腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発座椅子 一人掛けはコストパフォーマンスが高い?

   

LOWYA (ロウヤ) もっちり低反発座椅子 42段階リクライニング スピードロック 撥水加工 肉厚ボリューム マイクロファイバー ネイビー おしゃれ 新生活

欧米ではテーブルと椅子を利用する文化が発展しましたが、日本では畳を利用する文化が発展してきました。

そのような違いがある事から、日本では座椅子を利用する方たちは多くいます。

そのため、これから座椅子を購入しようと考えている方もいるでしょう。

しかし座椅子には様々な種類があるので、コストパフォーマンスの悪い商品もあるので、座椅子を購入してから後悔するケースもあります。

そこで、おすすめしたいのが、コストパフォーマンスの高い『低反発座椅子 一人掛け』です。

この座椅子であれば、購入した後に後悔する可能性は低いので、その魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

低反発座椅子 一人掛けの特徴

本製品には注目すべきポイントが3つあって、それが、低反発クッション・極厚タイプ・リクライニング機能です。

この3つのポイントがあるお陰で、本製品は座り心地がよくなっている上に、身体にかかる負担を軽減できるので、詳しく紹介しましょう。

低反発クッション

本製品は反発力が低くなっているので、座面に腰をかけたら、ある程度まで沈み込んでいきます。

そのため、お尻が本製品にホールドされるので、お尻の位置がズレづらくなっています。

実際に正しい姿勢をキープする事ができれば、腰にかかる負担を軽減できるので、疲労が溜まりづらくなるのです。

そのため、高反発な座椅子を利用する際に正しい姿勢をキープできない場合には、低反発になっている本製品は、おすすめです。

極厚タイプ

座椅子を利用するメリットはいくつかありますが、そのうちの一つが『底つき感の緩和』です。

実際に座椅子やクッションを利用しないで、畳やフローリングの床に長い間に渡って座っていたら、お尻が痛くなってしまいます。

そのため座椅子を利用する事は重要ですが、実は座椅子を利用しても、お尻が痛く感じてしまうケースがあるのです。

このようなケースが起きてしまうのは、座椅子のボリュームが足りない事が大きく関係しています。

なぜならボリュームが足りない座椅子を利用していたら、底つき感があるので、お尻が痛く感じやすいのです。

所が、本製品は座面の厚みが、約18cmもあるのです。

そのため本製品であれば、長い間に渡って座っていても、お尻が痛くなりづらいので、利用しやすくなっています。

リクライニング機能

多くの座椅子はL字形状になっていて、背もたれの角度が90度になっていたら、座椅子と腰の間で隙間が生じてしまいます。

このような姿勢で座り続けていたら、腰に大きな負担をかけてしまうのです。

所が、本製品は『リクライニング機能』が搭載されているので、背もたれの角度を微調整する事ができます。

そのため、本製品と腰に間に、できるだけ隙間が生じないようにできます。

このような特徴がある座椅子なので、身体にあまり疲労を溜めないで利用できるのです。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

本製品の注意点

本製品は身体にかかる負担を軽減できるような特徴がある座椅子ですが、利用する際には抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを知らなければ、腰に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

そこで、どのようなポイントに注意すれば良いのか紹介するので、確認してみて下さい。

背もたれの角度

本製品は背もたれの角度を微調整できますが、背もたれを倒し過ぎてしまえば、低反発クッションでも、お尻が前のほうへズレてしまう可能性があります。

そのような事になれば、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまうのです。

腰で座るような姿勢になってしまえば、上半身の体重の負担が、腰に集中しやすくなってしまうので注意しなければいけません。

そのため、本製品を利用する際には、背もたれを倒し過ぎないようにして下さい。

座っている時間

本製品は底つき感を緩和していますが、それでも長い間に渡って座り続けていたら、腰に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

なぜなら私たち人間は、立っている時は上半身の体重が両足によって分散されていますが、座っている時は両足で分散できないからです。

そのため本製品を利用する際には、1~2時間に1回は立ち上がって、腰にあまり疲労を溜めないようにしたほうが良いです。

商品情報の詳細

本製品の魅力や注意点を紹介した所で、次に商品情報も紹介するので、この椅子を購入するべきか決められない方は、確認してみて下さい。

3種類の生地

本製品は3種類の生地を用意していて、サンゴマイヤー・スウェード・レザー調などがあります。

サンゴマイヤーはマイクロファイバーを利用していて、サラサラとした肌触りになっています。

そのため、暑い夏場の季節でも利用しやすくなっているので、暑がりな方にはおすすめの生地です。

スウェードは、キメの細かい質感になっている事から、少しチクチクするような質感になっているものが苦手な方には、おすすめの生地です。

レザー調は水が染み込みづらくなっているので、気軽にジュースやコーヒーを飲む事ができます。

豊富なカラーバリエーション

本製品は生地だけではなく、カラーバリエーションも豊富に用意されていて、サンゴマイヤーは、ブラウン・ブラック・ベージュ・レッド・アイボリーがあります。

スウェードはブラウン・ベージュ・アイボリー・ブラックがあって、レザー調はブラウン・アイボリー・ブラック・レッドなどがあるのです。

このように生地の種類によって、カラーの違いはありますが、ここまで豊富なカラーバリエーションが用意されているので、あなたの好きなカラーを見つけられる可能性は高いです。

低価格な座椅子

本製品は魅力的なポイントが多かったので、高額な座椅子のようなイメージを抱いた方は多いかもしれません。

所が、本製品は性能が優れているだけではなく、低価格な値段で販売されているので、コストパフォーマンスが高くなっているのです。

実際に楽天市場では送料別ですが、税込価格4,316円で販売されています(2018年2月6日時点)。

実は、日本で販売されている座椅子の中には、10,000円を超えてしまう高額な商品もあるのです。

そのため、低価格な値段で販売されている座椅子を選びたい方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの口コミ

本製品は魅力的なポイントが多い座椅子ですが、意外にも利用者たちの中には、満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいたのです。

そのため、本製品を購入してから後悔する可能性もあり得るので、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品はボリュームがある座椅子なので、座り心地がよくなっている所を満足している方がいました。

そのため、座り心地を重視している方であれば、本製品のボリュームに満足できます。

さらに本製品の背もたれが大きくなっている所を満足していた方もいたので、体格の大きい方でも利用しやすいです。

実際に本製品の背もたれの高さは、約58cmもあります。

否定的な口コミ

本製品を1ヶ月ほど利用していたら、座面の生地が破けてしまうケースがありました。

このケースでは通常通りの利用をしていたようですが、とがっている物を置いていたら、破けやすい可能性があり得るので、取り扱いには注意して下さい。

その他に本製品に座ってみたら、お尻が沈み込む事によって、少し痛く感じてしまう方もいました。

この方の場合は低反発クッションが身体に合わない場合なので、低反発な座面が苦手な場合には注意して下さい。

まとめ

本製品は低反発な座面になっているので、お尻がホールドされます。

そのため、お尻がズレづらくなっているので、正しい姿勢をキープしやすい事から、腰にかかる負担を軽減できるのです。

しかし体重が重い方の場合は、腰が沈み込みすぎて、逆にお尻が痛くなる場合もあるので注意しなければいけません。

そのような注意点もありますが、それほど体重が重くない方であれば、利用しやすい座椅子なので検討してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子