くなっていたらデメリットもあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『低反発マットレス ヘブンズマットスタンダード』です。

このマットレスは、反発力だけではなく密度も低くなっている事から、睡眠の質をキープしやすくなっているので、その秘密や魅力などを詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

低反発マットレス ヘブンズマットスタンダードの特徴

低反発 マットレス 『ヘブンズマット』 スタンダード ダブル サイズ 8cm厚 (密度40D)

本製品は、寝心地が良くなっている上に、利便性も優れています。

そのため、多くの方たちが満足できるマットレスなので、どのような特徴があるのか説明します。

密度の低さ

マットレスの密度が高くなっていたら、マットレスはへたりづらくなっているので、体があまり沈み込まなくなります。

そのため、耐久性が優れているマットレスを選ぶ際には、高密度になっているマットレスを選ぶ事が重要だったのです。

ところが、密度が高くなっていれば、体を少し圧迫してしまうので、血行不良に陥りやすいので注意しなければいけません。

実際に血行不良に陥ったら体内で疲労物質がたまってしまうので、寝心地が悪く感じてしまいます。

そこで本製品は、密度を『40D』にする事によって、体をあまり圧迫しません。

低反発マットレス

マットレスには大きく分けて2つのタイプがあって『高反発マットレス』と『低反発マットレス』などがあります。

高反発マットレスは体重が重くなっている方が利用しても、体があまり沈み込まない事から、寝返りを打ちやすくなっています。

それに引き換え、低反発マットレスは体が沈み込みやすい事から、体重が重くなっている方は、重くなっている腰に体圧が集中しやすいので注意しなければいけません。

しかし、体重が軽い方が高反発マットレスを利用したら、湾曲している腰がマットレスから浮いてしまって、腰付近が緊張状態に陥りやすくなります。

そのため、体重が軽くなっている方は、高反発マットレスよりも低反発マットレスのほうが、体に合いやすくなっています。

本製品は低反発マットレスなので、体重が軽くなっている方には、おすすめのマットレスです。

折りたたみ可能

体重が軽い方には利用しやすい低反発マットレスですが、途中で体重が増えてしまえば、腰に体圧が集中しやすいというデメリットもあります。

しかし、本製品のように反発力だけではなく密度まで低くなっていたら、マットレスが柔らかくなっているので、折りたたむ事ができるのです。

そのため、本製品であれば、簡単にマットレスを持ち運ぶ事が可能です。

実は、マットレスは湿気がたまりやすくなっている事から、定期的にマットレスを立てかけて湿気を取る必要があります。

そのような事を考えたら、本製品のように持ち運びしやすくなっているマットレスを利用していれば、簡単に湿気対策を講じる事も可能です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝つきを良くする方法

寝心地が良くなっている本製品を利用しても、寝つきが悪くなっていたら、睡眠不足に陥ってしまうので注意しなければいけません。

そこで、寝つきをよくするための方法をいくつか紹介するので、参考にしてみて下さい。

ストレスを発散

昼間の時間帯に人間関係や仕事で嫌な事があったら、ストレスがたまってしまって、寝つきが悪くなってしまう事があるでしょう。

これは、嫌な事を思い出すから寝つきが悪くなってしまうものと思ってしまう方は多いです。

ところが、これはストレスが大きく関係していて、自律神経と呼ばれている『交感神経』が活発な状態に陥ってしまう事が、寝つきを悪くしているのです。

実は、交感神経と同じ自律神経の『副交感神経』のほうが優位にならなければ、寝つきが良くならないので注意しなければいけません。

そのため、暇な時間の時に、ストレスを発散する事をおすすめします。

体内時計

昼間の時間帯に眠りすぎたら、夜の時間帯に眠れなくなる時があります。

これは『体内時計』が大きく関係しているのです。

実際に私たち人間は、夜の時間帯に眠りやすくなっていますが、昼間の時間帯に眠りすぎたら体内時計が狂ってしまって、夜の時間帯に眠る事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

そのため、昼寝を行う場合には、10~15分程度にとどめておいて、夜の時間帯に寝つきが悪くならないように注意して下さい。

製品情報の詳細

本製品の特徴や、寝つきを良くするための方法を理解してもらえたところで、次に製品情報の詳細も紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は見ていきましょう。

サイズバリエーション

本製品は3種類のサイズバリエーションを用意していて、シングルサイズ・セミダブルサイズ・ダブルサイズなどがあります。

1人で利用する際にはシングルサイズでも利用できますが、寝相の悪い方や体格が大きい方たちにしてみれば、シングルサイズは少し狭く感じてしまいます。

そのため、余裕のあるマットレスを選びたい場合には、シングルサイズよりもセミダブルサイズのほうがおすすめです。

そして、ダブルサイズであれば、夫婦や恋人同士で併用する事もできます。

このように、豊富なサイズバリエーションを用意しているマットレスなので、あなたの好みに合うサイズを選ぶ事も可能です。

コストパフォーマンス

本製品は、寝心地が良くなっているので、高額なマットレスというイメージを抱いた方は多いかもしれません。

ところが、本製品は意外にも、楽天市場では安い値段で販売されています。

実際に、シングルサイズは税込価格6,980円・セミダブルサイズは8,500円・ダブルサイズは9,980円になっているのです(2018年6月20日時点)。

このように安い値段で販売されているので、多くの方たちが気軽に購入する事ができます。

利用者たちの満足度

本製品の魅力を紹介してきましたが、実際に利用している方たちが満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、このマットレスを購入するべきか悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は、マットレスの厚みが8cmもあるので、底つき感を緩和する事ができます。

そのため、利用者たちの中には、ボリュームがある所を満足している方がいました。

そのような特徴があるマットレスなので、ボリュームのないマットレスを利用していて、底つき感が出ている場合には、本製品に買い換えてみる価値があります。

さらに、本製品は反発力が低くなっている事から、適度な柔らかさになっていて、満足している方もいました(個人差があるので注意)。

否定的な口コミ

本製品を利用しようとしたら、マットレスの厚みが8cmもない所を気にしている方がいました。

実際に、マットレスの厚みの8cmは、目安となる厚みなので、注意する必要があります。

さらに本製品は、少し重いマットレスになっていて、シングルサイズでも約7.2kgもあります。

そのため、利用者たちの中には、その重さに不満を抱いている方がいました。

そのような特徴があるので、マットレスを持ち運ぶ際には、コンパクトなサイズに折りたたんだ状態で、持ち運んだほうが良いです。

まとめ

本製品は低密度になっているので、体をあまり圧迫しない事は大きなメリットです。

しかし、低密度になっていたら、マットレスがへたりやすいので注意しなければいけません。

そのため、本製品を利用する際には、定期的にマットレスの向きを変えて下さい。

マットレスの向きを変えれば、重くなっている腰を支える部分を変える事ができるので、マットレスのへたりを抑える事が可能です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団