腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発マットレス12cm コンビ セミダブルは体に合いやすい?

   

ottostyle.jp 極厚 低反発コンビマットレス 12cm (プロファイル高反発7cm/低反発5cm) セミダブル ブラウン 【1枚仕立て/体圧分散/快適睡眠】

日本で販売されているマットレスは、製品によって反発力や形状に大きな違いがあるので、どのマットレスを選んだら良いのか悩んでしまうでしょう。

実際に、反発力や形状の違いによって、体に合う場合もあれば、合わない場合もあります。

そこで、おすすめしたいのが『低反発マットレス12cm コンビ セミダブル』です。

このマットレスは、2種類の反発力と形状を組み合わせている製品なので、多くの方たちの体に合いやすくなっているので、その魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

低反発マットレス12cm コンビ セミダブルの特色

ottostyle.jp 極厚 低反発コンビマットレス 12cm (プロファイル高反発7cm/低反発5cm) セミダブル ブラウン 【1枚仕立て/体圧分散/快適睡眠】

本製品は、2種類の反発力を組み合わせている上に、利便性が優れているマットレスでもあります。

そのため、多くの方たちが満足できる製品になっているので、どのような特色があるのか説明します。

二層構造

本製品は『二層構造』を採用していて『低反発ウレタン』と『高反発ウレタン』を組み合わせています。

さらに、低反発ウレタンの厚みが5cmになっていて、高反発ウレタンが7cmもある事から、本製品は全体的に12cmものボリュームがあるのです。

実際にマットレスのボリュームが足りなければ、底つき感が出てしまうので、体が痛く感じてしまいます。

そのため、本製品は2つの反発力を組み合わせているだけではなく、底つき感の緩和も実現しているのです。

リバーシブル仕様

利用する方によって、反発力の違いに利用しやすい場合と利用しづらい場合があるのは、体重と反発力に関連性があるからです。

そのため、最初は低反発タイプが体に合っている方でも体重が変化してしまえば、体に合わなくなる場合があります。

逆に、高反発タイプが体に合っていても、体重が変化したら、同じように体に合わない場合があるので注意しなければいけません。

しかし、本製品のように二層構造になっていれば、好きなほうのタイプを利用できるので、途中から体に合わなくなったらマットレスをひっくり返して利用する事も可能です。

洗濯可能なカバー

布団をかぶって眠っていたら、体温が上昇する事もあって、多くの寝汗をかいてしまいます。

その量は、一晩の間にコップ一杯分にも相当するので、マットレスには多くの寝汗が染み込んでしまう事から、湿気がたまりやすくなってしまいます。

もしも、マットレスに湿気がたまっているのを放っておけば、ダニが繁殖しやすくなるので注意しなければいけません。

そこで本製品のカバーは『洗濯可能』になっていて、ある程度までダニを洗い流す事が可能です。

肌に低刺激

本製品は、大人の方だけではなく、赤ちゃんでも利用しやすいように『遊離ホルムアルデヒド試験 A法』を実施しました。

この試験によって、低刺激なマットレスに作り上げる事を実現したので、赤ちゃんでも利用しやすくなっているのです。

ただし、本製品を利用している最中に、赤ちゃんの肌に異常が見られた場合には、すぐに利用を中止して下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

リバーシブル仕様を活用する方法

本製品は、2種類の反発力があるだけではなく、形状も2種類になっています。

しかし、どちらのほうが優れているという訳ではなくて、一長一短あるので注意しなければいけません。

そこで、どちらのほうを利用したら良いのか、知ってもらうために詳しく紹介するので確認してみて下さい。

フラットタイプ

本製品の低反発タイプ面は『フラット』になっているので、体にあまり刺激を与えません。

その代わり体が沈み込みやすくなっているので、体重が軽い方のほうが利用しやすくなっています。

なぜなら、体重の軽い方はマットレスに沈み込みづらいので、湾曲している腰がマットレスから浮いてしまう事があるのです。

さらに低反発タイプ面は、柔らかくなっています。

そのような事を考えたら、体重が軽い方や、柔らかいマットレスが好きな方たちは、低反発タイプ面のほうを利用したほうが良いです。

プロファイルタイプ

本製品の高反発タイプ面は『プロファイルタイプ』になっていて、形状が凹凸(おうとつ)になっています。

そのため、マットレスが硬くなっているだけではなく、体圧を分散しやすくなっているのです。

なぜなら、フラット面になっていたら、重くなっている腰が沈み込んでいけば、周りも影響を受けやすくなってしまうからです。

そうなれば、腰の周りも沈み込んでいくので、腰に体圧が集中しやすくなっています。

そのような事を考えたら、体重が重くなっている方や、硬めのマットレスが好きな方には、高反発タイプ面のほうがおすすめです。

本製品の基本情報

マットレスを選ぶ際には『カラー』や『価格』などが気になる方も多いでしょう。

そこで、本製品の基本情報も紹介するので、このマットレスを購入するべきか悩んでいる方は、確認してみて下さい。

2種類のカラー

本製品には、2種類もの『カラーバリエーション』が用意されていて、クリーミーホワイトやブラウンなどがあります。

クリーミーホワイトは、ホワイトやアイボリーに近いカラーをしているので、ブラックやホワイトなどを基調にした部屋に合いやすいデザインになっているのです。

ただし、トーンが明るいカラーになっているので、汚れが付いたら目立ちやすくなってしまうので注意しなければいけません。

それに引き換え、ブラウンは暗いトーンになっているので、汚れが付いても目立ちづらくなっています。

低価格なマットレス

本製品は、2種類の反発力や形状を組み合わせている上に、カラーバリエーションが2種類も用意されているので、コストをかけた製品になっています。

それでも、本製品は低価格なマットレスになっていて、楽天市場では送料無料で、税込価格9,936円で購入する事ができるのです(2018年6月23日時点)。

実際に、日本で販売されているマットレスの中には、シングルサイズでも10,000円を超えてしまう製品はいくつもあります。

ところが、本製品はセミダブルサイズでも10,000円以下になっているので、コストパフォーマンスが優れているほうです。

本製品の使用感

本製品はコストパフォーマンスが優れているマットレスですが、本製品の使用感について不満を抱いている方もいるのです。

そこで、本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な感想

本製品を利用している方たちの中には、マットレスの厚みが12cmもあって、寝心地に満足している方がいました。

そのため、マットレスのボリュームが足りなくて、体が痛く感じている場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

さらに、本製品の低反発タイプ面を利用したら、体がマットレスにフィットする所を気に入っている方もいたのです。

実際に体がマットレスにフィットしたら、体温が放出されづらくなるので、寒い冬場の季節には利用しやすくなっています。

否定的な感想

本製品は『ウレタン』という素材を採用している事もあって、マットレスが臭く感じて、不満を抱いている方もいました。

そのため、本製品の匂いが臭く感じた場合には、部屋を換気したり、消臭スプレーを利用したりしたほうが良いです。

さらに、本製品のボリュームに満足している方がいる一方で、ボリュームはもう少し薄くなっていても良かったと感じている方もいました。

そのため、マットレスのボリュームが厚くなっている製品が苦手な方は、注意したほうが良いです。

まとめ

本製品は、マットレスのボリュームが12cmもあるので、底つき感を緩和する事はできます。

ただし、二段ベッドやロフトベッドには設置する事が難しいので、注意しなければいけません。

実際にマットレスのボリュームがある場合には、高い所へ運びづらいので、可能であれば家族の方や知人の方たちに手伝ってもらったほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団