腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

入浴剤で腰痛緩和!痛みに効く理由は「血行促進効果」にあった

   

辛い腰痛を緩和するために入浴剤を使用したお風呂に入るというのは、腰痛で悩んでいる方々にとっては比較的有名な方法ですよね。

けれど、入浴剤ならどれでも腰痛の改善につながるのかと言えばそういうわけではありません。

今回は腰痛に入浴剤が効果的だと言われる理由と、腰痛に効く入浴剤の種類、さらにおすすめ製品を分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

腰痛に入浴剤が効果的な理由

病院に行くほどではない腰痛になった時、お風呂で入浴剤を使うことで痛みを改善し、腰痛治療を試みる人は少なくありません。

実際に、腰痛に効く入浴剤を使ったら痛みが弱くなったという方もいるでしょう。

しかし、なぜお湯に溶かして使う入浴剤が身体の中の痛みである腰痛に効果的なのでしょうか。

一見関わりが無いように思える腰痛改善と入浴剤には、納得の理由があったのです。

血行不良を改善し筋肉を緩めてくれる

腰痛という症状の原因は様々ですが、慢性的な腰痛の原因で多いものが「血行不良」なんです。

筋肉というのは血行が良く、新鮮な血液が循環していることで発達し健康に働く期間です。

しかし、何らかの理由で腰周辺の筋肉に血液が行き届かなくなると、筋肉が上手く回復できず、疲労物質が溜まったけっか慢性的な腰痛を引き起こしてしまいます。

こういった血行不良が原因の腰痛を改善するには、身体全身、そして腰回りの筋肉を温める血液の働きを活発にする入浴剤がおすすめできるというわけなんです。

リラックス効果の強い香りで緊張がほぐれる

入浴剤には直接痛みに作用する効果だけでは無く、アロマ的なリラクゼーション効果も付与されています。

くたくたに疲れて帰ってくると、体中の筋肉が凝り固まってしまっていることもありますよね。

そんな時に良い香りのお風呂でゆっくりと温まることで、香りとぬくもりが身体の凝りや筋肉の硬直を解きほぐし、腰痛の痛みも軽減してくれるでしょう。

香りというのは「西洋の漢方」と呼ばれるほど身体に大きな影響をもたらすものなんですよ。

急性腰痛の場合は注意が必要

腰痛改善に効果が高いとされる入浴剤での入浴ですが、腰痛の症状によってはお風呂で身体を温めない方がいい場合もあります。

同じ腰痛でも、ぎっくり腰や運動中の怪我による痛みの場合は腰の筋繊維が損傷している可能性があります。

こういった痛みが起こっている場合、筋繊維が炎症を起こしているのでさらに温めてしまうと症状が悪化する場合もあります。

入浴剤での腰痛改善は、慢性的な腰痛に悩んでいる場合のみにして、急性腰痛の場合はすぐに医師の診察を受けて適切な処理を行いましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

入浴剤には成分によって6つの種類がある

入浴剤の成分は、厚生労働省の認可許可が下りたものだけが使用できるようになっています。

そしてこの機能成分の配合によって入浴剤は無機塩類系、炭酸ガス系、生薬系、酵素系、清涼系、スキンケア系という6つに分類でき、それぞれが特化した効能・効果を持っているのです。

そのため、種類によっては腰痛改善効果が薄いものも存在します。

例えば、清涼系入浴剤は清涼成分で入浴後の爽快感を付与した入浴剤となります。

スキンケア系入浴剤は保湿・美容成分、酵素系は身体の汚れを洗浄する成分が高い入浴剤です。

これらの入浴剤では、腰痛改善のための血行不良改善等の効果はあまり得られません。

今は様々な成分効果を併せ持った複合型の入浴剤も多く販売されていますが、腰痛改善目的で入浴剤を選ぶ時には特に効果が高いと言われる「生薬系」「炭酸ガス系」または「無機塩類系」の効果が含まれたものを選ぶようにしましょう。

無機塩類系の入浴剤とは

無機塩類系の入浴剤とは、炭酸水素ナトリウム・硫酸ナトリウムといった成分を配合し、温泉の湯質に近づけるために作られた入浴剤です。

本物の温泉の場合、浴室や金属を傷める成分も入っている上にコスト面から考えても、お湯を直接自宅のお風呂に運び込むというのは現実的ではありません。

無機塩類系の入浴剤は温泉の湯質から、そのお湯の効能を分析し同じような成分に作り上げているので、自宅で気軽に温泉療法を試せるようになっています。

特に、血行促進、保温効果、腰痛・肩こり治療と言った効果が謳われているものが腰痛の改善に高い効果を発揮するでしょう。

生薬系の入浴剤とは

生薬系の入浴剤は薬用植物の有効成分を入浴剤にしたものを指します。

薬用植物の種類によって効果は様々ですが、腰痛改善・予防に効く植物を使っている入浴剤なら、痛みの軽減と言った効果が期待できるでしょう。

アロマ効果等のためにつくられている入浴剤や、他の効能を謳っている入浴剤の場合は腰痛改善への効果が薄い場合もあるので、説明書きを良く確認しましょう。

炭酸ガス系の入浴剤とは

炭酸ガス系入浴剤とは、成分は無機塩類系に近いのですがその中に発泡性の成分が含まれているものを指します。

炭酸塩が使用されている為、しゅわしゅわと泡立つ発砲ガスには二酸化炭素が含まれています。

この二酸化炭素が皮膚から体内に吸収されると、体内では二酸化炭素を処理するためにミトコンドリアが活発に働き出し、血中の酸素濃度を高める動きを行います。

その結果、血液が身体の隅々まで行き渡るようになり、腰痛の原因の一つである身体の冷えを改善してくれるのです。

腰痛の改善に効果的な入浴剤

それでは、実際に市販されている入浴剤の中から腰痛に効果が高いと評判の製品を見ていきましょう。

今回は口コミやインターネットサイトでも腰痛改善効果が多い3種類の入浴剤をまとめてみました。

効き湯マグネシウム炭酸湯

きき湯 マグネシウム炭酸湯 360g

株式会社バスクリンと言えば、入浴剤を作っている会社として有名ですよね。

そのバスクリンが販売している「効き湯マグネシウム炭酸湯」が腰痛改善効果の高い入浴剤として注目を集めています。

この入浴剤には、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、硫黄マグネシウムと言った腰痛改善に効果的な無機塩類系の成分で作られています。

さらに粒状の入浴剤から発生する炭酸ガスによって血行促進効果が高まり、身体を芯から温め冷えによって硬くなった筋肉をほぐし、痛みを軽減してくれるのです。

薬治湯生薬風呂 痛楽

薬治湯 生薬風呂 痛楽 25g×10包入

腰痛改善効果の高い無機塩類系の成分とともに、生薬成分が配合されている「薬治湯生薬風呂」は生薬系の中でも腰痛の痛みに効くと話題の入浴剤です。

コメヌカエキスやトウキエキス、ニンジンエキス、カンゾウエキス、ジオウエキスという5種類の生薬が痛い腰痛をしっかり緩和してくれるのでぜひ試してみてください。

生薬を配合している為、独特な匂いがあり苦手な方もいるかもしれませんね。

漢方療法などを取り入れている方には馴染みやすい香りでおすすめです。

薬用ホットタブ重炭酸湯

ホットアルバム 薬用ホットタブ 重炭酸湯【医薬部外品】 15g×100錠

ドイツの自然炭酸入浴から開発された「薬用ホットタブ重炭酸湯」は腰痛や肩こり、神経痛と言った痛みの改善に特化した薬用入浴剤です。

発生する炭酸ガスには水素イオンと重炭酸イオンが豊富に含まれているので、毎日辛い慢性的な腰痛の痛みにも効果が高いと言われています。

ヨーロッパでは保険適用されるほど医療分野でも注目されている重炭酸湯入浴を取り入れているだけあって人気も高く、腰痛を患う人々からも注目されている商品です。

腰痛改善には入浴方法とストレッチも取り入れよう

入浴剤は腰痛の改善に効果的だと言われていますが、それに加えて入浴方法を工夫することで、より一層効率的な改善を見込めるようになります。

普段の自分の入浴方法を見直して、腰痛改善のためにはどのように入浴すればいいかチェックしてみましょう。

熱すぎないお湯に肩までゆっくりと浸かる

例えどんなに効果的な入浴剤を使用していても、お湯が熱すぎて10分も入っていられないなんて状態では存分に効果を得ることはできません。

熱めのお湯が好きという方も、腰痛の改善のために40度前後の入りやすい温度で20分~30分程度ゆっくりとお風呂に浸かるようにしましょう。

この時、肩までしっかりとお湯に浸かって全身を温めることで、筋肉が弛緩しやすくなり腰痛の改善への効果も高まります。

背中や肩甲骨・腰のストレッチを行う

身体がしっかりと温まってきたら、痛くない程度に全身のストレッチを行いましょう。

腰痛の改善というと、腰回りのストレッチが思い浮かぶかもしれませんが、腰の筋肉は背中や肩甲骨周辺など色々な筋肉と繋がっています。

腰の筋肉をほぐしてもその周囲の筋肉が凝り固まっていては意味がありませんよね。

せっかく効果的な入浴剤を使っているのですから、全身をほぐし疲れをとるつもりで色々な部位の筋肉を伸ばしていきましょう。

ただし、あまり強引なストレッチを行ってしまうと、反対に筋肉を痛める原因となります。

自分が気持ちいいと感じる程度の強さに留めてください。

入浴後は水分補給と身体の保温を忘れずに

長時間お湯につかる入浴は、身体の水分が排出されやすく脱水症状になってしまう可能性があります。

お風呂から出た後には、常温の水をコップ1杯以上飲んで出ていってしまった水分を補いましょう。

また、温まった身体が湯冷めしてしまうと筋肉が硬くなり腰痛が悪化する危険もあるので、お風呂上がりはパジャマなどをすぐに来て、早めに布団に入ることをおすすめします。

まとめ

歩いても走っても、立っても座っても痛む腰痛は毎日の生活を憂鬱なものにしてしまいます。

そんな辛い痛みを入浴剤で改善できたら、気持ちが少し楽になるのではないでしょうか。

自分好みの香りで腰痛改善効果が高い入浴剤を何種類か探して、気分によって使い分けるのも楽しそうですね。

ただし、あまりにもひどい腰痛の場合は病院で診察を受け、専門医の指導で治療を行うようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤