腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発 マットレス付き 折り畳みベッドは寝心地と利便性を両立!

   

アイリスオーヤマ 折りたたみベッド 低反発マット付き ハイタイプ 完成品 ブラウン OTB-MTN

日本には、マットレス付きベッドが多く販売されています。

マットレス付きベッドであれば、ベッドとマットレスの両方を購入する必要がないので、あまりお金をかけないで済みます。

ただし、マットレス付きベッドは、寝心地が悪い製品もあれば、利便性が優れていない製品もあるので注意しなければいけません。

所が『低反発 マットレス付き 折り畳みベッド』であれば、寝心地と利便性を両立しているので、多くの方たちが満足できる製品になっています。

そこで、本製品の魅力について詳しく解説するので、確認してみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

低反発 マットレス付き 折り畳みベッドの寝心地

本製品の寝心地がよくなっているのは、3つのポイントが大きく関係しているからです。

その3つのポイントとは、低反発タイプ・ボリューム・メッシュ素材です。

そこで、寝心地の良いマットレス付きベッドを探している方のために、3つのポイントについて紹介しましょう。

低反発タイプ

マットレスは大きく分けて『低反発タイプ』と『高反発タイプ』があります。

低反発タイプは、ソフトな使用感になっていますが、少し体が沈み込みやすいマットレスです。

それに引き換え、高反発タイプはハードな使用感になっているので体が痛く感じやすいのですが、体があまり沈み込まないマットレスになっています。

それぞれ一長一短あるので、どちらのほうが優れているという訳ではありません。

実際に体重が重くなっている方が、低反発タイプのマットレスを利用したら、体が沈み込みすぎて、体圧が腰や背中に集中してしまうので注意しなければいけません。

しかし、体重が軽くて体があまりマットレスにフィットしない場合には、本製品のように低反発タイプのマットレスのほうがおすすめです。

ボリューム

体重が軽い方には、本製品は合いやすいマットレスですが『ボリューム』が足りなくなっていたら底つき感が出てしまいます。

そこで、本製品はマットレスの厚みを『10cm』にする事によって、底つき感の緩和に成功しました。

実際に底つき感が出てしまうマットレスを利用していたら、眠っている最中に背中や腰が痛く感じやすいので、注意しなければいけません。

そのため、ボリュームの足りないマットレスを利用していて、寝心地が悪くなっている場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

メッシュ素材

日本は四季のある国なので、夏の季節になったら気温が上昇して、寝苦しく感じてしまいやすいです。

所が、本製品は『メッシュ生地』を採用しているので、優れた通気性を実現している事から、夏の季節でも利用しやすいマットレスになっています。

そのため、通気性が優れていないマットレスを利用していて、寝心地が悪くなってしまう場合にも、本製品は購入してみる価値があります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

本製品の利便性

本製品は寝心地が良いだけではなく、利便性まで優れているのは、様々な機能や部品が備えられているからです。

そこで、本製品に備えられている機能や部品などを紹介するので、それが分かれば、本製品がいかに利便性に優れているのか分かるはずです。

リクライニング機能

本製品は『リクライニング機能』が備えられていて、ある程度までマットレスの一部を起こす事ができます。

実際に、マットレスの一部を起こす事ができれば、上半身だけを少し起こしている状態で体を休ませる事ができるのです。

その姿勢であれば、テレビを見やすくなるので、怪我をして自宅で養生したい方には魅力的なポイントです。

さらに、体が不自由になって、ベッドから起きづらくなっている方でも、本製品のリクライニング機能を活用したら、起きやすくなります。

収納機能

マットレスは人間の体を支える寝具なので、ある程度まで長いサイズになっています。

実際に、本製品も同じマットレスなので、約211cmもの長さになっているのです。

このように長いサイズになっている事から、部屋に設置してしまえば、部屋が窮屈(きゅうくつ)に感じてしまいます。

そこで、本製品は『収納機能』を備えていて、マットレスを二つに折りたためるようになっているのです。

実際に、本製品を二つに折りたたむ事ができたら、マットレスの長さを約211cmから約35cmにする事ができます。

キャスター付き

マットレスをコンパクトなサイズにできても、隣の部屋を持っていきたい場合や、引っ越しをしたい場合には、簡単に持ち運ぶ事はできません。

所が本製品は折りたたむ事ができるだけではなく『キャスター』まで付けられているのです。

そのため、平らな所を移動する際には、本製品は押すだけで運んでいく事ができるのです。

ただし、二階から一階に運ぶ際には、押して移動させる事はできないので注意する必要があります。

本製品の基本情報

本製品の寝心地や利便性などを理解してもらえた所で、次に基本情報も紹介するので、このマットレス付きベッドを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

組み立てが容易

マットレス付きベッドはコストパフォーマンスが優れていても、ベッドとマットレスが一体になっている事から、組み立てる際には時間をかけてしまいます。

所が、本製品はマットレスとベッドが一体になっているにも関わらず、組み立てるのに約5分程度で済むのです(個人差があるので注意)。

実際に、その組み立てる方法は、まずキャスターを脚に固定して、次に脚を本体に取り付けます。

そして、ベッド部脚も取り付けて、最後に取っ手を取り付けるだけで完成です。

そのため、組み立てるのが面倒に感じてしまう方にも、本製品は購入してみる価値があります。

低価格なマットレス付きベッド

本製品は、寝心地や利便性を両立しているだけではなく、組み立ても容易なので、多くの方たちは「値段が高い製品ではないのか」と不安を感じたかもしれません。

所が、本製品は低価格なマットレス付きベッドになっていて、楽天市場では税込価格13,500円で購入する事ができるのです(2018年8月21日時点)。

実は、日本で販売されているマットレスの中には、10,000円前後になっている製品が多くあります。

それを考えたら、本製品がいかにコストパフォーマンスが優れているマットレス付きベッドか分かるでしょう。

本製品のレビュー

本製品は魅力の多いマットレスですが、意外にも利用者たちの中には、満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいました。

そこで、本製品のレビューを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品は、簡単に組み立てる事ができたのに、作りがしっかりとしていて、安定した状態で利用できる所を気に入っている方がいました。

そのため、安定感のあるマットレス付きベッドを探している方にも、本製品はおすすめです。

さらに、本製品はボリュームのあるマットレスになっていて、寝心地がよくなってる所を気に入っている方もいました。

そのため、底つき感が出るマットレスが苦手な方であれば、本製品は満足しやすい製品です。

否定的なレビュー

本製品を3ヶ月ほど利用していたら、腰を支える部分がへこんでしまうケースがありました。

しかし、マットレスは利用していくうちに、へたってしまうので、腰を支える部分がへこんでしまうのは仕方のない部分です。

さらに、本製品を利用していたら「ギシギシ」と音が出てしまう所を気にしてしまうケースもありました。

そのため、音に敏感な方が本製品を利用してしまえば、睡眠の質が低下してしまうので注意しなければいけません。

まとめ

本製品は、マットレス付きベッドになっているだけではなく、リクライニング機能を備えている事から、介護ベッドとしても利用できます。

そのため、値段の安い介護ベッドを探している方にも、本製品はおすすめのマットレス付きベッドです。

ただし、本製品を利用していくうちにへたってしまうので、定期的にマットレス付きベッドの向きを変えて下さい。

そうすれば、腰を支える部分を変える事ができるので、ある程度までへたり対策を講じる事ができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団