腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発マットレス 15cm コンビ シングルの魅力はリバーシブル

   

極厚 低反発コンビマットレス 12cm (プロファイル高反発7cm/低反発5cm) セミダブル クリーミーホワイト 【1枚仕立て/体圧分散/快適睡眠/滑り止め/収納バンド付き】

日本には、高反発マットレスと低反発マットレスなどが販売されています。

それぞれ、一長一短あるので、どちらのほうを購入したら良いのか、頭を悩ませてしまう方は多いでしょう。

所が、そのような方たちでも、気軽に購入しやすい物があって、それが『低反発マットレス 15cm コンビ シングル』です。

このマットレスは、リバーシブル仕様になっているので、高反発タイプと低反発タイプが組み合わさっているのです。

さらに、その他にも魅力的なポイントがいくつもあるので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

低反発マットレス 15cm コンビ シングルの特色

本製品は、2層構造になっている事から、リバーシブル仕様になっているので、多くの方たちが満足できるマットレスになっています。

さらに、利便性や寝心地がよくなっているポイントもあるので、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

2層構造

本製品の2層構造では、低反発ウレタン(厚み5cm)と高反発ウレタン(厚み10cm)になっています。

2つのタイプを合わせれば、マットレス全体の厚みが約15cmもあるのです。

実際に、マットレスのボリュームが足りなければ、体が少し沈み込むだけでも、底つき感が出てしまうので、体が痛く感じてしまうのです。

そのような事になれば、睡眠の質が低下してしまうので、寝不足に陥ってしまう可能性があります。

そのため、本製品のようにボリュームのあるマットレスであれば、体重が重くなっている方でも、あまり底つき感が出ないので、寝心地がよくなっています。

リバーシブル

本製品は、2つのタイプを組み合わせているマットレスなので、好きなタイプを上側にして利用する事ができます。

そのため、低反発マットレスが好きな場合には、低反発ウレタンを上側にして眠れば良いのです。

そして高反発マットレスが好きな場合には、高反発ウレタンを上側にして眠れば良い訳です。

実際に、低反発マットレスが好きだと思っても、実際に利用してみたら、寝心地が悪く感じてしまうケースがあります。

そのため、本製品のように2つのタイプが組み合わさっていれば、そのような事態に陥りづらいので、気軽に購入する事ができます。

洗濯可能なカバー

布団をかぶって眠っていたら、体温が上昇していくので、マットレスには熱がこもりやすくなっています。

さらに私たち人間が眠っていたら、一晩の間に寝汗の量は、コップ1杯分に相当してしまうので、マットレスは湿気がたまりやすくなっているので注意しなければいけません。

もしも、マットレスに湿気がたまってしまえば、ダニが繁殖しやすくなるので注意する必要があります。

所が、本製品のカバーは中材から取り外して洗濯する事ができるので、仮にダニが繁殖しても、カバーに付いたダニをある程度まで洗い流す事が可能です。

パイル生地

本製品のカバーは『パイル生地』になっていて、なめらかな肌触りになっています。

実際に、肌触りが悪いカバーを採用しているマットレスを利用したら、肌がマットレスに接触した時にチクチクと感じてしまう事から、寝心地が悪くなってしまいます。

そのような事になれば、暑い夏場の季節でも、半袖や短パンのパジャマを着用する事が難しくなってしまうのです。

そのため、夏場の季節でも気軽に利用できるマットレスを探している方には、パイル生地を採用している本製品はおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発と低反発タイプの特徴

高反発マットレスと低反発マットレスには、それぞれ特徴が違っているので、その違いが分からなければ、本製品のどちらのタイプを利用したら良いのか悩んでしまう事になります。

そこで、2つのタイプの特徴について紹介するので、確認してみて下さい。

高反発タイプ

高反発タイプは、反発力が高くなっている事から、体の沈み込みを抑えてくれるのです。

そのため、体重が重くなっている方でも、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっているので、寝心地がよく感じられます。

ただし、高反発タイプはマットレスが硬く感じられるので注意する必要があります。

そのため、体重が重くなっている方や、硬めのマットレスが好きな方の場合は、高反発タイプのほうを利用したほうが良いです。

低反発タイプ

低反発タイプは、マットレスが柔らかくなっている事から、体が沈み込みやすくなっているので、隣のほうへ寝返りを打つ事が難しくなっています。

そのため、体重が重くなっている方が高反発タイプを利用したら、重くなっている腰が沈み込んでしまうので、体圧が腰に集中してしまうので注意しなければいけません。

所が、体重が軽くなっている方の場合は、高反発タイプを利用したら、湾曲している腰がマットレスから浮いてしまうので、腰付近の筋肉が緊張状態に陥ってしまいます。

そのような事を考えたら、体重が軽くなっている方や、柔らかいマットレスが好きな方には、低反発タイプのほうがおすすめです。

製品情報の内容

本製品の特色や、2つのタイプについて理解してもらえた所で、次に製品情報の内容も紹介するので、このマットレスを購入するべきか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

カラーバリエーション

本製品は2種類のカラーバリエーションが用意されていて『クリーミーホワイト』と『ブラウン』などがあるのです。

クリーミーホワイトは、清潔感のあるカラーで、ホワイトに近いデザインになっています。

それに引き換え、ブラウンは落ち着きのあるカラーをしているので、シックな色調になっている部屋に合いやすくなっています。

クリーミーホワイトは清潔感がある事は大きなメリットですが、汚れが目立ちやすいカラーなので、汚れが気になる方には、ブラウンのほうがおすすめです。

コストパフォーマンス

本製品は、2つのタイプを組み合わせているマットレスという事もあって、ある程度までコストをかけた製品です。

そのため、楽天市場では送料無料ですが、税込価格10,800円になります(2018年6月4日時点)。

実は、日本で販売されているマットレスの中には、5,000円前後になっている製品が多くあるのです。

所が、10,000円前後で販売されている製品も多くあるので、本製品は高額なマットレスという訳ではありません。

そのため、寝心地が良いマットレスであれば、値段が少し高くても構わない方であれば、本製品は検討してみる価値があります。

本製品のレビュー

本製品はコストパフォーマンスの悪い製品ではありませんが、値段が安いマットレスのほうを購入したくなった方も多いでしょう。

そこで、本製品のレビューを紹介するので、このマットレスは購入するほどの価値があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品を利用している方たちの中には、半年ほど利用しても、寝心地がよくなっていて、満足している方がいました。

実際にマットレスは利用していくうちにへたっていきます。

それを考えたら、本製品は耐久性が優れているマットレスなので、長い間に渡って利用する事が可能です。

さらに、本製品の寝心地に比べれば、値段が安くなっていて、満足している方もいました。

そのため、本製品は値段相応の価値があるマットレスなので、購入してみる価値があります(個人差があるので注意)。

否定的なレビュー

本製品を利用してみたら、通気性が優れていなくて、不満を抱いている方がいました。

実際に、通気性が優れていなかったら、暑い夏場の季節には、マットレスに湿気がたまりやすくなるので注意しなければいけません。

さらに本製品は『ウレタン』を採用していますが、この素材が臭く感じてしまう方もいたのです。

そのため、本製品が自宅に届いた時に、臭い匂いがした場合には部屋の窓を開けて換気をして、マットレスの匂いを緩和してから利用したほうが良いです。

まとめ

本製品は、リバーシブル仕様になっている事から、高反発タイプと低反発タイプの両方を利用する事ができます。

実際に、マットレスを購入してから、体重が変わって寝心地が悪くなる可能性があります。

所が、本製品のように2つのタイプが組み合わさっていれば、マットレスをひっくり返す事によって、体重に対応する事ができるのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団