腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

入浴剤を選ぶなら冷え性に効果的な入浴剤を選ぶことが大切です

      2017/09/08

冷え性には、お風呂につかることが最適です。

もちろん入浴をする場合には、入浴剤を入れる方が効果的です。

何故なら入浴剤には体を冷やさないようにする効果もあり、体が冷えやすい冷え性の人にとってはこの効果が適しているからです。

ちょっとお風呂でくつろぐ時間を作るだけでも、十分に冷え性を改善させることができるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

冷え性に悩んでいる人に最適な入浴剤

冷え性には、入浴剤を使うことが適しています。

入浴剤はいろいろな種類がありますが、できるだけ冷えを取るタイプを選択しましょう。

稀に夏用の入浴剤でハッカなどを使ってスッキリするタイプの入浴剤がありますが、このような入浴剤は避けるのが無難です。

温泉と同じような成分であったり、体を温める作用のある商品を選ぶことができればスムーズに冷え性の対策ができます。

安い入浴剤であっても問題はありませんので、冷えが気になっているならひとまずお風呂に入浴剤を入れてみましょう。

入浴剤を入れることによってお湯もまろやかになり、冷えに効果的です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

冷え性が気になる時の入浴剤選び

冷え性が気になっているのであれば、まずはどんな入浴剤があるのか調べてみましょう。

基本的には温泉タイプからハーブ系、炭酸入浴剤などに分かれています。

粉末のタイプもありますし、固形で一個ずつに分かれているものもあります。

またソルト系のものもあるでしょう。

ソルト系の入浴剤は、塩の効果で肌もツルツルになるので、美容面を気にしている人にも向いています。

それぞれの入浴剤には効能があり、自分の目的に合わせた入浴剤選びをすることがポイントになってきます。

基本的にはどのタイプを選んでも問題はありませんが、自分がゆったりとお風呂につかれるように工夫をすると良いでしょう。

汗が出るタイプがおすすめ

冷え症に一番おすすめできるのは、汗がたっぷりかけるタイプの入浴剤です。

何故なら冷え性の人は汗を書きにくくなっている人が多いので、できるだけお風呂で発汗を促した方が良いからです。

発汗作用のある入浴剤の中には、カプサイシンなどが使われているものもあり、ダイエットにも効果を発揮します。

普段から運動をしないなど、汗をかく機会がないと思っているのであれば、まずはお風呂で汗をかくように心がけましょう。

入浴剤はそのサポートをしてくれる、大切なアイテムです。

ソルトやハーブなどが入っている入浴剤も汗を出しやすくしてくれるので、おすすめです。

冷えに効く入浴法

冷えを取るためには、まず汗をかくことが大切であると言うことが分かります。

入浴剤の効果でせっかく汗をかきやすくなっている状態になっているのですから、入浴の方法にもこだわってみましょう。

例えば半身浴などは、汗をかきやすい入浴方法のひとつです。

もちろん短時間ではなく、冷え性の人ほど長時間お風呂につかっていることが最適です。

半身浴ならそれほど体に負担をかけずに入浴をすることができますし、本を読んだりリラックスしながらくつろぐことによって体をほぐす効果もあります。

お風呂に長時間つかることができない場合には、半身浴をしながら時々外に出て涼んでみるのも良いでしょう。

このように入浴方法を変えるだけでも、冷えを解消するのに最適なやり方を見つけることができます。

好きな香りでリラックスも

入浴剤をお風呂に入れるのであれば、好きな香りを選びましょう。

もちろん冷えに効くかどうかも大切なポイントにはなるのですが、嫌いな香りではリラックス効果が生まれません。

冷えを改善するにはゆったりとお風呂につかるのが何より良いことなので、自分好みの香りを選ぶようにしましょう。

香りはドラッグストアなどでも試すことができるケースが多いので、ちょっと香りを試してみてから購入するのも適しています。

まずは小さなサンプルから試してみるのも効果的です。

香りが良い入浴剤は、精神的にもリラックスしたい人におすすめです。

冷えは体のこわばりから来ていることもありますので、精神面がリラックスすれば改善してくることもあります。

どのようなタイプの冷えかにもよりますが、少し精神的な部分のことも考えながら入浴剤を選ぶことが良いでしょう。

温まる入浴剤でゆったりお風呂に

温まる入浴剤を選ぶことで、長くお風呂に入ることができます。

また入浴剤はお風呂から上がった後も効果を発揮します。

入浴剤を入れない場合と比べて、温まる効果が持続するからです。

湯冷めしやすい人にも、入浴剤はおすすめです。

体が冷えやすい人は、特に湯冷めしやすい傾向にあるのでできるだけ入浴剤を使って入浴した方が適しています。

体が冷えなくなれば、寒さを防ぐことはできます。

お風呂から上がった後はできるだけ寒くない格好を心がけて、少し経ったら眠るようにしておくのがぴったりです。

毎日とは言いませんが、ある程度入浴剤を入れて入浴するようにした方が、冷え性を根本から改善していくことにもつながっていくでしょう。

ちょっとした心がけだけで冷え性を改善することができるので、まずはお試しでも好きな入浴剤を見つけてお風呂に入れてみるようにしましょう。

ちょっとした工夫も大切

入浴剤は市販の粉末状のものだけではありません。

例えばゆずの皮を入れてみたり、桃の葉を入れてみたりと素材をそのまま使うことでも入浴剤の代わりになります。

お酒なども入浴剤として利用することができます。

身近にあるものが入浴剤になるので、わざわざ買わなくても楽しむことが可能です。

お風呂に入れる入浴剤に飽きてきたら、身近な食品などで試してみるのも良いでしょう。

ゆずやみかんなどの柑橘系には、体を冷めにくくする効果もあります。

デザートとして食べた後や、料理などに使った後は少し乾かしておけば立派な入浴剤になります。

普段から利用することができるので、一度考えておきましょう。

もちろんミルク風呂など、美容にも効果的なお風呂が作れます。

ただし食品の場合には色がついたりすることもあるので、風呂釜のことは考えた上で使うようにするのがポイントです。

なるべく早く掃除をするようにすれば問題ないことも多いです。

冷え性の改善方法

冷え性を改善する方法はお風呂だけではありません。

運動を心がけることでも冷えを防ぐことはできますし、普段から冷え取りを意識しておくことでも問題はないでしょう。

靴下を普段からはいておくようにしたり、下着などにこだわってみるのも最適です。

ちょっとした心がけだけでも、冷え性は改善することができます。

まずは基礎体温を上げるように心がけたり、食材なども体を温めるものを積極的にとるようにしましょう。

そして入浴剤なども取り入れていけば、十分に冷えを改善することができます。

入浴剤は好きなものを選べば良いだけなので、あまりこだわりがない人でも簡単に始めることができます。

疲労回復なども期待できるので、まずはドラッグストアなどで入浴剤の効能などを見ながら選んでいくようにしましょう。

自分に合う効能が書かれているものを購入するようにすれば、間違いもありません。

まとめ

入浴剤は冷え性にも効果があるので、いろいろな入浴剤を試してみましょう。

クールダウンさせるものでなければ問題はありません。

ドラッグストアで安価で購入できるものが多いので、あまり負担なく使うことができます。

また身近な食材でも、十分に入浴剤効果を感じることができるものもあるので利用してみましょう。

柑橘などもおすすめの食材です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤