腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発マットレス 15cm コンビ セミダブルの魅力は二層構造?

   

ottostyle.jp 低反発マットレス 15cm厚 ダブル 【ブラウン】 幅140cm 耐圧分散で理想の寝姿勢 高密度ウレタンフォーム

マットレスは、本来であれば硬さが均一になっているので、製品によっては使用感が合う方もいれば、合わない方もいます。

ところが、数多くあるマットレスの中には『低反発マットレス 15cm コンビ セミダブル』のように、二層構造を採用する事によって、二つの硬さを備えている寝具もあるのです。

この寝具であれば、多くの方たちが、自分の体に合うので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

低反発マットレス 15cm コンビ セミダブルの特徴

ottostyle.jp 低反発マットレス 15cm厚 ダブル 【ブラウン】 幅140cm 耐圧分散で理想の寝姿勢 高密度ウレタンフォーム

本製品は、二層構造を採用しているだけではなく、その他にも様々な特徴があります。

これらの特徴があるお陰で、本製品は寝心地と利便性を両立する事に成功しているので、その秘密に迫ってみましょう。

ニ層構造

本製品は『低反発ウレタン』と『高反発ウレタン』を組み合わせていて、低反発ウレタンは柔らかくなっていて、高反発ウレタンは硬めになっています。

さらにリバーシブル仕様になっているので、柔らかいマットレスが好きな方は低反発ウレタンを上側にして利用すれば良いのです。

もしも、低反発ウレタンを上にして利用している時に、寝心地が悪い場合には、マットレスをひっくり返して利用すればマットレスが硬く感じます。

このように、マットレスの向きを変える事によって、寝心地を変える事ができるので、多くの方たちが自分の体に合うようになっているのです。

極厚タイプ

マットレスの硬さが、自分の好みに合っていても、底つき感が出てしまえば、睡眠の質が低下してしまいます。

そこで、本製品はマットレスの厚みを15cmにする事によって、底つき感を緩和しているのです。

底つき感を緩和できないマットレスを利用していたら、背中や腰が痛く感じてしまうので、睡眠の質が低下するだけではなく、最悪のケースでは腰痛になってしまう事があるのです。

そのような事を考えたら、腰痛対策を講じたい場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

パイル生地

暑い夏場の季節には、多くの方たちが半袖や短パンなどのパジャマを着用しますが、肌触りの悪いマットレスカバーを利用していたら、肌がチクチク感じてしまいます。

そのような事になれば、睡眠の質が低下してしまって、途中で起きてしまう事もあり得るので気を付けなければいけません。

ところが、本製品が利用しているカバーは『パイル生地』を採用しているので、なめらかな肌触りになっているのです。

肌がチクチク感じづらいマットレスなので、暑い夏場の季節でも睡眠の質をキープしやすくなっています。

洗濯可能なカバー

私たち人間は、眠っている時に多くの寝汗をかいてしまうので、マットレスは湿気がたまりやすくなっています。

湿気がたまっている状態で、マットレスを利用していたら、健康面で大きな悪影響があるので注意しなければいけません。

そこで、本製品はマットレスのカバーが洗濯できるようになっているので、ある程度まで湿気を取る事が可能です。

マットレスのカバーを清潔な状態で利用する事ができれば、寝心地もよくなります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

本製品を利用する際のポイント

本製品は、2つのタイプを備えていますが、低反発タイプのほうが体に合う方もいれば、高反発タイプのほうが体に合う方もいるのです。

そこで、低反発タイプのほうが体に合う方や、高反発タイプのほうが体に合う方たちを紹介するので、参考にしてみて下さい。

低反発タイプ

低反発タイプは、柔らかいマットレスなので、体がある程度まで寝具に沈み込んでいきます。

そのため、フィット感が優れている事から、湾曲している腰がマットレスから浮きづらくなっているのです。

実は、体重が軽くなっていたら、マットレスから腰が浮いて、筋肉が緊張状態に陥ってしまう事があります。

そのような事を考えたら、柔らかくなっているマットレスを好きな方だけではなく、体重が軽くなっている方たちにも、低反発タイプのほうがおすすめです。

高反発タイプ

高反発タイプは、硬いマットレスになっているので、体が寝具にあまり沈み込まないようになっているのです。

そのため、体重が重くなっている方でも、寝具にあまり体が沈み込まない事から、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっています。

実際に寝返りを打つ回数が少なくなっていたら、同じ姿勢で眠り続ける事になってしまうので、同じ体の部分が下のほうになってしまいます。

そのような事になったら、一部の体が圧迫されてしまうので、体重が重くなっている方には高反発タイプのほうがおすすめです。

製品情報の詳細

本製品の特徴や2つのタイプに合う方を紹介してきましたが、それだけでは、このマットレスの全てを理解した事にはなりません。

そこで、製品情報の詳細も紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

カラーバリエーション

本製品は、2種類のカラーバリエーションを用意していて『クリーミーホワイト』と『ブラウン』があります。

クリーミーホワイトは『ホワイト』のカラー名が付けられていますが、ホワイトというよりはアイボリーに近いカラーをしているのです。

そのため、ホワイトを探している方は注意して下さい。

そにれ引き換え、ブラウンは暗いトーンになっているので、ブラックの基調色になっている洋室には、合いやすいカラーになっています。

コストパフォーマンス

本製品は、利便性と寝心地を両立しているマットレスなので、ある程度までコストをかけた寝具になっています。

実際に、楽天市場では送料無料で税込価格13,500円で販売されているのです(2018年12月18日時点)。

少し値段が高いように感じるかもしれませんが、マットレスの厚みが10cm以上になっている製品の中には、100,000円を超えてしまう寝具もあるのです。

それを考えたら、本製品がいかにコストパフォーマンスが優れているマットレスか分かるでしょう。

利用者たちの満足度

本製品は、コストパフォーマンスが優れているマットレスですが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいました。

そこで、本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用してみたら、値段が安いのにクッション性が優れている所を気に入っている方がいました。

実際に、日本国内には5,000円前後で販売されているクッションもありますが、それでも本製品の値段が安く感じた方がいるので値段に見合う価値があると言えるでしょう。

さらに、本製品を利用してみたら暖かく感じられて、満足している方もいたのです。

そのため、寒い冬の季節には重宝できるマットレスなので、体が冷えやすい方にも、おすすめのマットレスです。

否定的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、マットレスが柔らかすぎて腰痛になってしまう方がいました。

そのため、柔らかいマットレスが苦手な方は、高反発タイプを上側にして、利用するようにしましょう。

本製品が自宅に届いたら、臭い匂いを感じてしまって、不満を抱いている方もいました。

実際に、ウレタンという素材は、特殊な匂いがするので、匂いに敏感な方は注意して下さい。

まとめ

本製品は、特殊な匂いがするので、匂いに敏感な方は利用しづらい場合があります。

本製品が到着してから、臭く感じた場合には、部屋の窓を開けて換気して、本製品の匂いが軽減されるのを待ったほうが良いです。

そのような注意点はありますが、異なる反発タイプを備えているマットレスなので、多くの方たちが満足しやすい寝具になっています。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団