腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発正座椅子を紹介!正座をしたい方は必見の商品?

   

低反発正座椅子【低めサイズ】茶

和室は畳になっているので、椅子を利用してしまえば、畳を傷つけてしまいます。

そのため、多くの方が畳の上に座布団を敷いて、あぐらをかいたり正座になったりしているでしょう。

しかし、あぐらや正座にはメリットもあればデメリットもあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『低反発正座椅子』です。

この座椅子は、和室でも利用しやすくなっている上に、正座のデメリットをカバーする事ができるので、本製品の魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

低反発正座椅子の特徴

本製品が、正座のデメリットをカバーできるのは、特殊な形状をしているからです。

さらに本製品は座り心地がよくなっている上に、畳にあまりキズを付けないように作られているので、詳しく紹介しましょう。

T字型形状

正座をしたら、多くの方が、足がしびれてしまうでしょう。

このようなケースが起きてしまうのは、膝下を圧迫しているので、血行不良に陥ってしまうからです。

このような事が起きてしまうので、仮に正座に慣れている方でも健康面で悪い影響を与えてしまうので、注意しなければいけません。

そこで本製品は『T字形状』にする事によって、膝下を圧迫しないように正座できます。

なぜなら本製品は、座面が最も広くなっていて、座面を支える柱が細くなっているからです。

そのため、膝下が座面の下に潜り込ませるようになっているので、膝下が圧迫されないで済みます。

そのような事を考えたら、正座になるのが好きな方には、本製品はおすすめの座椅子です。

低反発タイプ

椅子には『高反発タイプ』と『低反発タイプ』があります。

高反発タイプは、反発力が高くなっている事から、お尻があまり沈み込まないようになっています。

そのため、正しい姿勢をキープしやすくなっていますし、座椅子が硬めになっている事から、柔らかい座椅子が苦手な方には魅力的なタイプです。

それに引き換え、本製品が採用している低反発タイプは、お尻がある程度まで沈み込むようになっていますが、ゆっくりとお尻が元の位置に戻っていくのです。

実は、他の座椅子の低反発タイプでは、お尻が沈み込んでいる状態のままなので、お尻や腰に負担をかけてしまう物もあります。

それを考えたら本製品は柔らかくなっている上に、ある程度まで、お尻の位置が戻っていくので、座り心地がよくなっています。

キズが付きづらい座椅子

本製品が畳に、あまりキズを付けないようになっているのは、座面を支える柱の裏が柔らかい素材になっているからです。

そのため、本製品を畳の上に敷く事が可能なので、洋室がない方でも気軽に購入できます。

ただし本製品は、乱暴に取り扱ったら、畳を傷つけてしまう可能性があります。

そのため、畳にキズを付きづらい商品でも、あまり過信しないようにして、丁寧に扱うようにして下さい。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

本製品で正座をするメリット

正座よりも、あぐらが好きな方や、正座になれている方たちは、本製品を利用して正座をするメリットが分からないでしょう。

そこで、本製品で正座をするメリットを紹介するので、参考にしてみて下さい。

正しい姿勢をキープ

あぐらをかいていたら、楽な姿勢になれるので、正座をしたくない方は多いはずです。

所があぐらをかいたら、猫背になりやすいので、注意しなければいけません。

実は猫背になったら、背中が後方に曲がってしまう事から、腰に大きな負担をかけやすくなってしまいます。

そのような事になれば、最悪のケースでは腰痛になる場合もあるので、本製品を利用して正座をするメリットは大きいです。

膝にかかる負担を軽減

正座に慣れている方たちの中には、正座をしても、あまり足がしびれない方もいるでしょう。

所が、正座をしている時には、膝を圧迫する事になるので『膝痛』になるケースがあります。

なぜなら、正座をする事によって、膝の軟骨がすり減ってしまうからです。

この軟骨はクッションの役割を果たしているので、軟骨がすり減ってしまえば、膝痛になる可能性が高くなります。

そのため、膝を圧迫しないで済む本製品を利用する価値は高いです。

製品情報の詳細

本製品の特徴を理解してもらえた所で、次に製品情報も紹介するので、この座椅子を詳しく知りたい方は、確認してみて下さい。

サイズバリエーション

体格が大きい方は、足も太くなっているので、本製品の座面の下に足を潜り込ませられるか、心配になってしまうでしょう。

そこで本製品は、2つの『サイズバリエーション』を用意していて、座面を支えている柱の高さが、90mmと120mmの物があるのです。

90mmの物は体格の小さな女性にとって、適度なサイズになっているので、おすすめです。

そして120mmの物は、足が太めになっている方でも、足を座面の下に潜り込ませやすいので、体格の大きい方や肥満体型の方たちでも利用しやすくなっています(個人差があるので注意)。

カラーバリエーション

本製品は、座椅子てしては珍しく、3種類もの『カラーバリエーション』を用意しています。

その3種類とは、ライトグリーン・オレンジ・ダークブラウンなどがあります。

ライトグリーンやオレンジは華やかなカラーになっているので、年齢が若い方におすすめのデザインです。

そしてダークブラウンは趣(おもむき)のあるカラーをしているので、ご高齢の方たちであれば、満足しやすいカラーです。

このように豊富なカラーバリエーションを用意しているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高くなっています。

低価格な座椅子

本製品は正座しやすいだけではなく、数種類のサイズやカラーが用意されているので、高額な座椅子というイメージを抱いた方は多いかもしれません。

所が、本製品は、楽天市場では送料別ですが、税込価格4,090円にしかなりません(2018年3月24日時点)。

このように低価格な座椅子なので、3種類のカラーを揃えてみるのも、おすすめです。

商品のレビュー

本製品は魅力的なポイントが多い座椅子なので、多くの方たちは「本当に、そこまで魅力的な座椅子なのだろうか」と半信半疑になったかもしれません。

そこで本製品のレビューを紹介するので、本当に魅力的な座椅子なのか参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品は2種類の高さを用意している事もあって、自分の身体に合う高さを見つけられて、満足している方がいました。

そのため、正座が好きな方であれば、本製品を利用しても、それほど足が窮屈(きゅうくつ)に感じる事がありません。

ただし個人差があるので、足が少し窮屈に感じる場合もあるので、注意する必要があります。

そして豊富なカラーバリエーションを用意しているので、好みに合うカラーを見つけられて満足している方もいたのです。

そのため、デザインにこだわりたい方にも、おすすめの座椅子です。

否定的なレビュー

本製品を利用したら、お尻が少し浮くような姿勢になるので、お尻に少し負担をかけてしまって、不満を抱いている方がいました。

そのため全ての方が、本製品が身体に合うとは限らないので、注意して下さい。

そして本製品は低反発タイプになっていますが、少し座面が硬く感じてしまう方もいました。

そのため、できるだけ柔らかくなっている座椅子を探している場合は気を付けて下さい。

まとめ

本製品は正座をしやすくなっていますが、あまりにも足が太い方は、座面の下に足を潜り込ませる事が難しくなってしまうので注意する必要があります。

ただし120mmの高さのある本製品を利用しても、足を潜り込ませられない場合には、肥満体型になっているので、ダイエットをしたほうが良いです。

なぜなら肥満体型になっていたら、膝にかかる負担が大きくなってしまうからです。

そのため、ダイエットをすれば多くの方たちが利用しやすい座椅子なので、一度は試してみる事をおすすめします。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子