腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発マットレス 12cm コンビ ダブルはコスパが高い?

   

日本には、低反発マットレスや高反発マットレスなどが販売されていますが、どちらのマットレスを購入したら良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。

そのような方におすすめしたいのが『低反発マットレス 12cm コンビ ダブル』です。

このマットレスは両方の反発マットレスを組みわせている上に、ダブルサイズになっているので、2人で共有する事もできるのです。

そのため、多くの方たちが興味深い製品だと思うので、本製品について詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

低反発マットレス 12cm コンビ ダブルの構造

本製品は、2つの反発タイプを組みわせているだけではなく『フラットタイプ』と『プロファイルタイプ』も組みわせているのです。

このように特殊な構造をしている事から、本製品は多くの方たちが、体に合いやすくなっているので詳しく紹介しましょう。

低反発ウレタン

本製品は『二層構造』を採用していて、低反発ウレタンの厚みが5cmで、高反発ウレタンが7cmになっています。

そのため、本製品は全体的に12cmもの厚みを誇っているので、底つき感を緩和できる事から、寝心地がよくなっているのです。

そして低反発ウレタンを上側にして眠れば、マットレスが柔らかく感じるので、体重が軽い方でも湾曲している腰がマットレスから浮きづらくなります。

実際に、腰が浮いてしまえば、腰付近の筋肉が緊張状態に陥ってしまいます。

そのような事を考えたら、体重が軽くなっている方には、低反発ウレタンを上側にして利用したほうが良いです。

高反発ウレタン

高反発ウレタンは、低反発ウレタンとは違って、マットレスが硬く感じます。

そのため、体重が軽くなっている方が、高反発ウレタンを上側にして利用したら、湾曲している腰が浮いてしまうので注意しなければいけません。

ただし、体重が重くなっている方の場合は、高反発ウレタンを上側にして利用すれば、適度に腰が沈み込むので寝心地がよくなるのです。

このように、本製品は2つの反発力を誇っているマットレスなので、体重が変わっても、マットレスをひっくり返して対応できるようになっています。

フラットタイプ

本製品の低反発ウレタンは、フラット形状になっているので、体がマットレスにフィットしやすくなるのです。

そのため、体とマットレスの間で体温が放出されづらくなるので、寒い冬場の季節では体が冷えづらくなります。

実際に、体が冷えてしまえば、血管が収縮してしまう事から、体内で疲労物質がたまりやすくなってしまうのです。

そのような事になれば、肩こりや腰痛などに悩まされてしまいます。

そのため、体が冷えやすい方は、フラットタイプを上側にして利用してみる事をおすすめします。

プロファイルタイプ

本製品の高反発ウレタンは、プロファイルタイプになっていて、凹凸(おうとつ)形状になっています。

そのため、体温が放出されやすいので、暑い夏場の季節に利用しやすい形状にいなっているのです。

実際に、凹凸形状になっていれば、多くの溝の部分から熱が放出されていくので『通気性』が優れています。

さらに、凹凸形状になっていれば、体を面ではなく『点』で支えてくれます。

そうすれば、体圧を分散しやすくなっているので、重くなっている腰でも沈み込みづらくなっているのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

2人で共有できるマットレスの特徴

本製品は、ダブルサイズになっているので、夫婦や恋人たちで共有する事ができますが、2人で共有する場合にはメリットだけではなくデメリットもあるのです。

そこで、本製品を購入したほうが良いのか紹介するので、確認してみて下さい。

メリット

マットレスは湿気がたまりやすくなっているので、定期的にマットレスを立てかけておかなければ、ダニが繁殖してしまうケースがあります。

そのような時に、ダブルサイズのマットレスであれば、1個のマットレスを立てかけるだけで湿気対策を完了する事が可能です。

しかし、シングルサイズのマットレスを2個利用している場合には、2個ずつ立てかける必要があります。

そのような事をしていたら、面倒に感じてしまうので、湿気対策を講じる事が面倒な場合には、ダブルサイズを利用するメリットは大きいです。

デメリット

ダブルサイズのマットレスは、2人で共有できるのは大きなメリットですが、もしも一緒に利用する方のマットレスの好みが違う場合には注意しなければいけません。

なぜなら、あなたが硬めのマットレスが好きな場合に、もう1人の方が柔らかいマットレスが好きな場合には、ダブルサイズのマットレスを利用する際にはどちらのマットレスを選ぶべきか口論してしまう恐れがあります。

そのため、マットレスの好みが分かれる場合には、注意して下さい。

製品情報の詳細

本製品は、特殊な構造をしているだけではなく、その他にも魅力的なポイントがあります。

そこで、製品情報の詳細も紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は見ていきましょう。

パイル生地

本製品のカバーは『パイル生地』になっていて、なめらかな肌触りになっています。

実際に、肌がチクチクするようなカバーを採用しているマットレスを利用していたら、肌がマットレスのカバーに接した時に睡眠の質が低下する恐れがあるので注意しなければいけません。

実際に、睡眠の質が低下してしまえば、眠っている途中で起きてしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため、睡眠の質をキープしやすいマットレスを探している方にとって、本製品がパイル生地を採用しているのは魅力的なポイントです。

リーズナブルな価格

本製品のように特殊な形状を採用している上に、ダブルサイズになっていたら、高額なマットレスというイメージを抱いたかたもしれません。

所が、本製品はダブルサイズにしてはリーズナブルな価格になっていて、楽天市場では送料無料で税込価格11,232円で購入する事ができるのです(2018年6月26日時点)。

実は、日本で販売されているダブルサイズのマットレスの中には、100,000円を超えてしまう高額な製品はいくつもあります。

そのため、値段が安くなっているダブルサイズのマットレスを探している方にも、本製品はおすすめです。

本製品のレビュー

本製品は、コストパフォーマンスが高いマットレスですが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいるのです。

そのため、本製品を購入してから後悔する可能性もあり得るので、本製品のレビューを紹介するので参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

体重が83kgの方が、本製品の高反発ウレタンを上側にして利用していみたら、適度にフィットして満足していました。

そのため、体重が重めになっている方でも、本製品であれば寝心地がよく感じられる可能性は高いです。

さらに、本製品はボリュームがあるので、満足している方もいたのです。

そのため、マットレスのボリュームが足りない製品を利用していて、底つき感が出てしまっている場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

否定的なレビュー

本製品を利用している方たちの中には、マットレスが臭く感じてしまう方がいました。

なぜ、本製品の匂いが臭く感じてしまうケースがあるのかと言えば『ウレタン』という素材を採用している事が大きく関係しているからです。

実は、ウレタンは特殊な匂いがする事から、他のマットレスでもウレタンを採用している製品は臭く感じてしまうケースがあるのです。

さらに、本製品の低反発ウレタンを上側にして利用しても、マットレスが硬く感じてしまうケースもある事から、個人差があるので注意する必要があります。

まとめ

本製品は、特殊な構造をしているマットレスなので、体重が変化しても対応できるようになっています。

さらにフラットな面と、プロファイルの面がある事から、寒い冬場の季節から暑い夏場の季節でも寝心地の良いマットレスになっているのです。

ただし、マットレスは利用していくうちにへたっていくので、定期的にマットレスの向きを変えて、重くなっている腰を支える部分を変えるようにして下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団