腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

体験談!腰痛に悩まされるデスクワーカーに効果的な椅子の座り方

      2017/09/08

システムデスク 3点セット ブラウン 25165

デスクワークをしている人の中には、腰痛に悩まされているという方もすごくたくさんいるのではないでしょうか?

でも、それは意外とちょっとした椅子の座り方の工夫で改善できたりします。

実際に私はそうして腰痛に対抗しています。

そこでここでは、そんな腰痛に悩まされるデスクワーカーの椅子の座り方について紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子を適度に回転させる

(OSJ)オフィスチェア パソコンチェア 145度 ロッキング固定機能 腰サポートクッション (ブラック)可動肘 静音PUキャスター

腰痛に悩まされるデスクワーカーの人におすすめなのが、椅子を適度に回転させるという方法です。

腰痛の原因となっているのが、長時間同じ姿勢でいることだというのはご存じでしょうか?

それは、なんとなく分かる気がしますよね。

たとえば大型の連休などで車でどこかに行こうとした時、渋滞にはまり長時間同じ姿勢でいると、すごく体が痛くなってしまいます。

なので、なんとなくずっと同じ姿勢でいることが身体に悪いというのは想像できる方も多いでしょう。

そんな体にあまり良くないずっと同じ姿勢でいることを簡単に改善できるのが、椅子を時折回転させるということなのです。

もちろん立ち上がったりしてしっかりと身体を伸ばす方がはるかに有効なのでしょう。

でも、なにかの作業をしている時、ようもないのに立ち上がることは意外と出来なかったりしますよね。

そこで私がしていた苦肉の策が、椅子を回転させるという方法だったのです。

でも意外や意外、椅子を回転させるだけでも十分に姿勢は崩れますし、実際軽い運動にもなります。

なので、思ったよりも体がほぐれていき、腰痛も多少感じづらくなっていきました。

ちょっとしたタイミングでできる

またそれは、ちょっとしたタイミングで出来るという利点もありました。

それは、その場で出来ることなので、ちょっと深呼吸をするような感覚で、することが出来るのです。

なので、数十分に一回くらいすることも出来るでしょう。

そうして頻度を多くして身体を動かしていけば、そうそう身体も固まらなくなります。

あまりやり過ぎると遊んでいると思われてしまう可能性もありますが、適度にやるのはすごくおすすめできる方法です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子の高さは時間ごとに変える

椅子の高さを調節するというのも、私が腰痛対策として効果があったと感じた方法になります。

椅子の高さは、基本的にここだと決めたらずっとそのままになっている人が多いです。

それも間違いではないでしょう。

しかし、そうしてずっと同じ高さでいると、いつも同じ姿勢で仕事をすることになるでしょう。

すると当然次第に負荷がかかるところは限られてきてしまいます。

そうして同じところにばかり負荷がかかるようになるのです。

同じところにばかり負荷がかかるようになれば、そこが痛くなるのは当然です。

そうして腰痛が起こることがあるのです。

そこで私が試したのが、椅子の高さをちょくちょく変えて、それによって姿勢を変えながら仕事をするという方法です。

椅子の高さをちょくちょく変えていけば、当然ながら姿勢も変わっていきます。

そうして姿勢が変わっていけば、負荷がかかるところも変わってくるでしょう。

負荷がかかるところが変わってくるということは、負荷を分散することが出来るということになります。

そんな風に負荷を分散することが出来れば、一つのところが傷まなくなるのも当然なのではないでしょうか?

軽い運動にもなる

負荷がかかるところが変わるというのは、体にとっては軽い運動にもなると言えるでしょう。

だから、そういう意味でもこの方法は良かったのかもしれません。

ただ、極端に変え過ぎるのはあまりおすすめしません。

たとえば、椅子を上げすぎたりしたら、足が地面につかなくなる人も出てくるでしょう。

でも、足が地面につかなくなるというのは良くありません。

実際私もそうして椅子を上げすぎて足が地面につかない状態で作業をしたこともありましたが、足が地面につかない状態で作業をすると、どうしても腰にすごく負荷がかかるのです。

なので、短時間のそれでも腰痛がひどくなった気がしました。

そうなったらこれも全て逆効果になってしまうので、あくまでも足は地面につく状態で、軽く上げ下げするくらいの感じでやった方が良いでしょう。

肘おきをしっかり活用する

オフィスチェア 肘付 メッシュ ハイバック ブルー

肘おきをしっかりと活用するというのも、私が試して腰痛が少し楽になった方法だと言えるでしょう。

椅子の肘おきは、ついてはいるけれど活用していないという方も意外と多いのではないでしょうか?

でも、やはりそれでは良くありません。

肘おきを活用しないでデスクワークをしている場合、肩や腕の力でパソコンをいじる手を支えていることになるでしょう。

でもそれは、すごく筋肉を疲れさせてしまいます。

そうして肩や腕の筋肉が疲れていったら、それをなんとかしようと思って、足を組んだり色々な事をして体勢をかえつつ作業することになるでしょう。

すると当然腰に良くない姿勢で作業することも増えてきて、いつしか腰痛がひどくなったりするのです。

そうならないためには、肘おきをしっかりと活用するしかありませんでした。

肘おきの上に肘を置くと、それだけで肩や腕の無駄な力は必要なくなり、楽に作業できるようになるのです。

肘おきのある椅子を用意しないとならない

もしかしたら、今使っている椅子には肘おきがないという方もいるかもしれません。

でも、やはりそれはおすすめできません。

なるべく腰に負担をかけずにデスクワークがしたいと思うのであれば、肘おきがある椅子を使用してください。

それは、なにも高級なものでなくとも構いません。

高級なものでも、安い椅子でも別段その機能のレベルの差はありません。

なので、全然安い椅子でも問題ないのです。

たまに空気椅子もする

デスクワークで腰痛に悩んでいるという方におすすめなのが、空気椅子です。

たまに空気椅子をすることで、脚やお腹周りをグッと鍛えることが出来るようになります。

それはつまり、そのあたりの筋肉を動かしてあげることになります。

なので、凝り固まりかけているそのあたりの筋肉をほぐしてあげることが出来て、腰痛の改善や予防に効果的でした。

もし空気椅子が辛いようならば、肘おきに肘をおいて、軽くそこを支えにしてやっても良いでしょう。

いずれにしてもそうして空気椅子をして身体を動かすことはおすすめです。

長い時間やる必要はない

ただ何も実際に筋力を鍛える為のトレーニングがしたいわけではないので、それを長時間やる必要はありません。

これがもし筋力を鍛える為のトレーニングだったら、1分くらいはした方がよいのでしょうが、そうではないので、10秒とか、長くても20秒とかそれくらいの時間で十分になります。

そうして短い時間で良いので適度に挟んでいくようにしてください。

こうしてしっかりと身体を動かすと血行が良くなります。

それによって、体がまた凝り固まることを防いでくれるようにもなるでしょう。

なので、予防にも効果的だと言えるのです。

デスクワークの人には最近運動不足の人も多いでしょう。

そういう人はやってみたら意外と出来ない事もあり、自分の衰えに驚かされるでしょう。

まとめ

OFFICE Creator ロッキング機能付きオフィスチェア コンパクトPUチェア (ブラック)

実際にデスクワーカーの私が腰痛に効果があったと思う椅子の座り方は、これらになります。

もちろん腰痛の症状や原因には個人差があるでしょうから、すべての人にこうした方法が効果的だとは思いません。

でも中には条件が近い人もいるはずです。

そういう人にはきっと効果的でしょう。

なので、是非一度試してみていただきたいです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子