腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

体のための睡眠を行うなら枕はとても重要なアイテムであることを理解する

   

快適な睡眠とはどういった状況を言うのでしょうか。

なかなかイメージトオリニ快眠が行えないと言う人は、まずは枕を見直してみることをおすすめします。

枕を変えても意味がないと感じるかもしれませが、枕はとても重要な要素を握っているのです。

快適な睡眠は枕からだとまずは考えて、しっかり枕選びに集中していくとこが大切です。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

なぜ枕が必要なのか

自然な睡眠ができる

枕がなぜ人間にとって必要な寝具なのか考えたことはありますか。

確かに枕がなくても眠ることができることや、そもそも枕を使用して眠ったことがないので、実際に枕がなくても自分らしい睡眠が可能になるかもしれないと考えるかもしれません。

しかし、実際に枕を使用しないで眠った場合は、酷く不快な眠りになってしまいます。

なぜこのような状況になってしまうかは、人間の骨格などに答えがあります。

人間の頭は実はとても重たく、枕を使用しないで横になった場合は頭が落ち込んでしまい肩や首にとても大きな負担がかかってしまうのです。

横になったときには、自然と両腕を頭の後ろに回してしまいます。

これは無意識にそうしているのであって、とても自然な行動なのです。

頭の重さを支えるためにも、枕はとても重要な寝具だと言うことになります。

さらに、横になっているときには体がフラットな姿勢でいる必要があります。

体をできる限りフラットに近付けることで、より安定した眠りを実現させることができるようになるのです。

枕を使用することで、より体はフラットに近い状態にさせることができます。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

枕の選び方は慎重に

合わない枕は睡眠を妨害する

これほど重要な寝具である枕なので、選ぶときには必ず慎重に行う必要があります。

もし、自分に合っていない枕を使用したときには確実に睡眠を妨害してしまう存在になります。

こうした状況が長く続いてしまうことで体は疲れやすくなり、健康にも障害が起こってしまうようになります。

また、こうした健康は慢性的な体の不具合を生んでしまうことにもなるのです。

体に合わない枕を長期間使用し続けることで、血管が圧迫されてしまい肩こりや酷い場合には腰痛の原因を招いてしまうことにもなります。

重要なのは枕の高さ

枕選びのポイントとして、枕の硬さや素材などさまざまな要素がありますが、中でも重要なポイントは枕の高さなのです。

枕は高さによって使用感が大きく変わってくることは間違いありません。

そのため、枕を選ぶときには必ず第一に高さを重視して選ぶようにしましょう。

高すぎる枕などは、横になったときにはストレッチ感覚になり気持ち良く感じます。

しかし、確実に時間が経過していけば辛く感じてきます。

できる限り長時間眠れる枕の高さを選ぶときには、自分が立った姿勢に近い状態をキープできる高さの枕を選ぶことが基本となります。

この基本を忠実に守ることができれば、枕は快適に使用することができるようになります。

枕の最適な素材

高反発ウレタン

高反発ウレタンは、柔らか目のタイプも中にはありますが、基本的には硬めにセッティングされている素材になります。

硬めになっているので、眠りにくいと感じてしまうかもしれませんが、適度な硬さは体をしっかりと支えてくれますので、長時間でも安定した眠りを実現させることができます。

さらに高反発ウレタンは、寝返りもスムーズにさせてくれます。

柔らかすぎる枕の場合、極端に沈み込んでしまい寝返りがとても不安定になってしまいます。

高反発ウレタンは、こうした寝返りのサポートも行ってくれますので、安心して長時間の使用ができます。

低反発ウレタン

高反発ウレタン素材の高い能力は理解ができたかもしれませんが、では低反発ウレタン素材はどうでしょうか。

柔らかな沈み込みが特徴的な低反発ウレタンは、高い枕や硬い枕が苦手だと感じている人には最適な枕の素材です。

適度に沈み込むことで、頭がしっかり固定されますので、安定したスタイルで眠ることができます。

しかし、低反発ウレタンは水に弱いと言う面があります。

そのため水洗いができませんので、クリーニングなどを利用することになります。

それでも低反発ウレタンのメリットは大きいと言えます。

ラテックス

ラテックスはあまり聞き慣れない素材の名前かもしれませんが、高反発ウレタンと低反発ウレタンとを組み合わせたような、まさにちょうど良い感覚になれる素材です。

沈み込みはありますが、少し程度の沈み込みであり、ちょうど良い部分で止まりますので、最適な睡眠を実現できます。

高反発ウレタンでも低反発ウレタンでもイメージ通りの睡眠ができなかった人には、最適な素材だと言えます。

高反発ファイバー

高反発ファイバーも、あまり聞き慣れない素材名かもしれません。

高反発ファイバーは、やや硬めにセッティングされており、さらにウレタンのような通気性の悪さがなくさらに水で洗えると言う魅力を持っている素材です。

とくに通気性が良いので、夏場でも常に快適な眠りを行うことができます。

スマッシュフォーム

スマッシュフォームは、ウレタンフォームをさらに細かくした素材になります。

触り心地はどちらかと言えばふわふわとした感覚であり、多少の沈み込みはありますが、不快に感じにくい沈み込みです。

洗うことで劣化スピードが早まってしまいますが、メリットの多い素材だと言えます。

おすすめの枕4選

メリーさんの高反発枕

メリーさんの高反発枕は、枕に詳しい人であれば一度は使用してみたいとカンジル枕です。

NASAが開発したと言われるウレタンフォーム素材は、ちょうど良い感覚を長時間維持することができます。

また、頭や首をちょうど良い高さに持ち上げてくれるような感覚は、最高の眠りを実現させることができると感じます。

さまざまなメディアでも取り上げられた実績があり、信頼度はとても高い枕だと言えます。

Airwaveピロースタンダード

airweave(エアウィーヴ) 高さ・硬さ調整可能 エアウィーヴピロー スタンダード

Airwaveピロースタンダードは、適度な硬さを維持できますが、高さなどに不満を感じたときには中のシートで高さの調整を行うことができる優れた枕です。

また、ホールド感がとても強いため、余計な寝返りなどでも体を固定させることができます。

レベルの高い枕を求めている場合にはおすすめです。

ASIKA快眠枕

ASIKA快眠枕は、肩こりなどを予防してれる枕として人気が高まっています。

また最適な高さで睡眠が行えるため、いびき防止にも役立ちます。

さらに、通気性にも優れているため夏場でも余計な熱がこもることなく、快適な時間が長続きします。

一般的な枕に比べて高価なタイプになりますが、それでも快眠を目指したい人にはおすすめです。

YFLG枕

YFLG枕は首や肩のストレスを大幅に解消できる、まさに安眠枕だと言える存在です。

また、頭の重さを上手に分散してくれる能力がありますので、常に快適な安眠を実現できます。

快眠を目指してる人だけではなく、体のことを考えて枕を選んでいる人にとってもこの YFLG枕はおすすめできます。

まとめ

睡眠のスタイルはさまざまなのですが、納得のいく眠りを毎日行えている人は少ない傾向にあります。

その大きな原因となっているのが、枕の存在なのです。

枕はとても重要な役割を担っており、枕で眠りが変わると言っても過言ではありません。

快適な睡眠を手に入れるためには、まずは今使用している枕の改善から行ってみることをおすすめします。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら