腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

入浴剤には腰痛改善などさまざまな効果を得ることができる

   

高陽社 浴用化粧品 プレミアムハイセンス 2kg×1缶

毎日の入浴には、とても重要な意味があります。

お風呂のお湯により、血行が促進され、体の疲れは徐々に改善されていくのです。

しかし、さらに入浴剤を加えることでより高い効果を得ることができるようになるのです。

入浴剤には腰痛を改善してくれる効果や、乾燥肌を改善してくれる効果などがありますので、上手に活用していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

寒い時期には欠かせない入浴剤

体がとても楽になる

寒い冬の時期には、入浴剤は欠かせません。

入浴剤を入れることで、不思議と体が楽な気持ちになっていきます。

寒い冬には欠かせない入浴剤ですが、その理由はとてもはっきりしているのです。

入浴剤には血行を促進してくれる効果が得られる成分が含まれていることが多いため、寒い時期には体が暖まり体がとても楽になるのです。

つまり、寒い冬には入浴剤はとても強い味方になってくれると言うことです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

入浴剤の使い方

入浴剤はしっかり溶かしておく

入浴剤は、お湯にしっかり溶かしておかなければ効果を発揮させることができません。

お湯に溶けることで、効果が現れるようになっていますので、お風呂に入る前に必ずしっかり溶かしておきましょう。

また、お風呂の御湯の温度は36度から40度までが適温とされています。

1度湯温が上がるだけでも、体感される温度はかなり変わってきますので、この温度の範囲で入浴剤を溶かすことを意識しておきましょう。

また、お風呂は熱いと感じるよりも、少しぬるいと観じる方がリラックス効果を得ることができることも知っておきましょう。

シャワーなどで洗い流さない

また、入浴剤を使用した後にはシャワーなどで洗い流す人もいますが、せっかくの成分が体から流れていきますので、シャワーなどで洗い流すのは避けましょう。

入浴剤で体の保温効果や腰痛改善効果が得られるタイプの多くは、成分が体に付いていることで長くその効果を維持できるようになっています。

そのため洗い流してしまうと、体から成分が取れてしまうだけではなく、暖まった体温に変化が生じてしまいます。

中には洗い流すタイプの入浴剤もありますが、一般的には洗い流すことなくそのままお風呂から上がるタイプがほとんどです。

長風呂は避けるようにする

入浴剤を入れたお風呂には、できだけ長く入っておきたいと考えるはずです。

とくに腰痛改善の効果を得ることができる場合、長く入っておけばそれほど高い効果を感じることができるように思うでしょう。

しかし、長風呂は肌へのダメージが起こる場合があります。

とくに乾燥肌の人は、乾燥が進んでしまいお風呂から上がったときにはとても不快感になってしまいます。

こうした状況を防ぐためには、5分から15分程度に留めておくことが一番です。

このくらいの入浴時間であれば、肌への極端な乾燥は防ぐことができ、さらに腰痛改善などの効果も得ることができます。

もし、少しでも長く入っておきたいと考えるのであれば、いつもよりもぬるめのお湯で入浴することをおすすめします。

腰痛に効果的な成分

炭酸ガスなどの成分

入浴剤にはさまざまな成分が含まれていますが、中でも炭酸ガスなどは血行を改善してくれることで有名です。

こうした成分は、体の皮膚の表面だけではなく、体の内部にまで入り込んでいきますので、とても高い効果を得ることができるのです。

直接血管に届いて血行を促進させますので、毎日繰り返しこうした成分が含まれる入浴剤に入ることで、徐々に寒さに強い体を作ることができます。

そして同時に腰痛の改善にも繋がっていくのです。

腰痛が悪化してしまう原因として、体の冷えもあります。

そのため、体の冷えから起こる腰痛は男性だけではなく、女性もとても多いのです。

また、炭酸ガスはリラックス効果も得ることができます。

疲れた体をほぐす効果に優れており、長期間利用することで疲れにくい体を作ることができます。

毎日忙しくて、体のケアを行う時間が少ないと感じている人には、炭酸ガスを利用して疲労の回復を目指してみてください。

こうした疲労の回復は、腰痛の改善にも繋がっていくのです。

炭酸ガスなどの成分を上手に活用して、腰痛改善を行っていきましょう。

おすすめの入浴剤3選

きき湯

疲労回復や関節痛、腰痛改善などに高い効果を発揮させてくれるきき湯は、とても有名な入浴剤です。

炭酸ガスの効果がしっかり感じられ、ゆっくりその成分を感じることで、体の疲れは楽になっていきます。

また、きき湯はスキンケア効果にも優れています。

お風呂でもお肌の手入れをしたい、また同時に腰痛などの改善も行いたいと考えている人にはとてもおすすめです。

クナイプバスソルト

クナイプバスソルトは、ドイツ発祥のとても歴史の長い入浴剤です。

冷え性対策に効果がある成分が含まれており、昔から愛されてきた入浴剤です。

また、お風呂から上がっても保温効果がとても高いため、長い時間体がポカポカとしていることを感じられます。

長時間、体の血行が促進されていきますので、腰痛対策には最高の入浴剤です。

また、保湿成分も含まれていますので、乾燥肌の人でも安心して使用することができます。

パインハイセンス

高陽社 薬用入浴剤 パインハイセンス 小袋 50g×21袋

パインハイセンスは、体の保温能力にとても優れており、同時に血行促進効果も得られるとして、リピーターがとても多い入浴剤として高い評価を受けています。

あまり馴染みのない入浴剤かもしれませんが、インターネットの口コミで高い評価を受けていますので、実際に使用した人からの人気が高いと言うことです。

今はまでにない体感ができますので、入浴剤に満足感を得ることができなかった人にはおすすめです。

入浴剤を選ぶときの注意点

目的をはっきりさせる

入浴剤にはさまざまなタイプがありますので、どのようなタイプを選ぶべきか間違いなく迷うはずです。

しかし、まずは目的を持って選ぶことを一番に考えましょう。

多くの効果を望むのではなく、腰痛改善であれば、その専用の入浴剤を選んでいきましょう。

こうすることで、選ぶときの失敗は防ぐことができます。

また、成分についても知識を持っておくことが重要です。

どのような成分が、どのような効果をもたらせてくれるのかを知っておけば、自ずと選ぶべき入浴剤は分かってきます。

自分の肌に合っていることも重要

また、自分の肌に合っている成分であるかも理解しておきましょう。

肌が弱い人は、入浴剤に含まれる成分により肌にダメージが及んでしまうことがあります。

こうした成分を避けるためにも、どのような成分が含まれているのかを購入する前に必ず確認をするようにしましょう。

多くの成分が含まれている場合、中には自分の肌に合わない物もあるかもしれません。

短期間では症状が現れなくても、長期的な使用で肌が荒れてくるようなこともあります。

腰痛の改善を目指すことで入浴剤を活用することは、とても重要な意味を持っていますが、それで肌にダメージが及んでしまうと意味がありません。

正しい知識を身につけて、正しい入浴剤を選ぶことができるようにしておきましょう。

まとめ

腰痛対策に入浴剤が効果的なのは間違いありません。

上手に入浴剤を活用することで、徐々に腰痛改善の効果が現れてきます。

しかし、そのためには入浴剤にどのような成分が含まれているのかを理解できる知識を持っておく必要があります。

正しい知識を身につけて、自分の症状に効果がある入浴剤を時間をかけて選んでいきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤