腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

入浴剤を入れたお湯はそのまま洗濯に使っても大丈夫?

      2017/09/08

洗濯をする時には、お風呂のお湯をくみ上げて使用しているという方もいるでしょう。

そういう方でも時にはお風呂には入浴剤を入れたくなるものです。

でもそうしてお風呂にに入浴剤を入れた時には、一つの疑問が生じてきます。

それが、入浴剤を入れたお湯はそのまま洗濯に使用しても問題ないのかという点です。

ここではそれについてみていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

基本的にはそのまま使用しても大丈夫

入浴剤を入れたお湯は、なんとなく洗濯に使用するのはよくないのではないかと思うこともあるでしょう。

もしかしたらその入浴剤の成分と洗剤の成分が合わないこともあるかもしれませんし、そのまま使用するのはどことなく怖くなる気持ちもわかります。

でも、基本的には実は、入浴剤を入れたお湯も、そのまま洗濯に使用しても問題ないことが多いです。

なので、別に入浴剤を入れたからといって、そのお湯は捨てる以外にやることがなくなるということはまずありません。

入浴剤を入れたお湯も洗濯に上手に利用して、うまく節水していってください。

全ての入浴剤で大丈夫なわけではない

ただ、市販されているすべての入浴剤で、それを入れたお湯を洗濯に使用しても大丈夫というわけではありません。

市販されている入浴剤の中にも、それを入れたお湯を洗濯に使用することがすすめられていないものもあります。

もしそれを洗濯に使用してしまったら、そのせいで洗濯物に色がついてしまったり、あるいは洗濯物が汚くなってしまう可能性もあるでしょう。

なので、盲目的に入浴剤をいれたお湯を洗濯に使用しても大丈夫と思うのではなく、しっかりと確認してから使用することをおすすめします。

ホームページやパッケージに書いてある

でも、そもそもどのようにして、その入浴剤を入れたお湯を洗濯に使用しても問題ないかどうかを調べれば良いのでしょうか?

もし、それをいれたお湯を洗濯に使用してはだめな場合、だいたいパッケージにそう書かれているでしょう。

たとえパッケージにそれが書かれていなくても、ホームページには書かれています。

逆に言えば、もしそこにそういうことが書かれていない場合、基本的にはその入浴剤を入れたお湯を洗濯に使用しても問題ないということになるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

ただし柔軟剤を入れるのはNGであることが多い

基本的には入浴剤を入れたお湯をそのまま洗濯に使用するのは問題ないのですが、NGなこともあります。

それが、柔軟剤を入れるということです。

最近では、すごくたくさんの柔軟剤が売られています。

柔軟剤をたくさん使用してそれを香水代わりにしている人もいるくらいなので、たくさんの種類の柔軟剤が売られているのもわかります。

そしてそんな風にたくさんの種類の柔軟剤が売られているということは、自宅ではいつも柔軟剤を使用しているという方もすごく多いということになるでしょう。

そういう方たちは、たとえ入浴剤を入れたお湯をそのまま洗濯に使用するときだって、その柔軟剤を使いたいと考えるものです。

でも、それはNGとされているのです。

柔軟剤が入ると色移りすることが多くなる

なぜなら、柔軟剤が入ると、それによって色移りすることが多くなるからです。

もちろん必ずそうなるというわけではありません。

ですが、そうなる可能性が出てきてしまうのです。

もし色移りしてしまったら、それはなかなか落とすことはできません。

なので、最悪の場合、その色移りしてしまった服などは再起不能になる可能性があるのです。

色移りしたのがバスタオルなどであれば、別に買い替えればよいでしょう。

しかし服の場合は簡単に買い替えることもできないでしょう。

そもそも服の場合は、同じデザインが手に入らないことの方が多いです。

そして単価的にもやはりそれはしたくないと考える人が多いでしょう。

だから、できればそうならないようにするに越したことはないのです。

入浴剤を入れたお湯をそのまま洗濯に使用する際には、柔軟剤の使用は控えるようにしていきましょう。

別に一回くらい柔軟剤を入れなくても、そこまでごわごわした仕上がりにはならないでしょうし。

浸け置きもしない方が良い

入浴剤を入れたお湯を洗濯に使用する場合、柔軟剤を入れるということのほかに、もう一つさけたほうが良いことがあります。

それが、浸け置きをするということです。

入浴剤には、基本的には色が付けられていることが多いです。

入浴剤の効果は、ただ体を温めるというだけではなくて、リラックス効果を促してストレスを発散させたりすることでもあります。

そうしてリラックスさせてストレスを発散させるためには、香りや色の力を借りるのが効果的になります。

だから、入浴剤には色が付けられていることが多いのです。

そうして色が付けられているということは、それに長く洋服などをつけていたら、その色が移ってしまうこともあるということです。

短時間であれば、それも起こらないでしょうが、長時間ともなると、それが起こる可能性も出てきてしまうのです。

なので、入浴剤を入れたお湯を洗濯に使用するときには、浸け置きはさけるようにしておいてください。

最後にそれを使うと浸け置きのようになるので注意

浸け置きはしていなくても結果的に浸け置きのようになってしまうこともあります。

それが、最後のすすぎの際に入浴剤を入れたお湯を使用するということです。

最後のすすぎの際には、それ以上何かで流すことがないということになります。

それ以上何かで流すことがないということはつまり、そのお湯をずっとつけているのと同じことになります。

なので、浸け置きをしているのと同じようなことになってしまうのです。

それでは色移りをしてしまうこともあるでしょう。

そうならないためには、入浴剤を入れたお湯は、洗剤をいれた洗濯の際にのみ使用するということを徹底していきましょう。

香りが悪くなることはあるので注意

浸け置きをしないようにしたり、柔軟剤を使用しないようにすれば、基本的には入浴剤を入れたお湯を洗濯に使用することは問題ありません。

しかし、入浴剤を入れたお湯を洗濯に使用すると、香りが悪くなることはあります。

入浴剤には、強い香りが用いられていることも多いです。

そしてそれと同様に洗剤にも香りが付けられています。

洗濯を終えた後、洗剤の香りを感じることも多いでしょう。

ということは、洗濯中の香りは意外と最後まで残るということになります。

それはつまり、香りの強い入浴剤の香りと、香りの強い洗剤の香りが合わさってやや臭い香りになってしまったとしても、それが最後まで残ることを意味しているのです。

無香料の洗剤を使うべき

では、どうすればそうなることを防ぐことができるでしょうか?

そうなることを防ぐためには、やはり無香料の洗剤を使うのが良いでしょう。

普段はどうせ柔軟剤で香らせるわけですし、洗剤自体の香りは普段からない方が良いです。

そうして普段から洗剤自体の香りがなければ、入浴剤の香りが服やタオルについたとしても、それはむしろ良い香りに感じることができるようになるでしょう。

それしか香らないわけですから。

まとめ

入浴剤を使用したお湯は洗濯にそのまま使うことも問題ないけど、それなりに注意点もあると言えます。

でも、どれもそこまで難しいような注意点ではないですし、それさえ守れば問題なく使用することができることが多いのですから、それもうまく使用していった方が良いでしょう。

そして、節水と節約をして、より賢く生活していきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤