腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

入浴剤にこれをプラス!入浴剤とあわせて行うと効果的な腰痛対策方法とは

      2017/09/08

入浴剤には、腰痛の改善に効果的だというものがすごくたくさんあります。

しかし、そうした腰痛の改善に効果的な入浴剤を使用していても、なかなか腰痛が改善しないなぁと感じていた方は多いのではないでしょうか?

そういう方は、そうした腰痛に効果的な入浴剤にプラスして、腰痛改善に効果的な事をした方が良いです。

ここではその方法を紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

お風呂の中でストレッチをする

まず一つ言えるのは、ストレッチです。

腰痛が何故起こるのかという、腰痛の原因に関しては、本当に様々なことがあります。

しかしその大元を突き止めていけば、結局その原因は、筋肉が固まってしまっているからだったりすることが多いです。

筋肉が固まれば、当然ながら血流は悪くなっていきます。

そして血流が悪くなれば、それに合わせて人の体は痛みを感じるようにウなります。

さらにいえば、固くなった筋肉はそれだけで動かすのが大変になります。

でも、腰の筋肉というのは身体の根幹になりますから、すごく動かすことになるでしょう。

それは確かに、腕の筋肉などのように派手に動くことはないかもしれません。

しかし、地味には動いているのです。

固い筋肉をそうして無理矢理動かしていたら、痛みが生じるのも仕方ないことになるでしょう。

でも、それが分かっていれば対策は簡単です。

入浴剤による筋肉をほぐす効果をより高くするためにも、お風呂の中でストレッチをするのです。

ストレッチは腰以外もする

そのストレッチの方法自体は、自分気持ちよいと思えば何でも良いです。

しかし、一つポイントもあります。

それが、腰以外のストレッチもするというポイントです。

腰痛を改善する為のストレッチというと、腰だけストレッチしていれば良いのではないかと思う事もあるでしょう。

確かに、腰をストレッチすることもすごく大切です。

ですが、しっかりと腰痛を改善するためには、全身のストレッチをすることが大切なのです。

全身のストレッチをすれば、全身の筋肉が伸びていきます。

なので、無駄にどこかの筋肉に負担がかかることがなくなるのです。

えてして負担がかかるのは腰ですから、そうして腰の負担がなくなるというのは、すごく良いことです。

そうして、腰痛の改善に期待が出来るようになるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

お風呂上りで腰痛対策シートを張る

入浴剤の効果でしっかりと筋肉をほぐして腰痛の原因に対してアプローチしていったら、それに加えてさらに腰痛対策のシートなどを貼ることをおすすめします。

そうしてダブルでアプローチしていけば、より長い時間腰痛に対してアプローチして行くことが出来るようになります。

そんな風に長い時間腰痛に対してアプローチしていくことが出来たら、その分だけ筋肉が固まる事も少なくなるということになるでしょう。

それはつまり、腰痛の痛みが軽減するということになります。

お風呂上りであることもポイント

また、そのシートを使うのが、入浴剤を入れた後のお風呂上りである事もポイントだと言えるでしょう。

入浴剤を入れた後のお風呂上りでは、まず間違いなく身体は温められているでしょう。

ましてやその入浴剤は腰痛対策の入浴剤なわけなのですから、その可能性は極めて高いと言えます。

そうして身体がしっかりと温められていれば、よりしっかりと成分を腰に届けることが出来るようになるのも当然になります。

0からスタートするよりも、10からスタートした方が効きはじめにたどり着きやすいようになるのは当然ですし、その方がより高い数値にたどりつけるようになるのも当然です。

なので、腰痛対策のシートはお風呂上りで使うのがおすすめです。

ただしお風呂上りがNGなこともあるので注意

ただ、すべての腰痛対策のシートがお風呂上りに使えるわけではありません。

中には、お風呂上りに使用することがNGとされている腰痛対策のシートもあるので、その点に関しては注意が必要です。

体が温められている状態で使われることを良しとしないものもあるのです。

なので、入浴剤とあわせて腰痛対策のシートを使用する場合には、その腰痛対策のシートが、お風呂上りに使えるものなのかどうかと言う事もよく見て行うようにしないとならないでしょう。

腰をなるべく温めるようにする

また、入浴剤の入ったお風呂から出た後に、なるべく腰を温めるようにするということも大切になります。

なるべく腰を温めるようにすると、その分ずっと筋肉がほぐれている状態をキープできるようになりますし、効果的です。

でも、どのようにしたらなるべく腰を温めることが出来るようになるのでしょうか?

腰にタオルをまくのがおすすめ

おすすめなのは、腰にタオルを巻くという方法です。

タオルであれば、腰に巻いてもそこまで腰が蒸れることはありません。

それでいて、しっかりと腰の周りを温める事も出来るので、一石二鳥と言えるのです。

さらに良い点はある

また、実は腰にタオルを巻くことは、さらに良い事もあるのです。

つまり、実は一石二鳥ではなく、もっとたくさん落とせる鳥があります。

たとえば、腰にタオルを巻くことによって、それがコルセット代わりになり、腰にかかる負担を軽減できるという点です。

普段疲れている腰の筋肉をそうして休ませることが出来るというのは、腰にとってはすごく助かることになるでしょう。

さらに、腰にタオルをまくことで、寝る際に腰が沈みすぎる事を防げるようにもなります。

ベッドで腰が沈みすぎるから気が付いたら腰が痛くなっているという方もすごくたくさんいます。

しかしベッド自体に対策をするというのはかなり難しいです。

なので、どうしたらよいか分からなくなるものです。

そんな時に役立つのが、タオルを腰に巻くという方法なのです。

そうしていろいろな利点がある方法なので、入浴剤を入れたお風呂から出たら、そのままその際に使用したタオルを腰に巻いて寝るようにした良いでしょう。

腰をなるべく動かすようにする

入浴剤とあわせて行う対策方法として、腰をなるべく動かすようにするという方法もあります。

例えば前屈とその逆を適度に繰り返しおこなうようにしたり、あるいはラジオ体操の体を大きく回す時のように体を大きく回してみたりするのです。

そうすると、腰をすごく動かすことが出来るようになります。

腰の筋肉が固まってしまう理由としてやはり、腰の筋肉の動きが小さいことも挙げられます。

現代人は運動不足で、腰の筋肉を大きく使うような行動はなかなかとりません。

でも、そうして腰の筋肉を大きく動かさないでいたら、次第に固まりやすくなるのは当然です。

だから、入浴剤での腰をほぐす効果に加えて、日常の中で腰を大きく動かして、腰が固まらないようにしてあげるのが効果的だと言えるのです。

ただし痛みが激しい場合は無理をしない

ただし、それはある程度余裕がある時だと言えます。

もし腰痛が激しくて、そういう腰を大きく動かすような行動がとれないのであれば、その時には無理はしないようにすることがおすすめです。

無理をしても逆に腰痛を悪化させてしまうことになるのは目に見えていますから。

まとめ

入浴剤だけでは腰痛は改善しなくても、こうしていろいろとプラスしていけば、それによって腰痛が改善していくこともあるでしょう。

それはつまり、それだけ自分の腰は悪い状態にあるということです。

なので、是非入浴剤にプラスして、ここで紹介してきたことの中から取り組めそうな事を選んで取り組んでいってみてください。

そして、腰痛を改善していきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤